世界一周とか日本一周とか。行ったことない場所に行くのが好きです。

新型iPhone 11 Pro レビュー Proの名に相応しいiPhone至上最高傑作

新型iPhone 11 Pro (Max)が本日発売となりました。

さっそく使用していますが、とても良いです

トリプルレンズのトリプルカメラが最高

iPhone 11 Pro最大の目玉機能であるトリプルカメラ、期待している人も多いじゃ無いでしょうか。

超広角、広角、望遠の3つのカメラが付いています。

iPhone Xで初めて付いたデュアルカメラもポートレート撮影などで奥行きのある写真が撮れとても重宝していましたがそれがついにトリプルに進化しました!

iPhone Xで実装されたデュアルカメラがあれだけ便利だったのでトリプルカメラは間違いなくさらに便利になるだろうと確信していましたが想像通り切り替えスムーズな3パターンレンズ便利です。

素晴らしい…世界一周戻ってきて即手にしたiPhone 11 Proですがこれを以て海外行けなかったことを後悔しますね。

特に広大な自然なんかは超広角で撮りたいですし被写体との距離も離れるのでズームも欲しくなります。

カメラはiPhoneのみで十分が更に加速

一眼レフやコンデジを持ち歩く人にとってはカメラの性能アップはそこまで期待していないかもしれませんが私のように『カメラはiPhoneのみ』なんて人には間違いなくお勧めできる性能です。

まだ発売日当日という事で写真撮影数は少なめですがXと比較して大幅進化は間違いないです。

Xのデュアルカメラですら綺麗で満足できていましたが、それをさらに上回るカメラ…本当に最高です。

光学式の手ぶれ補正も進化しており普通の手持ち撮影でもよりくっきりとした写真が撮れるようになっていますね。

カメラマンなんかはレンズを付け替えて必要に応じた焦点距離に変更するのは当たり前かもしれませんが、レンズを覗き込みながらワンタップで切り替え可能、また、今回からは写真撮影画面からロスなく動画撮影への移行も可能になっています。

カメラを持ち歩かなくて良いのは強み

やはり一眼レフはかさばります。

コンデジにしてもポケットに入れたら邪魔ですし、『写真を撮るために出かける』っていう時じゃないと気軽には持ち歩けません。

iPhoneは何があろうとも必ず持っているので撮影機会が非常に多いです。

そんな日常カメラの進化は多くの人に恩恵を与えてくれる事でしょう。

ナイトモード撮影

今回あらたにナイトモードが追加されました。

Google Pixel 3ではiPhoneを完全に超えたと絶賛されていた光量の少ない場所でも暗所をしっかりと写す夜間撮影モードです。

これでiPhoneもPixelに負けない夜間撮影が可能となりカメラとしての魅力もより強くなりました。

Retina XDRディスプレイ

画面に関しては実物をみないと判断できない部分

公式仕様はこんな感じです。

  • Super Retina XDRディスプレイ
  • 5.8インチ(対角)オールスクリーンOLED Multi-Touchディスプレイ
  • HDRディスプレイ
  • iPhone 11 Pro 解像度 2,436 x 1,125pixel 458ppi
  • iPhone 11 Pro Max 解像度 2,688 x 1,242pixel 458ppi
  • 2,000,000:1コントラスト比(標準)
  • True Toneディスプレイ
  • 広色域ディスプレイ(P3)
  • 触覚タッチ
  • 最大輝度800ニト(標準)、最大輝度1,200ニト(HDR)
  • 耐指紋性撥油コーティング
  • 複数の言語と文字の同時表示をサポート

