世界一周とか日本一周とか。行ったことない場所に行くのが好きです。

カフェラテ・カプチーノの美味しいカフェの見つけ方

こんにちは!

昨日は私の大好きなコーヒー屋さん『丸山珈琲』をご紹介しました。

今日は美味しい珈琲が飲めるお店の”選び方”についてご紹介しますね。

美味しいカフェの特徴

自家焙煎

お店で焙煎していますよっていうことですね。
おそらく一番イメージしやすい美味しい珈琲店のイメージじゃないでしょうか?

自家焙煎というだけで一定の質は保証されている感じがしますね。

シングルオリジンコーヒー

シングルオリジンを扱っているところは豆にこだわっているのは間違いありません。

シングルオリジンはここをチェック!

国名だけでなく製造エリア生産方法、さらには製造農家まで記載しているところを選びましょう。

生産方法は”ナチュラル”とか”ウォッシュド”などと表示されている事が多いですね。

製法の違い

簡単に説明します。

よく見かける製法は2種類あり、水洗処理を行うウォッシュド製法と果肉のまま乾燥させるナチュラル製法が有名です。

ナチュラル製法はのウォッシュドと違い、水洗処理をしていません。
果実のまま乾燥させて脱穀機にかけるタイプになります。

また、ウォッシュドは果肉を取り除いた後に水洗処理をして乾燥後に脱穀を行います。

どちらが良いということはありませんが特徴としてナチュラルの方が風味が強くでます。
そしてウォッシュドは酸味が感じられるものが多いですね。

この製法をしっかりと記載しているコーヒーショップは豆にこだわっています!

スペシャルティコーヒー

シングルオリジンと似てきますがこちらも生産国だけじゃなく製造エリアから生産方法までしっかりと記載され、スペシャリティーコーヒーを謳っていれば一定の品質が保証された美味しいコーヒーということになりますね。

店頭にある機器

これはエスプレッソ系のメニュー限定になりますが、店頭の機器も大事です。

コンパクトな家庭用の機器を使っているところも多いですね。
本格的なエスプレッソ(カフェラテやカプチーノ含む)が飲みたい場合はやはり機器も重要になります。

下記のような家庭用でない業務用のセミオートタイプを使っているお店はエスプレッソマシンにこだわってます!

普通のコーヒーなら

エスプレッソ以外だと『ハンドドリップ』『フレンチプレス』『サイフォン』など多々あります。
それぞれ良さがありますので自分の好みの淹れ方を探してみるのも楽しいですよ。

写真から判断する

これはちょっと上級者向けの判断方法になります。
対象はカプチーノやカフェラテになります。

ミルクが泡立っていない

洗練されたカプチーノ(カフェラテ)はフォームミルクが綺麗に混ざり合いきめ細かいミルクになっています。
そのため、ミルクに泡がブツブツと出るようなことはありません。

エスプレッソから泡が出る

新鮮な豆は泡が出ます。エスプレッソを注いだばかりは泡がなくてもちょっと時間が経つと泡がぶくぶくと出てきます。

 
飲み始めと飲んでる最中の比較です

最初はうっすら泡立ってるだけですが飲んでいる最中にエスプレッソ部分だけ泡立ってきます。

簡単に判断するにはラテアートを見ればOK

ラテアートが綺麗に描かれていればエスプレッソの抽出&ミルクスチーム(手動)という条件が成り立つので一定の品質は保証されます。
そこにエスプレッソ部分だけプクプクと泡が出ていれば豆の鮮度も高い素晴らしいカプチーノといっていいでしょう。

上記の比較写真を見てもらえば一目瞭然ですが、鮮度が高くしっかりとした気圧で抽出されたエスプレッソは徐々に泡が立ってきます。
そしてミルクは泡立たず綺麗な白のままですね。

