海外ホテルでの防犯・盗難対策について

海外ホテルの防犯対策

ホテルの部屋は基本的には安全と思いがちですが盗難被害も多いんです。

その時は気づかなかったけど、日本に帰国してカバンの中を何度見ても見つからない、どこかで盗まれたなんていう話もあります。

連泊中だからとあまり油断せずしっかりと防犯対策は行いましょう。

ホテルの部屋に置く荷物の盗難対策といえばセキュリティボックス

スーツケース置き引き注意

ホテルの部屋に置く荷物の盗難対策です。

一般的に利用されるのは下記の3つ

  • セキュリティボックス
  • ドアストッパー
  • 南京錠

ホテルのセキュリティボックスは安全なのか?

実際このセキュリティボックスにパスポートやら財布を入れている人も多いかと思います。

しかし完全に安全とは言えません。デメリットもあります。

ハウスキーピングなどは開くことができないが、管理者はパスワードリセットして開くことができる

とはいえ、セキュリティボックスまで空けられる可能性は非常に少ないので、高確率で安全。

ただ、安全は確保されるんですが私は下記の理由で一度もセキュリティボックスは使用していません。

セキュリティボックスを使用しない理由

私が金庫を利用しない理由は単純で「置き忘れるから」です。

セキュリティボックスにはパスポートや財布などの貴重品しか入らないのでカバン丸ごと入れることはできません。

また、キュリティボックスは棚の中やクローゼットの中などに隠れているのでうっかりチェックアウト時に忘れやすいんですね。

小物は無いことに気づくのが遅れがちなので困ります。

Left Caption

盗難リスクよりも置き忘れるリスクの方が大きいと感じたため使用していません

そのため、貴重品はかばんの中にしまい、カバン自体のセキュリティを高めています。

かばんやスーツケースは南京錠とワイヤーで固定しよう

バッグの防犯

南京錠は基本ですね。

カバンのチャックやスーツケースは必ずロックしましょう。

部屋の鍵をかけておいてもハウスキーピングの人は当然、合鍵を持っているので入ってきます。

部屋の掃除不要の札をかけておこうとも入ることは可能なので荷物には必ず鍵をしましょう。

ハウスキーピングの盗難手口

部屋にいないのがわかっているのでやりたい放題ですがあからさまにバレる盗難はしません。

  • カバンの奥の予備の財布から1万円だけ抜く
  • 時計だけ盗む
  • 小物だけ盗む

このようにホテルに戻ってきても無くなっていることに気づきにくい盗み方をします。

南京錠でかばんをロックしておくだけで防げる可能性が大きく高まりますよ。

ホテルのランクが高くても働いているハウスキーピングには貧困層も多く、盗難で生計を立てている人も居るようなのでどんなホテルでも必ず鍵はしましょう。

ホテルに荷物を預ける時にも南京錠で鍵を!