XSからだと輝度あたりがメリットでしょうか。
XやXSで画面進化が大きかった分今回は画面の進化は控えめです。

iPhone7や8など液晶の古いiPhoneからの乗り換えだと有機ELの美しい発色や精細さを感じられると思います。

3D Touchが無くなり触角タッチに

完全なるデメリットとして今回から3D Touchが無くなってしまいました。

XRから3D Touchの劣化版である触角タッチというものに差し替えられていましたが今回はハイエンドモデルも機能廃止となりました。

触角タッチとは押し込んだ時の触感を与えるだけのもので3D Touchのような段階操作はできません。

使わない人は全く使わないけど使うと超便利機能だったので無くなってしまったのは残念です。

利用者が少ない割に生産コストが大きかったとかなにか理由はありそうですが個人的には値段上がってでもつけて欲しかったなぁとは思っています。

LINEで既読つけずに読めなくなる

私は使ってませんでしたが多くの人が使ってるのはこの利用じゃないでしょうか。

LINEの内容を3D Touchでポップアップすることで既読をつけずに読むことができましたがそれができなくなりました。

しかしLINEはアップデートで触角タッチによるプレビューを実装する予定とのことなのでこれはあまり心配しなくて良さそう

3D Touchのカーソル移動なしは不便すぎ

この機能の損失はちょっと致命的かもしれません。

3D Touchではキーボードを強く押すとカーソルモードに移行できました。

カーソルモードでは文字入力の位置をマウスのように自由に移動できたので文字入力の際には重宝していました。

カーソル移動機能が実装されて以来ずっとこれで行なっていたので使えなくなったのは辛いです。

今後は画面の文字をいちいちタップしなければならなくなり生産性がかなり落ちそうです。

アップデートで長押し時にフリック補助じゃなくカーソル移動に移行するようなオプション設定が増えれば改善されるかなぁとは思っていますが現状ではかなり不便になります。

追記

どこでもオッケーってわけにはいかないですが日本語かな入力の場合は右側にある「空白」ってところを長押しで今まで通り使えます。

英字キーボードの場合はspaceを長押しでカーソル移動可能です。

A13 Bionicチップ

iPhone至上最高の64bit Fusion A13チップです。

まぁCPUのスペック差は2年レベルの買い替えではそこまで実感できませんが、IT技術は日々進歩し、使用に際する負荷も増えています。

ARや3Dモデリングなど多くのアプリを快適に利用できるようになるのは間違いないですね。

個人的に大きくスペック進化を実感したのは動画の編集ですね。

GoPro動画をiPhoneでサクッと編集するのにとても便利です。

iPhone Xでは長い動画だとフリーズして落ちたりしましたがiPhone 11 Proではしっかりと編集できます。

iPhoneに写真が1万枚くらい入っていますが画像添付の際などに高速スクロールするとXではたまに落ちたりもしましたが11 Proでは落ちませんね。

SIMの違い

デュアルSIM

デュアルSIMに対応しています。

デュアルSIMとは通常のSIMスロットに入れるSIMとは別に内部に書き込み可能なSIMが内蔵されています。

iPhone 11 はnano-SIMとeSIMなので基本的にはキャリアから支給されるnano SIMを入れるのですが、それとは別に内部に組み込まれたeSIMにプロファイルを書き込むことでSIMカードを入れなくても利用できるようになります。

日本ではまだeSIMは流行っていませんが今後日本でも格安simで利用可能になると思います。

海外では一部の国ではすでに普通に利用可能なのでSIMカードを買わずに済んだりして便利ですね。

5G非対応

これは長く使っていくつもりの人には懸念事項になるかと思います。

早ければ次の端末、遅くても12が出る頃には5G対応端末になり全国の基地局も5G対応してくるでしょう。

そうなった時に買い換えなければ5Gの恩恵を受けられなくなるので3年とか4年使うつもりだと5G非対応はデメリットになるかもしれません。

USB-C 高速充電に移行

Proは18Wの高速充電対応のACアダプタが付属します。

コネクタはUSB-CーLightningになります。

個人的にはMacBook Proと同じUSB-C-USB-Cでもよかったのになぁと思いますがまだLightningケーブル継続でした。

Lightningケーブルの今後

iPhone 11とiPhone 11 Pro&Pro Maxの違いについて

カメラの違い

これが今回の1番のポイントですね。

ここで決めてしまってもいいくらいの大きなポイントなのでカメラを重視するかどうかが重要になってきます。

3つのカメラは超広角広角望遠3つとなっています。

最大の違いとして無印のiPhone 11には望遠がつきません

最近はカメラもスマホのみみたいな人も多くなり、カメラの使用頻度は年々上がってきています。

個人的にはトリプルカメラは重宝するのでカメラをよく利用する人にはオススメしたいですね。

インカメラも進化

アウトカメラの3レンズがインパクト強すぎて忘れがちですがインカメラも700万画素から1200万画素と大幅進化しています。

インカメラでも4k撮影が可能になったりと地味に進化しています。

自撮りとかする人にとっては嬉しい機能ですね。

端末素材の違い

あまり気にしない人も多いかもしれませんがここは大きな進化ポイントです。

無印の11はアルミとガラスボディですがProは綺麗に磨かれたステンレススチールとガラスボディになります。

ガラスは同じものを利用していますがアルミとステンレスという違いがありますね。

画面の違い

同時発売の最新端末であるiPhone 11(無印)は廉価版という位置付けなため、解像度が大きく異なります。
解像度は1,792 x 828pixel 326ppiです。

