世界一周とか日本一周とか。行ったことない場所に行くのが好きです。

丸山珈琲のカプチーノが最高にうますぎてコーヒー好きになった件

私がコーヒー好きになった理由

こんにちは。1日に4杯以上のカプチーノを飲んでいる@321webです。

コーヒー大好きすぎて年間100万円くらい珈琲関係の支出をしています。
正直自分でも常軌を逸した金額だと思っています。

でも趣味として考えたら1月あたり9万円ぐらいは許容範囲ですよね!?(高い

私は昔から珈琲好きで、家でも買ってきた豆を挽いてドリップコーヒーを飲んだり、スターバックスやドトールなどのコーヒーショップによく行っていました。

ただそれは『珈琲が好き』っていう感じで、『珈琲が好きすぎてやばい』っていう趣味の領域ではなく、お店に行ったら”コーヒーを注文することが多い”といった感じですね。

1杯600円以上するコーヒー、高いと思いますか?

1杯のコーヒーでイメージする金額はいくらくらいでしょうか?

会社や学校で毎日飲む紙カップの自販機50〜80円でしょうか?コンビニの108円コーヒーでしょうか?
スターバックスの350円のコーヒーかもしれませんね。

私の中では1杯600円は普通で800円超えると少し高いかなーって思う感じになりました。

500円超えでも何のためらいもなく何杯も飲めちゃうのは趣味と言える領域までに珈琲が好きになってしまったせいですね笑

趣味と言えるレベルまでカプチーノが好きになったのはタイトルにあります丸山珈琲との出会いによるものです。

今回は私がカプチーノを超好きになった原点であり今尚最高のコーヒーショップとしてヘビーユーズしている丸山珈琲について紹介します!

高品質の珈琲豆は最高に美味しい

丸山珈琲で初めて飲んだカプチーノの味は衝撃的でした。

苦味や雑味がまったくなくフルーティーな味にまろやかな甘み、こんなカプチーノは今までに飲んだ事が無く、常識を覆す味でした。

焙煎、機器、抽出方法にこだわっているお店も多いですが、どれだけ良い設備でうまく淹れても良い豆でなければ限界があるだなと実感しました。

もはやコーヒーであってコーヒーでない

確かにコーヒーなんだけどイメージするコーヒーとは全くの別物でした!

しかもその飲んだコーヒーは独特の風味と甘い味わいのあるゲイシャ種と言われる高級種でした。

ゲイシャコーヒーとは

ゲイシャコーヒーとは価格の高いスペシャルティーコーヒーの中でも最上位に位置する高級種の珈琲豆になります。

ゲイシャも世界各国で生産されているのでゲイシャといっても色々な味がありますが、特徴としてはフルーツ感やフローラルな香りを感じられ、甘みや酸味といった特徴も濃く出ているものが多いです。

高級豆なので取り扱っているお店は非常に限られます。

スペシャルティーコーヒーとは

スペシャルティコーヒーとは品質が確保された美味しいコーヒーです。

生産における地理条件や気候条件、設備や収穫の方法などを認定を受けた国際審査員が審査し80点以上を獲得した豆をスペシャルティコーヒーと呼びます。

スペシャリティーコーヒーはコーヒーだけど全くの別物!

先ほどゲイシャについて説明しましたが、スペシャリティーコーヒーはゲイシャじゃ無くても圧倒的にうまいんです!

ゲイシャはゲイシャでゲイシャの良さがありますが、スペシャリティーコーヒーは全ての銘柄に良さがあります。

一概に高級のゲイシャだから他のスペシャリティーコーヒーよりうまいとはなりません。

シングルオリジンコーヒーとは?

コーヒー好きの方は聞いたことある人も多いと思いますが『シングルオリジンコーヒー』というのはブレンドじゃ無いコーヒー豆の事です。

ブレンドコーヒーっていうのはよく耳にしますがいろんな種類の豆を混ぜたものになります。

一方シングルオリジンコーヒーというのはブレンドをしていない、単一農家の豆のみのコーヒーを指します。

単銘柄のゲイシャ種のみで作るシングルオリジンカプチーノ(ゲイシャ)は至高の味でした。

丸山珈琲のすごいところ7つ

丸山珈琲は雑誌やテレビへの露出も多くなり知名度が上がっていますが大きなチェーン展開はしていないので知る人ぞ知るコーヒー好きの中での有名店という感じになっています。

店舗は甲信越〜関東で現在10店舗あります。
本店は長野県の軽井沢町になります。

また東京の表参道にある店舗ではブレンドの提供はなく、100%シングルオリジンコーヒーという非常にコンセプトの強いショップになっています。
すぐ近くにブルーボトルコーヒーがあってそっちは行列できているんですが、丸山珈琲は座れることも多いので圧倒的にこっちをオススメします。

ブルーボトルも美味しいですけどね!


