【10万以下】HP ENVY 15 RYZEN5 x360レビュー おすすめノートパソコン

ENVYシリーズ 15 RYZEN5 X360について詳しくレビューしていきます。

目次

ENVYシリーズの性能的な特徴

ENVYシリーズのカスタム可能な選ぶべきポイントは4つ

  • SSD(ストレージ)
  • CPU(AMD o rintel)
  • メモリ(8GB or 16GB)
  • Microsoft Office

順番に解説します。

SSDによる高速起動

SSD搭載のため、スイッチオンしたらすぐに使い始められます。

SSDの容量は256GBか512GBか選択可能。

一番安い256GBにして大きなファイルデータの保存は外付けのHDDにすると更にコストを抑えられます。

やっぱりSSDとHDDでは体感速度が全然違うので安いノートパソコンを買うにしてもSSDは必須装備ですね。

CPUはAMDでもIntelでも可

CPUはIntelもAMDも選択可能です。

AMDのほうがコストパフォーマンスが良い

今回はAMDのRYZEN5にしました。

AMDの方が性能に対して価格が安いのでコストパフォーマンスに優れています。

この価格帯のPCを選ぶ人は総じてAMDを選択すべき

10万以下の価格帯のノートパソコンでインテルを選ぶのはそこに費用取られちゃってもったいないため。

Left Caption

AMDもよいCPUですよ

CPUはどれが良いのか?

最低スペックのi3やRYZEN3でもAdobeソフトウェアなど使用しない限りは十分なスペック

予算と相談してCPUは選択すればいいんですが、動画編集を行う場合はi7かRYZEN7を選びたいですね。

迷ったら中間のRYZEN5を選んでおけば間違い無いと思います。

メモリは8GBか16GB

メモリは8GBか16GBで選べます。

8GBでも最近のノートパソコンの最低限のスペックはあるので価格を抑えたい場合は8GBでも十分。

利用するソフトにもよりますが動画編集やAdobe関連ソフトを利用する場合は絶対16GB

OSとOffice

OSはWindows 10 Home 64bit

Officeは追加オプションになりますが割引サービスがあるので別にOfficeを買うよりも割安です。

ENVYシリーズの外観や使用感について

薄型で軽い

15インチモデルでも十分に薄くて軽いです。

  • 13インチ:1.28kg
  • 15インチ:1.98kg

15インチの大きな画面で2kgっていうのはかなり良いですね。

ディスプレイが360度開く

ディスプレイが360度開くのでタブレットのようにしてみたり傾斜をつけて置いて映画見たりとちょっと変わった置き方が可能です。

とはいえ完全に開いたときはキーボードが下になるので使うことはないかなという機能ですね。

画面を開き切っても壊れないというのはちょっと安心かもしれません。

180度開くとこんな感じです。

このままさらに180度回転させれば裏面とくっつきます。

外観・質感が良い

無駄を削ぎ落としたデザインとアルミニウム素材による高級感がポイントです。

Macbookを意識しているかのようなデザインと質感です。

アルミ素材は熱でたわむこともありませんし丈夫で軽くノートパソコンに適した素材です。

裏面もシンプル

裏面もごちゃごちゃしておらずシンプルですね。

360度回転させるときに見えることもあるので裏面のデザインも意識されているんでしょう。

指紋認証機能搭載

起動時にパスワードを入れなくても指をかざせばサクッと認証して開いてくれます。

PINコードを入れてもいいんですが指紋でパッと開いた方が楽ですね。

スピーカーもなかなか良い

デンマークで主に高級オーディオを制作しているBANGOLUFSENというブランドのスピーカーを採用しています。

キーボード上部に広範囲にわたってスピーカーが内蔵されていますので音量や音質も廉価品PCよりも良い感じですね。

高音質を求める場合はもちろん外付けの方が良いんですがYouTube見たりするには十分なスピーカーだと思います。

バッテリーは13~14時間

薄くて軽いので持ち運びに便利なノートパソコンです。

外で利用することもあるかと思いますがちょっとした作業なら電源コード不要なくらいのバッテリーは搭載されています。

電源コードも昔みたいにゴツくて重たいやつではなく比較的コンパクトなアダプタになっています。

説明書の代わりにWindowsの使い方の本が付属

全ページカラーでしっかりとしたマイナビの本が入っていました。

私は全く読んでいませんが初めてパソコンを使うような人とかにはわかりやすくて良いんじゃ無いかなと思います。

ENVYシリーズのデメリットや気になる点

薄型の代償でしょうか?発熱が少し気になります。

長時間机の上で放熱せずに高負荷の作業を行う場合はスタンドなどで熱を逃してやるのが良さげ。

また、高温になる夏場なども発熱が少し気になるかもしれません。

ちょっとネットみたりOfficeソフト利用したりといった程度ではサクサク動き発熱もないので問題なし!

最大のメリットは価格

金額を考慮しなければもっともっとハイスペックなパソコンはありますが、このモデルの素晴らしいところは価格です。

15インチもの大きな画面にSSD、アルミ個体にオフィス付きと高価格になりそうな要素を詰め込んでいますがオフィスソフトをつけても10万円以下に収まります。

10万円以下でオフィス付きのWindowsパソコンが欲しいっていう人にはHP ENVYをお勧めします!

現在割引キャンペーン中で最安値!

HPのサイトでセールしていますので直販がお得です。
注文してすぐに届きました。

コメント

コメントする

目次
閉じる