それに対して11Proは2,436 x 1,125pixel 458ppiとなり繊細さが高くなっています。

また最大輝度625ニトに対してPro800ニト(最大輝度1,200)と明るさも大きくなっています。

また、ProはOLED(有機EL)なので黒をはじめとした色の表現力がはるかに高くなっています。

バッテリーの違い

バッテリーがProの方が向上していて仕様時間が長くなっています。

公表スペックでは11無印と比較してProは1時間(Maxは3時間)とのことなのでバッテリー性能に大きな差があります。

また、充電するためのアダプタもiPhone 11 Proには急速充電対応のACアダプタが付属します(無印は別売り)

防水性能の違い

防水性能も向上しています。

iPhone 11とProでは水深2mの差があります。

まぁ日常使いでは違いの差は感じられないとは思いますが利用シーンによっては検討項目にもなってくるかもしれませんね。

11無印は水深2mまで、Proは水深4mまで対応しています。

色の違い

価格以外では唯一iPhone 11無印のメリットがあるポイントかもしれません。

11はカラーを6種類の中から選べます。

11 Proはシックなカラー4種類となっています。

充電器の違い

大した差ではありませんがProでないと高速充電ACアダプタが付属しません(別売り)

後で買う場合は純正品だと結構高いと思うので地味に考慮項目かもしれませんね。

価格の違い

おそらくこの記事を見ている人は価格の違いで迷っていると思います。

上記のメリットが価格の差を上回るかどうかというのがポイントでしょうね。

個人的には価格差よりも端末の進化ポイントに魅了を感じたためにProを選びましたがコストパフォーマンスという観点から見ると難しいところです。

最小価格の64GBで比較すると下記の通りとなります。

iPhone 11 64GB ¥74,800
iPhone 11 Pro 64GB ¥106,800
iPhone 11 Pro Max 64GB ¥119,800

11とProどちらを買うか

個人的にはProをオススメします。

Proのトリプルカメラは最高ですしその他の進化の恩恵もしっかりと受けられます。

また、iPhoneはハイエンドの端末の方が価格の安定性も高く、iPhone 12などの新しい新型が出た際の値下がり幅も少ないことが多いです。

iPhoneは毎日使うものですしカメラも頻繁に使います、バッテリーも1時間長くなるだけでも命拾いすることもあるかもしれません。

iPhone 11 ProはiPhone至上最高のiPhone!

まぁ毎年最高のiPhoneが出てきちゃうんで至上最高とか言っても1年の間だけではあるんですがね笑

簡単にまとめると

  • 本格的なカメラで撮影することが少なくiPhoneでの撮影が多い
  • バッテリーやCPUスペックなどが不足していると感じる
  • iPhone 7以下の端末からの乗り換え

これらの条件に当てはまる人には特にお勧めできますね。

逆に上記に当てはまらない人で価格が高いからどうしようって迷っている人は無理に買い換える必要はないと思います。

iPhone 11 Pro Max(AppleCare+)だと20万円なのでノートパソコンより高かったりしますしね。

とはいえiPhoneは確かに高いですがリセールバリューが高いため次に買い換えるときに現在の端末がそこそこの価格で売却可能なので箱や付属品をしっかり保管しておく事で2年後乗り換え時にも役立ちます。

apple製品の箱は綺麗なので保管しておく方が多いと思いますがメーカー下取りではなくメルカリなどのフリマに出す場合は絶対に箱は取っておきましょうね!

iPhone 11 Proは高いですがX以来のメジャーアップデートなので個人的には買いの一択でした!

Apple Care+は高くて迷いますが入ってます

iPhone 11 Pro (Max)のAppleCare+は入るべき?割高感は強いですが入った方がいいです。