素晴らしいバランスの美味しいカプチーノです。

本当にうまいカプチーノを飲める店は少ない

以上、美味しいカフェの探し方のコツを紹介しましたが最後の見た目が完璧なカプチーノですが、なかなかお目にかかれません。

美味しいドリップコーヒーを出すお店はいっぱいある

シングルオリジンとかスペシャルティコーヒーとか調べれば結構たくさんお店が出てきますし、実際美味しいです。
ただ、そういったお店で凄まじく美味しいカプチーノが飲めるかっていったらそうじゃありません。

ドリップコーヒーはある意味鮮度の高い良い豆があればハンドドリップのテクだけで美味しいコーヒーになります。

でもカプチーノやカフェラテといったエスプレッソ系のドリンクは色々と条件が厳しいので難しくなってきます。

なぜドリップコーヒーが美味しくてカプチーノが美味しくないのか?

素晴らしい機器を使って焙煎にも気を使っているスペシャリティーコーヒーを扱うカフェでもカプチーノは普通だったりします。

その理由は下記の2点が大きいと思います

  • グラインダーの設定が大変で豆を変更することができないから
  • 商品価格の都合上カフェラテでは高い豆を使えない

グライダーの設定の都合

普通のドリップコーヒーは中挽きが多いですが、エスプレッソは極細挽きというすごく細かい粉にして使用しています。
また豆ごとに最適な挽き方になるようにグラインダーを最適な設定にして使用しています。

そうなるとお客さんの要望通りに「じゃあこの豆で」って言われても簡単には設定を変えられませんし、一度変えちゃうと戻すのも大変になっちゃうみたいです。

なのでエスプレッソメニューは豆が1種類の限定っていうお店がすごーく多いです。

先日紹介した全てにこだわる丸山珈琲ですら喫茶で提供されるエスプレッソの豆は2種類からの選択です。

価格設定の都合上

基本的に多くのお店はシングルオリジンのスペシャルティコーヒーと普通のブレンドコーヒーを扱っています。

コーヒー300円 スペシャルティーコーヒー 500円みたいな価格が多いですかね。

そうした時にカプチーノは500円程度の値段で販売されていますが、仮にカプチーノにシングルオリジンの豆を使用した場合700円になってしまいますよね。

また、エスプレッソには深煎りが合うということでエスプレッソ専用の豆として仕入れているお店が多いです。
そうなると豆はエスプレッソ用の豆となり、スペシャルティコーヒーじゃなかったりシングルオリジン銘柄は選べなかったりするんですよね。

この2つの理由を合わせると機械の設定を安い豆にしているので高い豆でのカプチーノやカフェラテは提供するのがかなり難しいという事になります。

美味しいオススメのお店紹介します!

私が圧倒的にここは全てが完璧!超美味しい!
と思ったお店を今後紹介していきます。

まだブログ始めたばかりでコーヒーショップ紹介記事は少ないんですが現在まとめてある中で全ての条件を満たす店舗は3店舗あります。

下記に紹介するコーヒーショップはこの記事で挙げた条件を満たす素晴らしいカプチーノ(カフェラテ)が飲めるお店です。

丸山珈琲

まぁ間違い無いですね。ゲイシャのシングルオリジンカプチーノが飲めるとか最高すぎてやばいです。
最低週1回は飲んでます。

丸山珈琲のカプチーノが最高にうますぎてコーヒー好きになった件

オトモニコーヒー

松坂市にあるカフェです。
バリスタの腕もよく豆の品質も最高でした!

ちなみに上でエスプレッソの泡の事例として出してるのはここのカプチーノです。

オトモニコーヒー 松阪市のスペシャルティコーヒーが飲める超おいしいカフェ

カミノコーヒー

伊勢神宮(外宮)に行ったら超近いから是非行って欲しいお店。
シングルオリジンを使った「本日のカプチーノ」がおすすめ!

ここのカプチーノも綺麗な泡が出てきめ細かいミルクと綺麗に馴染んでいます。

『カミノコーヒー』伊勢神宮(外宮)近くの超おいしいコーヒーショップ

他にもいっぱい美味しいお店はあります

他にもいっぱいありますのでまた個別記事書いたらここに追記していきますね。

全国の素晴らしいカプチーノのお店を徐々に紹介していきたいと思っています。