ブルーボトルのシングルオリジンカプチーノ(コロンビア)

また、丸山珈琲の豆を喫茶で提供しているホテルやカフェも多くなってきています。

今回はそんな私の大好きな丸山珈琲のすごいところ、紹介します。

1. 代表取締役の丸山健太郎氏がすごい

世界有数のコーヒーバイヤーである丸山 健太郎氏

丸山珈琲の代表取締役である丸山健太郎氏はコーヒーバイヤーとして世界的に有名です。

また、下記の役職も務めています。

  • カップ・オブ・エクセレンス 国際審査員
  • ACE(Alliance for Coffee Excellence Inc.) 名誉理事
  • 日本スペシャルティコーヒー協会 会長

小さな街の喫茶店から始まり、世界トップクラスになるという偉業。
ヨーロッパ スペシャルティコーヒー協会 若手起業家賞も受賞しています。

これは余談ですがInstagramでフォローしてもらってめっちゃ嬉しかったです笑

2. 品揃えがすごい

丸山珈琲はスペシャルティーコーヒー専門店としてスペシャルティーコーヒーしか扱っていません

スペシャルティーコーヒーを扱うお店は増えてきましたが100%スペシャルティーコーヒーというお店はかなり希少です。


6月版の銘柄一覧価格表

通常、自家焙煎でこだわっている珈琲店でもスペシャルティコーヒーは数種類、多くても10種類程度が多いんじゃないでしょうか。
常時頻繁に銘柄が入れ替わるにも関わらず常にシングルオリジン20銘柄以上 ブレンドも20種類以上と圧倒的な品揃え。

スペシャルティーコーヒーでなおかつシングルオリジンコーヒーの品揃えがここまで豊富なのはすごいです。本当に。

頻繁に新しい銘柄に移り変わるのでガンガン買っていても全部は買えません笑

3. 設備がすごい(焙煎機、エスプレッソマシン)

丸山珈琲の焙煎機はすごいです。

アメリカ製のローリングスマートロースターを使っています。
非常に高価な焙煎機で品質に妥協しない設備投資の姿勢が伺えます。

エスプレッソマシンも何台も所有していて超高気圧で高品質なエスプレッソを抽出しています。

4. 世界の品評会での入賞ロットがあってすごい

COEの入賞ロットを中心に、世界中のコーヒーバイヤーが参加するオークションで入札を行い数々のCOE1位の豆を落札し、販売しています。

カップ・オブ・エクセレンス(COE)とは

世界11カ国で開催されているコーヒーの品評会で、世界中から国際審査員があつまり厳しい審査を行い点数をつけます。

また、そこでの豆はオークションにかけられ落札されたお金はほぼ生産者に渡ることになるので、生産者も品質の向上に力が入りコーヒー農家の発展にも寄与しています。

直接契約したりして珈琲農家を大事にしているところもポイント高いですよね!

今は珈琲農家やばいのでこういう支援がすごく重要になってきます。

コーヒー先物価格の暴落で苦しむ農家

5. バリスタがすごい

バリスタ育成にも力を入れていて世界大会でも数々の実績を残しています。

中でも有名なのは鈴木 樹バリスタですね!
ジャパンバリスタチャンピオンシップでは3度も優勝し、ワールドバリスタチャンピオンシップでも5位や2位と世界有数のバリスタになっています。

『櫛浜健治バリスタ』『中山吉伸バリスタ』『矢橋 伊織バリスタ』『上山 薫バリスタ』といった大会優勝者が多々在籍しています。

店舗ではワールドクラスのバリスタが淹れたコーヒーを飲めるイベントが定期的に開催されています。

トップバリスタの淹れる珈琲が飲めるのは幸せですねー

6. 高品質な豆が安くてすごい

超お得なシングルオリジン500gシリーズ

丸山珈琲の豆は100gで700〜1000円程度が主流です。
比較的高級なグランクリュシリーズやCOEシリーズでも1000〜3000円程度が多いですね。

その中でも旬の豆を使用した容量500gのお得用のデイリースペシャルティシリーズというものがあります。
ブレンドもありますし、シングルオリジンもあります。

非常にコストパフォーマンスが良いです。

もちろん発売のたびに全種飲んでいますが安いから美味しくないということはなく普通に他の豆と比較しても差がない高品質なスペシャルティーコーヒーになっています。

シングルオリジンのデイリースペシャルティは500gで2,376円!つまり100gで475円

昔はほぼ全種類の豆が500g買えば割引になったのですが今は買う数を増やしても豆単価は変わりません。
そのため、現在のこの500gのデイリーシリーズはめちゃくちゃお得です。

ブレンドなら500g 2,160円でさらに安いですね。
このブレンドもスペシャルティーコーヒーなので美味しいですよ!

