新型 iMac 5K 27インチ 2020 スペックレビュー

本日iMac 5K 27インチ 2020年モデルが発売されました。

2020モデルとなった27インチを2019モデルと比較して解説していきますね。

黒猫のアイコン画像黒猫

CPUが10世代チップに進化して価格も安くなりコスパが上がったので、買おうか迷っていた人にはありがたいアップデートじゃないでしょうか

目次

iMac 27インチ 2020は価格が若干の値下げ

iMac27インチ価格比較

ドルベースでの金額は変わりませんが日本での販売価格は円高の影響もあり、2019モデルよりも安くなっています。

iMac 2019と2020 価格比較

iMac2019モデル2020モデル
最上位モデル253,800円249,800円
中位モデル220,800円216,800円
下位モデル198,800円194,800円
すべて税別

全てのモデルで4,000円安くなっていますね。

スペックが上がりコストパフォーマンスが向上

Macは金額が大きいので4,000円の値下げは微々たるものですが、スペックを考慮した場合にはコスパが良くなっています。

  • CPUが10世代に進化
  • グラフィックスが進化
  • Fusion DriveがSSDに変更

目新しいものはありませんが性能は順当にアップしています。

CPUが第10世代に進化(intel製)

CPUが第10世代に進化(intel製)

MacBookシリーズ同様にintelの最新10世代チップを搭載

intel製 最新10世代チップ搭載

iMac 27インチ 2019では価格の安いモデルでは8世代、最上位モデルでも9世代チップの搭載でしたが2020では全てのモデルで10世代チップが搭載されています。

カスタマイズすれば10コアのIntel Core i9プロセッサも乗るので本格的な作業を行う母艦PCに最適。

最後のintel製 iMacになるかも?

アップルがWWDC2020で発表した『Apple Silicon

Apple Siliconはアップル社が独自設計したチップで今後2年ほどかけてintel製からApple製移行される。

初のApple Silicon搭載Macには期待があるものの不安もつきまといます。

黒猫のアイコン画像黒猫

今回は安定が約束されているintelの10世代チップ搭載を選び、数年後にApple Siliconに移行するのもあり

ハードウェア的な進化(2019→2020)

ハードウェア的な進化(2019→2020)

