【2020年最新】新型MacBook Pro 13インチ スペックレビュー

ついに2020年モデルのMacBook Proが発売されました。

今回のMacBook Proの進化した点と2019年モデルとの比較をわかりやすく解説。

新型2020 MacBook Proの進化したポイント3つ

  • キーボードがシザー式キーボードに
  • スペックがすごく上昇
  • 価格が安くなった

順番に解説していきます。

目次

2020 新型シザー式キーボード

シザーキーボードに進化

2019年モデルMacBook Proはバタフライキーボードが採用されていましたが、2020年モデルでは16インチと同じシザーキーボードが搭載されました。

新型16インチや新型Airと同タイプ

シザー式はまだ発売されたばかりのMacBook Pro 16インチとMacBook Airに搭載されています。

これで全てのMacBookモデルに搭載されたので今後発売されるモデルは全部シザー式に移行していく事になりそうですね。

バタフライ式とシザー式、どちらも打ちやすい

旧式となる2019年モデルのバタフライキーボードも打ちやすくなっていますし、新型16インチ同様シザーキーボードも打ちやすいです。

ぶっちゃけさほど大きな差はないのでシザー式でもバタフライ式でも良いかなっていう印象です。

ESCキーが物理キーに

MacBook Pro 2019はキーボード上部は全てTouch Barでしたが、2020モデルではescが物理キーとなりました。

escはブラインドタッチで頻繁に利用するので物理キーのほうが便利。

Touch Barも便利だけどブラインドタッチには向いていないからね…

スペック性能が大幅進化

外観ハードの変化は上記のキーボードがシザー式になっただけですが、内部は大幅に進化しています。

  • CPU
  • メモリ
  • ストレージ

どれも大きく向上しています。

10世代プロセッサ搭載

上位モデルには10世代core i5が搭載されます。

うさぎのアイコン画像うさぎ

core i5 10世代ってどれだけ凄いの?

わかりやすく言うと4K動画編集がサクサクできるくらい。

2019モデルでも動画編集は十分可能

MacBook Pro 2019の上位モデルでも問題なく動画編集は出来ていましたが、10世代プロセッサなら更に快適。

携帯性的には13インチがほしかったけど、スペック的に16インチを選ばざるを得ないって人には朗報ですね。

参考:動画編集におすすめのMacBook Proは?

メモリも倍の16GBに!

こちらも下位モデルは変化なしですが上位モデルでは8GBから16GBに進化しています。

以前はカスタマイズ上限が16GBでしたが32GBまで増設可能になり、CPU同様に16インチでなくてもハイスペックを得ることが可能になりました。

メモリをカスタマイズで増設すればAfter Effectsや3D CADも今まで以上にサクサク動くようになりますよ!

ストレージが大幅増加

MacBook Pro 2020はストレージがめちゃくちゃ増加してます。

すべてのモデルでSSD容量が2倍に!!

更にカスタマイズでは4TBまで増設可能になりました。

価格が安くなった

macbookpro 2020価格

円高の影響もあり2019年モデルと比較してかなり安くなっています。

下位モデルは5,000円の値下げ

  • 2019年モデル:139,800円
  • 2020年モデル:134,800円

SSDが2倍になり価格が下がったというのは大きなメリットですね。

うさぎのアイコン画像うさぎ

とはいえ他は対して変わっていないので下位モデルを買うのはおすすめしません

上位モデルは12,000円の値下げ

  • 2019年上位モデル:220,800円
  • 2020年上位モデル:208,800円

上位モデルは性能が大幅に上昇し、なおかつ価格も下がっているためかなりお買い得。

たいして進化していない下位モデルを買うより上位モデルを買うことを強く推奨します。

MacBook Pro 13インチ 2020は買うべき?

新型MacBook Pro 2020は買うべきか?

  • 上位モデルならコスパいいから買いましょう
  • 下位モデルなら買わなくてOK

単純にこんな感じな結論です。

下位モデルはUSB-Cポートが少ない

thunderbolt3-USB-Cポートの数

下位モデルはUSB-Cポートが左にしかついていません。

上位モデルには左右にUSB-Cポートが搭載されていますが下位モデルは左側のみなので充電時とか結構不便。

この点からも下位モデルはおすすめできません。

13インチと16インチはどっち?

Catalina以降はiPadがサブディスプレイとして利用できるようになっているのでデュアルディスプレイにすれば画面の大きさは気になりません。

13インチと16インチに迷ったらこちらの記事をご覧ください。

参考:MacBook Pro 13インチと16インチ比較 どっちを買うべき?

下位モデル買うなら整備済製品で2019モデル

Apple認定整備済製品というものがあるのをご存知ですか?

ほぼ新品同様のMacBook Proが10%ほど安く購入できます。

更に今なら安くなった2019年モデルを買うことが出来るので価格を気にして下位モデルを買うくらいならこちらを買いましょう!

あわせて読みたい
MacBook ProやiPadの認定整備済製品は本当に安い?さらにお得に買う方法があります
MacBook ProやiPadの認定整備済製品は本当に安い?さらにお得に買う方法がありますApple Storeには認定整備済製品というのがあるのをご存知ですか?整備済製品は最大15%オフの価格で購入できるのでかなりお得なんですが、さらに安くする方法があります...

MacBook Pro 13インチ 2019との比較

MacBook Pro 2019と2020比較

一目瞭然ですね。

価格が安くなりスペックも2倍以上に進化しています。

上位モデルの価格差はSSDだけなのでどっち選んでもOK

AppleSilicon「M1」搭載モデルが発売

下位モデルがアップデートされたというイメージです。

メモリのカスタマイズ上限が16GBという制限はあるもののコスパがかなり良くなっているので価格を抑えたい人には良いかもしれません。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

新型MacBook Proを待ってた人は間違いなく買い!

上位モデルは大幅に性能がアップしてコスパも良くなったので迷っていた人は買いどきです。

  • 性能が大幅に向上
  • 値下げ
  • 新作

もう買うしか無いですよね、新型を待っていた人は急いで注文しましょう。

すぐに注文すれば今月中には届くと思いますよ!

MacBook Pro買うなら専用スタンドも

私が愛用しているMacBook専用スタンド。

MacBook Pro買うならこれはマジで必須。

安い、便利、デザイン良しの三拍子そろった神アイテムなのでセットでどうぞ。

あわせて読みたい
blueLOUNGE Kickflipレビュー MacBook Pro 最強スタンド
blueLOUNGE Kickflipレビュー MacBook Pro 最強スタンドやっぱりMacBookなどのノートパソコンって姿勢悪くなって疲れますよね。猫背になったりストレートネックになったりと良いことは一つもありません。そんな悩みを全ていい...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • 4K動画編集がサクサクと記載がありますが、lut、カラー編集、軽いエフェクトなど行ってもプレビューはサクサク問題ないですか?8bit 4K 30fps がメインになりそうで、ファイナルカットです。
    16インチと迷ってます。

    • サクサクはちょっと語弊があるかもしれませんね。
      今までの13インチProの感覚でいうとかなり体感速度は早いんですが、求められている4K 30fpsでlutやカラー編集だとサクサクではないです。

      13インチでも出来ないことはありませんが、4Kメインなら絶対に16インチ推奨です!

  • 早速の返信ありがとうございました。

    2020年13インチもスペックアップで魅力的ですね!
    アップルシリコンもそろそろで、買うタイミングが難しいく悩み過ぎて買えない状態です…
    持ち歩く事も無さそうなので16になりそうです。
    またブログ楽しみにしています!

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

目次
閉じる