ベルデスクに荷物を預ける時にも必ず南京錠で鍵は閉めましょう。

基本的にはホテルの荷物預け入れは数人で見ているためあからさまな盗難はないとは思いますが防犯対策はしっかりとしておくに限ります。

預け入れは乱雑に置かれているため、その気になれば中身を抜くのは容易いです。

バッグやスーツケースはワイヤーで固定

南京錠でかばんをロックしてもカバン丸ごと盗まれたら大惨事です。

椅子や棚などなんでもいいですがワイヤーロープを通してロックしておけば持ち逃げの心配も減ります。

ちょっとした小物もしまってから外出

スマホの充電器だとかポーチだとかそういったついつい出したまま出かけたくなるものも一応全部カバンの中に詰めてから部屋を出ています。

バッグやスーツケースのロックをしっかりしてワイヤーで盗まれないようにしておけば安心して外出できますね。

日本国内ではここまでやることはないと思いますが海外に行った際は過剰なくらいの防犯意識でいるのが良いと思います。

ホテルの防犯ドアは要確認、ドアストッパーも有効

ホテルドア防犯

基本的にホテルのドアはオートロックなので勝手に閉まるからいいんですが、過去2度ほどゾッとした経験があるので一応注意喚起を。

ドアがしっかり奥まで閉まっておらず、防犯ドアがロックされていない状態になっていたことがありました。

Left Caption

部屋に戻ってきて開いていたことに気づきゾッとしましたが幸い何もなくホッとしました…

もう1回はオートロックだと思っていたらオートロックではなく、ドアノブを持ち上げてロックするタイプでロックされていない状態で外出してしまいました…

それからは部屋を出る時にしっかりとドアが閉まっているか確認してから出るようにしています。

防犯対策にはドアストッパーが有効

ホテルのドアは従業員ならその気になれば従業員は誰でも開閉が可能です。

また、ホテルのスタッフが犯罪者に鍵を渡している場合すら考えられます。

Left Caption

途上国などのホテルでは誰も信用しないくらいの気持ちで行きましょう

ドアのチェーンとドアストッパーの両方利用しておけば開閉がかなり困難になるため安全性が大幅に向上します。

注意したいのが隣の部屋とつながっているドア、これはチェーンもついていない事が多いため防ぎにくいです。

ですが、ドアストッパーを利用することで安全性を高めることができます。

警報機付きのドアストッパー

特に治安が悪い地域に行く場合には用意しておきたいのがこのドアストッパー

海外ホテル防犯ドアストッパー

警報が鳴るので安心して寝ることができますし、外出時も安心。

パスポートはホテルに置いていく?

パスポートとクレジットカード

ちなみに私はパスポートは部屋に置いていくことも多いです。

手ぶらで移動するのが好きなのでパスポートは邪魔になるので必要でない場合は置いていったほうが身軽で快適ですが、観光地の入場やBARなどはパスポートの提示が必要になる場合があるので持っていなくて困る場合もあるので必要に応じて持ち歩くようにしましょう。

(ホテルの徒歩圏内なら問題ありませんが電車などを使って利用する場合はパスポートあった方が何かあった際、安心だと思います)

パスポートやクレジットカードが心配な場合は服の下につけるセキュリティポーチにパスポートやクレジットカードを入れておくとさらに安心ですね!

ホテルのロビーは置き引きに要注意

チェックイン時は荷物をフロントの床に置いたりしますよね?

これ、危険です。

チェックインシートに記入している間にさっと持ち去られるという事も多いので荷物は足で挟むなどして身体から離さないようにしておきましょう。

海外旅行の際の防犯対策+α

安いホテルは危険

海外旅行の際の防犯対策は重要です。

防犯対策以外にも気をつけるべきこととして下記の2点を気をつけると良いですよ。

  • 星3以上のホテルに泊まる
  • 携行品損害保険金に加入しておく

安いホテルはリスクが上がる

高ければ安全ということはありません。

しかし、安いホテルのほうがリスクが上がるのは間違いないので価格よりも安全性を重視するのも良いですよ。

予約サイトはいくつもありますがBooking.comが最安値な事が多いです。

元から安い価格にさらに大きなポイントがつくのでポイントゲットするのをお忘れなく!

クレジットカードの携帯品保険がお得

荷物を盗まれたりした際には携帯品保険が役立ちます。

私はロンドンで財布を盗まれましたがANA AMEX GOLDの保険で保険金がもらえました。

今ならハワイまでビジネスクラス往復で行けるほどのマイルも貯まるので良い感じです。

海外に行く前に買っておくべき防犯グッズ

絶対に必要なのは南京錠くらいですが必要に応じて他のものも揃えて行きましょう。

南京錠

ワイヤータイプ南京錠

ワイヤータイプ南京錠 2個セット

こちらのワイヤータイプ南京錠が使いやすいです。

移動の際なども常にカバンのファスナーはロックしておきましょう。

  • ワイヤー3mmで強力
  • ロッカーなどにも使用可能
  • ファスナーをロックしやすい
  • かばんを固定するのにも使える
  • TASロックで荷物預け入れにも使用可能

ワイヤー

防犯ワイヤー

防犯ワイヤー

スーツケースやカバンを固定しておくのに必要です。

まるごと持ち逃げされないように南京錠とセットで持っていきましょう。

ドアストッパー

海外ホテル防犯ドアストッパー

ドアストッパー 防犯アラーム付き

ドアストッパーは丈夫でアラーム付きのものだと安心して利用できます。

セキュリティポーチ

パスポートを入れるセキュリティポーチ

セキュリティポーチ

パスポートやクレジットカードは服の下に収納してしまうのが最も安全!

心配な人はセキュリティポーチを持っていくと安心ですよ。