毎日更新を目標に日々の気づきや伝えたいことなど書いていきます!

iOS13 iPadOSの文字入力機能がすごい便利!

iPadOSの文字入力機能が超絶進化

iPadOSが今秋リリースされますね。

iOS 13のパブリックベータを入れて試してみたのでご紹介しますね。

入力補助機能が恐ろしく便利になり、タブレット単体での文字入力作業が便利になりました!

実際の操作画面はこんな感じ

ポイント

  • ジェスチャーでコピーやペースト、やり直しなどの操作が可能に
  • タップ回数やシングルドロップだけで範囲選択やカーソル位置移動が可能に
  • 長押し操作が不要になった

ドラッグでの範囲選択

ダブルタップからのドラッグで範囲選択が可能になりました。
これにより長押しして選択範囲表示、その後両サイドのバーを調整…といった作業がなくなります。

ドラッグでカーソル移動

入力している箇所にカーソルが点滅していますよね。
これを長押しせずとも普通にドラッグするだけでカーソルを好きな位置に移動できます。

文字選択

タップ2回で1つの単語を。タップ3回で1つの文章を。タップ4回で、1つの段落全体を選択できます!
単語だけなのか、一つの文章だけなのか、それとも段落全体なのか

慣れてくればこのタップ数の調整で範囲選択はほぼまかなえそうです。

コピー

コピーは3本指をピンチするだけ!
(3本の指を閉じるイメージです)

超簡単に範囲選択ができるのでそのままピンチすればコピー完了です。

ペースト(貼り付け)

逆にピンチアウトでペーストです。

3本指を広げる感じなので若干操作しにくい感じがありますが慣れでしょうか。

取り消し

PCでいうctrl+zですね。最高に便利です。

3本指を横スライドだけで戻れるのはすごくいいですね。

前は端末シャッフルだったのでタブレットじゃ恐ろしく使いにくかったけどこれなら実用的

3本指を左にスワイプで取り消し、右にスワイプでやり直しとなっています。

iPadでの作業がより便利に

キーボードショートカットに対応

私は外付けキーボードは使っていませんが外付けキーボードのショートカット拡張も追加されました。

キーボードの縮小&移動

また、QuickTypeキーボードをピンチで小さくすることが可能です。
これによって大きさを変えたり邪魔にならない場所に動かせます。

ノートパソコンがいらなくなる日も近い?

今回このiPadOSを使ってみて、次の長期旅行はMacBook ProじゃなくてiPad Pro12.9でもいいかな?なんて思いました。

しかしキーボードとトラックパッドの作業効率にはまだ及ばない感じですね。

まだまだ進化していくであろうiPadOSの進化が楽しみです!