カフェで場所取りに財布やスマホ、鞄を置くのはやめた方がいいという話

カフェやフードコートなどで注文前に席取りしますよね?

その際にスマホや財布をテーブルに置いてから注文に行く人が居ます。

危険ですので絶対にやめましょう。

カフェやフードコートの席取りでの盗難被害


以前こんなツイートをしましたがカフェでの盗難事件が発生したと言うことで少しまとめておきます。

フードコートもそうなんですが、主にスタバみたいな先に注文してその後に席に座るタイプのカフェだと注文した商品を受け取った頃には席がなくなってしまうことが多々あります。

そのため先に席を確保しておきたいと考え、テーブルにスマホ、財布、鞄など荷物で場所取りをしている人が本当に多いです。

日本ではカフェでの窃盗問題はあまりなかったが

日本の治安は世界一と言っていいほど良いです。

テーブルの上に財布をおいて目を離しても周りの客は財布を盗んだりしないしその席は誰かが座るんだと思い誰も座りません。

日本人は盗みを行うことが非常に少ないですが、海外から犯罪者が日本に入ってきているようです。

外国人による盗難が発生しています

先日は都内のカフェでスリ被害が相次ぎ、後日チリの盗難グループが逮捕されました。

被害は首都圏だけとのことですが他の地域含め絶対安全とは言い切れません、自分の荷物はしっかりと管理するようにしましょう。

トイレで席をはずすのも危険

また、カフェなどでトイレに行くときに机の上に財布やスマホ、またノートパソコンなどおきっぱなしでトイレに行く人も非常に多いです。

治安の良い日本だからと言って注意を怠っているといつか盗まれるかもしれません。

席を取られるリスクよりも荷物を盗まれるリスクを考えるべきかなと思います。

カフェでの席取り方法 置くもの

カフェの場所取りは自分の荷物をおいて行うことが一般的ですよね。

場所取りの際の注意点は下記の3つ

  • 盗まれても良いものを置く
  • 席キープ板があれば使う
  • 先に席キープ禁止の店に注意

盗まれても良いものを置く

盗まれても良いもの(ダメージが少ないもの)を置きましょう。

  • 水筒
  • ポーチ
  • エコバッグ
  • スマホカバー
  • 折りたたみ傘

など盗まれそうにないものや盗まれても損害の少ないものを置くのが良いです。

盗まれたらダメージの大きい財布やスマホは絶対にやめましょう

店によっては席キープ板がある

最近は店舗の方でも問題として認識しているようでこの席使用していますというのがわかるような札を用意しています。

そういったものを利用できる場合があるので店員に声をかけてみるのも一つの手です。

そもそも先取り禁止の店も…

席キープについてですが注文前の席取りを禁止している店舗もあります。

そう言ったお店の場合先に席を取っていると注意されてしまう場合もありますのでお店の入り口などにある注意書きを読んでからにした方がいいかもしれませんね。

カフェで盗まれても店には損害賠償できない

席取り用に荷物を置いて、荷物が盗まれたからと言ってお店に損害賠償請求することはできません。

カフェの荷物は自己責任

ホテルなどの場合は預け入れをするため、荷物がなくなった場合には損害賠償請求(商法594条1項)する事が出来るが、カフェの場合は預け入れたわけではないため店の過失にはなりません。

カフェの店内には防犯カメラもないことが多いので盗まれた場合には犯人が捕まらない事も多く、混雑した店内では荷物を置きっぱなしにしないように十分に注意しましょう。

トイレに行く際は貴重品は持っていく(パソコンも)

カフェで一人で勉強や仕事していると困るのがトイレです。

パソコンやノートを広げているのでそのまま面倒になってトイレに行きたくなるのもわかりますが、貴重品が盗まれるという被害もあります。

もし店内の状態が安全そうな場合(人が少なく店員の目が行き届いているような状態)ならPCのロックだけで十分かもしれませんが、用心しておくに越したことはありません。

貴重品での席取りはやめましょう

貴重品での席取りや席に置いたままトイレに行くなど離席するのも危険です。

目を話したら盗まれるくらいの気持ちで防犯意識を高めていただければなと思います。