内部のハードは変更されますが、外観的な変化はなくスペックの向上が主なアップデートとなります。

  • Pro同様のナノテクスチャガラス
  • インカメラの画質向上
  • 拡張機能の進化

順番に解説していきます。

Nano-textureガラスを選択可能に

Nano-textureガラス

以前はiMac Proでしか利用できなかったディスプレイオプション『Nano-textureガラス』が選択可能になっています。

Nano-textureガラスは文字通りnmレベルでガラスにテクスチャが彫り込まれており、光を錯乱させることで映り込みを軽減できるガラスコーティングのこと。

オプション価格は5万円

ナノテクスチャガラス価格
黒猫のアイコン画像黒猫

Proでしか利用できなかった最新技術コーティングが利用できるの魅力的ですが、5万円ってどうなんでしょう…

うさぎのアイコン画像うさぎ

iMacでは映り込みを気にするシチュエーションがあまりないので私はオプションはつけないと思います…

内部カメラとマイクが進化

内部カメラとマイクが進化

しばらく変化のなかったインカメラとマイクですが密かにアップデートしていました。

  • FaceTime HDが720pから1080pに進化
  • 内蔵マイクも3マイクアレイに進化

在宅ワークやオンライン会議などが増え、需要が急増しているインカメラとマイクの進化は嬉しいですね。

YouTubeの撮影やオンライン飲み会などプライベートでの利用も増えそうです。

ストレージがFusion DriveからSSDに進化

ストレージがSSDになったことで今まで必須だったオプション費用がかからなくなります。

iMac 2019標準搭載のFusion Driveは正直微妙でSSDへの変更が必須でした。

うさぎのアイコン画像うさぎ

SSDとHDDが合わさり『速さ』と『大容量』のいいとこ取り…と言われましたが実はデメリットの方が大きかったんです

Fusion Driveのデメリット

SSD領域は1TBモデルで32GBのみ

SSD価格が割高

今後Fusion Driveは過去の話になるので詳しくは解説しませんが、1TBモデルだとSSD部分は32GBしかなく、圧倒的な容量不足でした。

2020ではオプションではなく標準でSSDが搭載されているので悩む心配はありません。

標準容量
  • 下位モデル:256GB
  • 上位モデル:512GB

増設してさらに増やすことも可能です。

上位モデルのSSD増設のカスタマイズ価格は下記の通り。

SSD容量増設価格
512GB標準搭載
1TB+20,000円
2TB+60,000円
4TB+120,000円
8TB+240,000円
黒猫のアイコン画像黒猫

コストを抑えたい場合は外付けHDDやクラウドストレージを利用しましょう

メモリの最大量が大幅UP

2019年モデルでは最上位モデルでも最大64GBまでしかメモリの増設ができませんでしたが、2020年モデルは全てのモデルで128GBまで搭載可能になっています。

デスクトップでは動画編集や3Dグラフィックなどのメモリを使用する作業を行うことが多くなるのでメモリは多ければ多いほど嬉しいですよね。

うさぎのアイコン画像うさぎ

とはいえ価格はそこそこします…!

2,666MHz DDR4増設価格
8GB標準搭載
16GB+20,000円
32GB+60,000円
64GB+100,000円
126GB+260,000円
黒猫のアイコン画像黒猫

コストを抑えたい場合は自分で増設するのもあり

参考:iMacのメモリ増設方法

2020 新型iMac 27インチは買うべき?

新型iMacはコストパフォーマンスが向上し、非常に魅力的なアップデートとなりました。

待ってた人や買おうと思っていた人は買い…と言いたいところですが懸念があります。

購入をためらう最大の理由は次のモデルから搭載されるであろうAppleシリコンの有無

iMac 2020を買うべき人

Appleシリコン導入モデルは圧倒的な性能向上、および個体デザインの大幅アップデートが行われる可能性が高いです。

しかし新しいApple シリコンにもトラブルがないとは言えないため下記の条件に当てはまる人はintel製チップ搭載モデルを購入しましょう。

  • 1年以上待てない
  • 互換性や安定性を重視する
  • BootcampでWindowsを利用する

あくまですべて予想でしかありませんが、Appleシリコン搭載のiMacが出るのに1年〜2年かかるはずです。

グレードの高いモデルから大型アップデートが行われる傾向にあるのでMacBook ProやiMac Proに最初に搭載され、その後MacBook AirやiMacに搭載される可能性が高い

また、互換性の問題もあり利用環境によっては不具合が出る可能性や、Bootcampがサポートされないという噂もあります。

iMac 2020買うのを待ったほうがいい人

次のモデルが大幅に進化する可能性が高いことを考えると買うのを待つのもあり。

  • 長く使いたい人(6年〜)
  • 新しいものが好きな人
  • 絶対に後悔したくない人

Apple製チップが完全に主流になった後、OSがintel製チップをサポートしなくなる可能性が高いです(早くても5年後)

長く使いたい人や大幅な進化を体感したい人は次世代モデルと比較して後悔する可能性があります。

迷ったら買っちゃってもOK

私はApple製品で迷ったら即買います。

アップル信者ってのもあるんですが、アップル製品はリセールバリューが異常に高いんですよね…

とりあえずiMac買って、もし来年新しいのに買い替えたくなったらメルカリに出して新しいのを買えばOK

黒猫のアイコン画像黒猫

箱とかしっかり残しておけば1年分の使用料金程度の費用で済みます

新型MacBookシリーズのレビュー

今年発売したMacBookに関してもレビューを書いていますのでiMacにしようかMacBookにしようか迷っている人は参考にしてみてください。

安くなった整備済品を買うのもあり

ひたすら安く済ませたいっていう人は安くなった整備済品を買うのも手です。

元から安い整備済み品を更に安く買う方もありますよ!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる