世界一周とか日本一周とか。行ったことない場所に行くのが好きです。

GoPro 7は海外旅行や世界一周旅行に便利でした

Go Proは世界一周に超便利でした

超コンパクト

コンパクトなのが最高です。

一眼レフと比較すると超ちっちゃい!

GoProとNikonの一眼レフ比較

一眼レフと比較してここまで小さくなります!

ズボンのポケットにもなんとか入るサイズで荷物を増やしたくない私にとって一番良かったポイントです。

バックパック置いての観光地では小さめのショルダーバッグに余裕で入りますしポケットにも入っちゃいます。

手ぶら観光が好きなのでこのコンパクト感は本当にありがたかったです。

重さは117gで一眼レフはレンズや本体にもよりますがレンズ込みで10倍以上の重さのものがほとんどです。

ちなみにiPhone 11 Proは188gで、Maxだと226gです。

スマホより軽いのは良いですねー

超広角撮影

GoProといえば超広角写真、広大な風景などを撮影するには広角が便利。

日常のスナップ写真なんかも気軽に広角で撮れて便利です。

iPhone Xとの比較

iPhone Xの最大広角で撮影した時との比較を参考として載せておきます。

iPhone Xの焦点距離4mmで撮影しているので35mm判換算で28mm相当になります。


iPhone Xにて撮影


GoPro HERO7 Blackにて撮影

このように同じ場所からの撮影でも超広範囲を撮影可能です。

遠くから撮影すると全体以上に写しこんでしまうので迫力のある写真を撮りたい場合は自分が近くまで寄る必要があります。

かなり近くから撮影しても建物など全体を撮影することが可能になります。

ブログ用に解像度がっつり落としてるので細かい部分がわかりにくいんですが、先ほどの写真撮影の位置から矢印の位置まで移動してみます。

矢印の手前の看板の前あたりまで近づいてGoProで撮影するとこんな感じです。

GoPro HERO7 Blackにて撮影

かなり近づいても遠くから撮影するのと同じくらいの範囲が撮影できるので近くからでも全景を撮影できますね。
(逆に下がりすぎると範囲が広すぎてメインがかすみます)

下記の例にも載せましたがグランプラスなど、狭いエリアに色々なものが密集しているといった場合は自分が下がることができないため、GoProでしか撮影できないことが多いです。

夜間撮影

3Way自撮り棒なんかは自撮りにも三脚にもなり超役立つので持ってはいるんですが、今回の世界一周では荷物を減らすために置いていきましたがあるととても便利です。

三脚で固定しながらなら夜景も綺麗に撮影することが可能になります。

三脚がなくても可能

三脚なしでも床、椅子、手すりなどに置いて撮影すれば夜間撮影も可能です。マウントがあれば星なんかも撮れちゃいます。

海外旅行用に荷物を減らしたためマウントや三脚はなかったんですが、下のような写真は簡単に撮れました。

撮影した写真例

GoPro HERO7 Blackにて撮影

GoPro HERO7 Blackにて撮影

GoPro HERO7 Blackにて撮影

GoPro HERO7 Blackにて撮影

夜景や暗い場所でも撮影可能なのはいいですね。

上下をトリミングカットしてパノラマ風にすることも可能です。

POV撮影

また、リュックサックなどにバックパックマウントをつけておけば簡単にPOVが撮影可能です。

タイムワープ機能で撮影すればただ歩いているだけで移動ムービーが撮れます。

あとはさっと取り外して広角写真を撮ったりとカバンに固定しておけるのば取り出しに関しても便利なんです。

撮影禁止場所ではバックパックマウントを下までスライドして垂れ下げておけばいい感じです。

これは本体のみを手で適当に持って歩いて登ってるだけの動画

ジンバルも手持ちマウントもなしで本体そのまま持っただけの超適当撮影でもこの程度の揺れで済みます。

手ぶれ補正が協力

GoPro 7以降は手ぶれ補正が強化されているため、上記のPOVもそうですがただバックパックに固定して普通に歩いているとかなり揺れますが画面酔いするほどの映像にはなりません。

手で持って動画撮影する時はPOVと比較して揺れないので手ぶれ補正の機能だけでも十分安定した動画撮影が可能になります。

GoPro 6以下を利用する場合はジンバルなどが欲しくなり荷物が増えたりしそうなので手ぶれ補正のある7以降をオススメします。

とはいえ完璧ではないのでHDR撮影とかしてる最中はすぐに手を動かすとぶれた写真が出来上がります。

タイムラプス撮影

吸盤タイプの窓ガラスなどにはりつけるマウントです。

これは持って行こうか迷ったんですがたためばあまりかさ張らないので一応持っていきました。

こんなような感じでタイムラプス映像が撮影できます。

ただ、ホテルの窓ガラスって隙間開けての二重、三重ガラスだったりするので部屋の明かりが反射してうまく撮影できないホテルも多かったです。

部屋を暗くしてもカーテンの外側が明るい色だったりすると反射して写り込んでしまいますし、ホテルに大きく左右されるかなぁといった印象。

車、電車、飛行機の窓といったところに貼り付けて撮影することも可能ですね。

防水防塵

海外旅行に最適なポイントですね。

防水機能や対応マウントが豊富なのでダイビングなどの水中アクティビティに特に向いています。

砂漠などの粉塵が強いところでも安心して使えるのでアクティビティによっては超大活躍すると思います。

GoPro HERO7 Blackは標準防水だけでも10Mの仕様なのでハウジングなど付けなくてもそこそこの性能です。

ダイビングなどで利用する場合は専用ハウジングをつければもっと性能アップしますので必要に応じてマウントしてください。

iPhoneなどに転送可能

撮影した写真や動画を無線で送ることが可能です。

撮ったデータを家族や友人とシェアしたりSNSにアップするのにも使えますね。

アプリでサクッと送れます。

GPS付き

個人的に嬉しいというか必須だったポイント。

iPhoneに移した際も写真アプリにちゃんと位置情報が表示されるのでSiriの検索にもひっかかりますし、マップ表示でみるのも楽しいです。

SNSにアップする時も位置情報が残っているので利用価値が広がります。

撮影地がEXIT情報に残っているのでプライバシーには十分注意してくださいね!

最近のSNSなどは自動的に位置情報データ消してからアップロードするタイプが多いので基本的には安心ですけど不安な方はオフにしておきましょう!

Go Proの注意点など

電池があまり持たない

観光地などで普通に撮影したりして1日で電池終わるという印象でした。

撮影目的だったりすると多分1日持たないので予備バッテリーは2個持っていくのが良いと思います。

充電器は2個同時に充電できるバッテリーチャージャーがバッテリー1つ付属するので便利です。

これもUSB-Cなので充電器はいろいろなものと兼用できて便利でした。

SDカードも足りなくなるかもしれない

日数や撮影する枚数、動画の撮影時間によっても全然変わってきますが64GBや128GBあたりだと足りなくなる可能性があります。

母艦のPCがある人は定期的に移し替えれば問題ありませんがSDに保存していく人は予備SDカードを持って行った方が安心だと思います。

一眼レフの代わりにはならない

まぁ言うまでもないことですが一眼レフのような写真はまったくとれません。

光学ズームはできるものの基本的には広角写真オンリーなので背景をぼかすような写真とか遠くのものを撮影したりといったことはできないんですよね。

まぁ写真メインの人は言われなくてもちゃんとしたカメラ持っていくと思うのでいいと思うんですが、そうじゃない人はGoProさえあれば本格的なカメラなくても十分というわけではないので注意しましょう。

GoPro HERO 8との比較、買い替えは必要?

GoProHERE8BLACK

GoPro 8が2019年10月15日に新しく発売になります。

GoPro 7とのハードウェアスペック面での大きな違いはあまりありません。

しかしマウント部が収納式になり外部ディスプレイやライトなど、高価な別売りパーツが増えているのでプロ仕様として使うには良さそうな感じがします。

とはいえ定価が5万円のところに別売り新作パーツ3つ、さらには3wayや別バッテリーなど揃えると10万円近くになってしまいそうです。

ハードウェア的な進化はあまりありませんがソフトウェア的には大きく進化している印象を受けました。

  • 手ぶれ補正がより強力に
  • 4K画質で夜景撮影
  • HDRが強化(ブレ補正も強化)
  • 静止画撮影にLive Photos的な要素が付与

特に印象に残ったのはこのあたりですね。

確かに進化していますがHERO7 Blackから8に買い換えるほどのメリットは少ないと思います。

また、HERO 7 Blackも値下げされていますのでHERO 8を買うよりはお得な場合もあります。

価格重視する場合やすでに7を持っている人は7で十分かなというのが8の印象です。

これから買う人は8を買っても7を買っても海外旅行には役立つと思いますので予算と相談してご検討ください。

まとめ

GoProは装着マウントがものすごく豊富なのでドローンにつけたりサーフボードにつけたりパラグライダーにつけたり…とあらゆる使い方が可能になります。

旅行タイプによって必要なマウントは異なりますが、どのような旅行であっても役立つシーンは多いと思います。

私に撮っての最大のメリットは『コンパクト』でした。

バックパックにくっついていてワンプッシュで取り外して使えるのは便利です。

いちいちカバンから出して撮影するほどじゃないけど…みたいなシーンでもサッと撮影できました。

多分一眼レフやコンデジだったらカバンから出してまで撮影してなかったと思います。

小さいカバンだけとか手ぶらで出かける時も、小さいので持っていけます。

海外に限らず日常使いにおいても『気軽に持ち歩ける』っていうのは私にとっては大事なポイントでした。