こちらはコロンビアのシングルオリジン『アンヘルミロ・ミカアム』とペルーのシングルオリジン『ウィルソン・スカティコーナ』になります。
どちらもこの価格で飲めるのがありがたいレベルのスペシャルティーコーヒーとなっています。

7. 超高級豆も買えてすごい

COE市場最高値 80g ¥18,000 2018年コスタリカCOE1位

丸山珈琲では80gで1万円近い希少なコーヒー豆も取り扱っています。
最近は高級豆でも3500円以内に収めたものが多いですがたまに8,000円とかそういった高級豆も販売されていますね。

私が買った中で一番高かった豆(といってもキャンペーンで超安く提供してもらった)

リカルド・カルデロン ゲイシャ ハニー

COE史上最高値で落札されたコーヒー豆を格安販売していただきました。

これはもう買うしかないと速攻で予約しました笑

落札金額が1kg 73,000円という驚きの価格…落札価格だけでも100g 7,300円と気軽に飲むことのできない高値…

そこに輸送費や人件費、焙煎費用など数々のコストがかかるので通常の販売価格は18,000円になります。
でも数量限定予約で超破格の1/10の値段で買うことができました!最高!

ドリップコーヒーで飲んだりカプチーノにして飲んだりしましたが美味しかったですねー!

80gしかないのですぐ終わってしまいましたがこんな美味しいコーヒーをたくさん飲んでみたい!ってなりました。

最高に美味しいコーヒーを求めて…

丸山珈琲に出会って以来美味しいコーヒーを求めて各地の美味しいお店を巡っています。
美味しいお店はたくさんありますからカフェ巡りはとっても楽しいです。

価格が高いコーヒーが必ずしも美味しいわけでは無い

80g 18000円の高級豆だから1000円の豆と比較して圧倒的に美味しいかというとそんなことはありません。
希少性と評価があれば高くなるのは当然ですが高い=美味しいではありません。

市場の価格と美味しさが完全に一致するわけではないですからね。
単純に高い豆だから美味しいんだっていうわけではないです。

だけど金額の高い高級豆は認められているだけあって美味しいものが多い

でも高いコーヒーは多くの人やプロの審査員、プロバイヤーに価値を認められた豆ということもあって美味しいです。

他の豆よりもフルーティー感が強かったりフローラルな香りが強かったり、色々な味があって本当に楽しいんですよね。

コーヒーの好みはいろいろ

また、味わいの種類が数多くあるため人それぞれの好みがあります。
スペシャルティーコーヒーには数多くの味があります。

品揃えが良く、店員の知識レベルも高い丸山珈琲は初心者にもオススメできます。

自分はこんなものが好きだと言えばそれにあったものをオススメしてくれますし、試飲できるコーヒーも数多く置いてあります。
また、この豆を飲んでみたいと言えばテイスティングもさせてくれたりと至れり尽くせり。

丸山珈琲がおいしくないという人もいる

丸山珈琲の豆は鮮度が良いという点と、ドリップではなくフレンチプレスをメインとしているため油分が非常に多いです

この油分がイチオシということですが中には苦手な人もいます。

フレンチプレスが好きでない人は丸山珈琲のコーヒーが美味しくないと感じたりもするみたいです。

そういう方は試しにサイフォンやドリップで淹れてもらうのがオススメです。
(店舗によってはサイフォンなどのサービスはないですが)

あと非常にあっさりと飲みやすい感じのコーヒーが多いため、物足りない人もいますね。

繊細な味が楽しめるよう浅煎り〜中煎りが多いので、しっかりとした濃い感じのコーヒーが好きな方は深煎りのものを選ぶといいでしょうね。

自分の好みのコーヒーを探そう

自分の好みがわからないって人は店員さんと自分の好みにあった豆や抽出方法を探すのも楽しいですよ!

私はエスプレッソ+ミルクが大好きなのでカプチーノメインなので単純にエスプレッソマシンのランクに左右されるだけなんですが、シンプルなコーヒーだとドリップひとつとってもペーパードリップ、ネルドリップを始め色々な種類を探す楽しみがありますね。

抽出機器もたくさんの種類がありますのでいろいろ試してみるのが良いと思います。

次回のコーヒー記事では美味しいコーヒーショップの見分け方について記事を書きたいなと思っています。

またよろしくお願いします!