【Macの画面収録】EaseUS RecExpertsで簡単にスクリーン録画

Macでの画面収録におすすめのソフトEaseUS RecExpertsをご紹介します

Macは「Command+Shift+5」を押すだけでスクリーン録画ができるよね?

その方法だとシステム音声やオーディオ録音ができないので「音を含めて」スクリーンレコーディングしたい場合は本記事で紹介するEaseUS RecExpertsを使うのが良いですよ。

目次

EaseUS RecExperts for Macの特徴

EaseUS RecExperts for Macの特徴

EaseUS RecExpertsはMacの画面上のアクティビティをすべて記録&書き出しできるソフトです。

画面収録は以下のような場面で大いに役立ちます。

  • リモートワーク(ZOOM会議など)
  • SNSでの配信用の素材として
  • YouTubeライブの録画
  • オンライン学習の録画

EaseUS RecExpertsの特徴やメリットを解説します。

スクリーンレコーディングのオールインワンアプリ

EaseUS RecExpertsは画面収録に特化した万能アプリケーションです。

Macでの画面収録で欲しい、以下の機能を有しています。

  • 自由なサイズで画面収録
  • 多数の音源を同時に録音
  • スケジュールで自動収録
  • MacでiPhoneやiPadの画面収録
  • ウォーターマークなし
  • GIFアニメーションの作成

多数の音源を同時に録音可能

レコーディングソフトをつかう大きな理由「多数の音源を同時に録音可能」

詳しくは後述しますが、普通にスクリーンレコーディングを行うとパソコン上のオーディオやシステム音は録音できません。

複数ソフトを使ったり、別撮りして動画編集したりと面倒な作業が発生するので1つのソフトで簡単に全部収録できるEaseUS RecExpertsがあると便利です。

任意の収録範囲と音源

画面全体ですべての音ではなく、選択した範囲と選択した音源のみを収録することができます。

収録したくない部分を予め除外できるのですぐに収録を開始できます。

動画編集でトリミングの手間もありません。

iPhoneやiPadの画面も収録可能

iOSデバイスを有線接続すること無くMacで収録することが可能です。

Wi-Fiに接続されたiPhoneやiPadをAirPlay機能を利用して画面収録します。

スマホやタブレットの解説動画を作成する際などにも役立ちます。

ウォーターマークなし

収録ソフトはいくつかありますが、多くの無料ソフトにはウォーターマークが表示されてしまいます。

個人的にちょっとつかう程度なら問題ないかもしれませんが、YouTubeで配信したり仕事で使う際にはウォーターマークなしで使いやすいソフトを使ったほうがいいでしょう。

EaseUS RecExperts for Mac 画面収録の使い方

EaseUS RecExperts for Mac 画面収録の使い方

EaseUS RecExperts for Macの使い方は説明不要なレベルで簡単ですが、PCに慣れていない方向けに詳しく解説します。

ダウンロードとインストール方法

アプリケーションフォルダにD&D
セキュリティの許可が必要

まずは無料の体験版をダウンロードします。

無料体験版のダウンロードはこちらから
>>EaseUS RecExperts for Mac

ダウンロード後に表示されるセキュリティとプライバシーの画面ではチェックボックスにチェックを入れて許可しましょう。

その他、カメラへのアクセスやファイルへのアクセスも全部許可でOK

撮影モードを3種類から選択

収録モード選択

EaseUS RecExpertsを起動すると以下の3つのモードの選択画面が出るので「スクリーン」を選択しましょう。

  • スクリーン:画面と音を収録
  • カメラ:インカメラ撮影モード
  • iOSデバイス:iPhoneやiPadの遠隔収録

撮影・オプション選択

撮影方法

スクリーンを選択するとすぐに撮影モードに入るので赤いボタンを押して撮影を開始するだけでOKです。

カーソルを合わせればウィンドウに自動でフィットしますが、自分で好きなサイズに変更することも画面全体にすることも自在です。

設定画面からは画質変更やオーディオソースの変更が可能です。

ショートカットでの停止

EaseUS RecExpertsはキーボード操作だけで一時停止ができるので頻繁に画面撮影をする場合に重宝します。

ショートカットは以下のとおりです。

  • Command+1:一時停止/再開
  • Command+2:録画を停止

設定画面から別のショートカットを割り当てることも出来ます。

Mac標準の録画機能の使い方とデメリット

Mac標準の録画機能の使い方とデメリット

本記事で紹介しているEaseUS RecExpertsは無料版もありますが、わざわざ入れなくても標準機能だけでなんとかしたいという人もいますよね。

そんな場合はMacに標準搭載されている「QuickTime Player」だけでも収録できます。

標準ソフトでの収録方法とEaseUS RecExpertsを使う理由について解説します。

QuickTime Playerで画面収録&マイク録音

  1. QuickTime Playerを開く
  2. メニューバーのファイル
  3. 新規画面収録を選択

収録には当然ながらマイクが必要です。録画開始の赤い丸ボタンの横にある矢印から「内蔵マイク」や「外部マイク」を選択しましょう。

QuickTime PlayerはPC上の音を録音できない

QuickTime PlayerはPC上の音を録音できない

例えばゲームを流しながら実況する、YouTubeを流しながらコメントを入れるといった使い方はできません。

あくまでこの方法で収録できるのは「画面」と「マイク」だけでパソコン上で流れる音には対応していません。

自分の音声以外を録音したい場合には後述する別途ソフトが必要になります。

システム音声やブラウザ上のオーディオを同時録音したい場合

PC上のサウンドを録音する無料ソフトにはSoundflowerやAudacityがあります。

  • Soundflower:システム音声を録音できる
  • Audacity:PC上のオーディオ録音
  • QuickTime Player:スクリーン映像

Macでスクリーンと音声を記録する方法

詳しいやり方はMacの画面録画方法で解説されていますが、出力設定を変更したりかなり面倒です。

本記事で解説しているEaseUS RecExperts for Macであれば全部まとめて収録できるので動画編集や余計な手間が不要。

手間かけずにサクッと収録したいという場合に重宝するというわけですね。

EaseUS RecExperts for Mac 有料版の価格と無料版との違い

EaseUS RecExperts for Macには無料版が用意されており、製品版を購入しなくても利用することが可能です。

無料(体験版)と有料(製品版)の違いを解説します。

無料の体験版でできないこと

無料の範囲内でも普通に使えますが、制限があります。

  • 収録時間5分以内
  • 動画の解像度に制限あり
  • GIFエクスポートはできない
  • iPhone/iPadの画面収録ができない
  • スケジュール録画機能が使えない
  • 特定のウィンドウ録画機能が使えない

ウォーターマークも入らないので上記の機能制限に不満がない場合は無料版でも問題ありません。

短時間&低解像度でOKな場合は無料版だけでも十分かもしれませんが、頻繁に画面収録する人であれば買ってしまったほうがいいと思います。

有料版の価格

有料版の価格は税込みで2,390です。

買い切り版は10,549になります。

  • 機能制限なし
  • 4K画質での収録
  • 無料アップグレード
  • 年中無休の技術サポート

前述した無料版の制限がすべてなくなり、全機能が使えるようになります。

とりあえずは無料版で試してみて、機能に不足を感じたら有料版にしてみてください。

無料体験版もあります

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる