世界一周とか日本一周とか。行ったことない場所に行くのが好きです。

ブログの広告を削除したらPVが倍になった

広告はない方がSEOに良い?

先日のGoogleコアアップデートについて、Googleウェブマスター向け公式ブログにあるこの部分。

コンテンツに、主要なコンテンツを妨害したり注意をそらしたりするほどの大量の広告が掲載されていないか?

コンテンツを妨害するほどかどうかは微妙ですがプラグインデフォルト挿入だとちょっと多くて見にくいですし邪魔になっているのは間違いないだろうなぁと思います。

記事中に広告が何個も挿入されているのは間違いなくコンテンツの妨害、注意を逸らすに該当すると思います。

SEOは閲覧者のためのもの

そもそもSEOの目的はサイト運営者のウェブサイトのアクセスをアップさせるためのものではなく、閲覧者の要望に応える事が目的なんですよね。

サイト運営者がGoogle検索で上位に来るようにSEO対策をガチガチに固めて1位表示させたとしても、それが本当に検索したユーザーが求めるものかどうかはまた別の話です。

しかし、『SEO対策=ユーザーのため』が進めば進むほどサイト運営者もユーザー目線でのサイト運営になっていきますよね。

今後はユーザー重視が加速する

Googleは検索満足度を上げるためにアルゴリズムを変化させ、ユーザーが見たくないであろうサイトの掲載順位を落としたり、目的を達する事ができるサイトの順位を上げたりしています。

このアルゴリズムを解析して上位表示させようとする人たちもおり、いたちごっこの状態が続いていますが、どのような対策を行っても”ユーザー重視”が必要というのはこの先必須になるのは間違い無いでしょう。

ユーザー重視のサイトに広告はいらない

広告は邪魔・うざい

「広告だって役立っている」という意見は多いですが、多くの閲覧者からしたら広告はノイズでしかないのは間違いありません。

うっかりクリックしてしまうのも不快ですしね。

また、広告が記事中にベタベタ貼られている事で内容も読みにくくなり、メインコンテンツに集中する事ができません。

Googleのサジェストにもブログ広告って入れると「うざい」が出てくるくらいには嫌われてるんだろうなとは思います。

広告は表示も遅くする

今はスマホの所有率も上がりスマホでの閲覧者が一番多い状況です。

そんな中、スマホユーザーはモバイル回線で見ている人も多く容量を節約したい人や料金を節約したい人は格安SIMや格安プランを使っているため表示の遅いサイトや重いサイトを嫌う傾向にあります。

3秒以上かかるサイトは開く前に帰る人が多いです。

またGoogleも表示速度が遅いサイトの順位を落とすようにしています。

広告は利便性を著しく落としている

広告により見にくくなったり表示速度が落ちたりして利便性が落ちていることは確かです。

そのうえで運営に必要な収入を広告でまかなうというのは否定しませんし、Googleも否定しているわけではありません。

ただ、広告がベタベタ貼ってあるサイトと広告ゼロのサイトでは間違いなく広告ゼロのサイトの方が利便性が高くなり、評価されます。

コンテンツブロッカーもある

iOSにコンテンツブロッカーが搭載されて以降広告ブロック利用者も圧倒的に増えました。

アドブロックやトラッキング防止などで正確に測れない部分も多くなってきていると思いますが

GoogleアナリティクスのPV数とアドセンスベタベタに貼った時のアドセンスPVと比較してみると圧倒的にアドセンスPVが少ないです。

サイトにもよります

これはもちろんサイトにもよるので一概には言えません。

私のサイトはAppleカテゴリをトップに持ってきておりPVのうちの1/3以上はアップル関連コンテンツへのアクセスとなっています。

Appleユーザーのアドブロック率が高いので集客コンテンツの広告がブロックされるので、結果としてSEO評価を落としてまで入れた広告がブロックされ、広告収入も低くなるという広告に向かない構成になっています。

広告を消したらPVは倍になった

広告を10月前半に全て消して、10月中頃からブログもTwitterも更新を停止しました。

そのまま1ヶ月放置していましたが検索数もPVもどんどん上昇して広告停止前よりも倍に増えました。

↑グラフの真ん中あたりで広告削除して更新停止しました

必ずしも広告削除したらPVが上がるというわけではない

確かにこの結果からしたら広告を削除したことによって上がったように見えますがそれだけが原因というわけではない気もします。

Googleサーチのアップデートもありましたし広告を削除していなくても上がってきていた場合はあります。

とはいえ広告を削除してブログの更新を停止したにもかかわらずアクセスが倍になったので多少なりとも効果はあったんじゃないかなと判断します。

アドセンスを停止してブログ運営する意味はあるのか

ブログ運営開始から約4ヶ月が経ち、記事数も100記事達成が見えてきました。

アドセンスには1ヶ月経ったあたりで合格して、現在月額4桁安定かなっていうレベルです。

毎月100~200%程度の収益上昇率だったのでこのまま行けばそこそこの収入になる?なんて思いましたが、広告停止するとスタート以前の位置に戻ってしまいますね。

広告0、ブログ収入0円に

収入としてあてにしてないとはいえ、今後まったくの利益享受なしでブログ運営のモチベーションを保てるかと言われると微妙なところもあります。

現状では広告を撤廃してアドセンス収入は0になりますがPVが上がってサイトの評価が上がるかどうかを確認したいなと思っています。

現在の判断としては広告の撤廃を選択しましたが、今後ブログのアクセスが軌道に乗ったりすれば記事中には貼らずに、サイドバーやヘッダーなどコンテンツの邪魔にならないレベルでは広告を再開してもいいのかなとは思っています。

検索評価の変化など、様子を見て判断したいと思います。

2019.11 一時的に広告復活させてみます。

広告を消すことでアクセスが上がったのは確認できたので広告を一部復活させます。

記事中への広告は上記でも挙げたように見辛くなるし重くもなり、閲覧者へのデメリットが大きいです。

Google AdSenseで新たに解放された『広告掲載の自動化』機能に限定して設置しました。

広告掲載の自動化とは?

ヘッダーに一つのコードを入れるだけで完全自動でいい感じに広告を配置してくれるという便利な機能です。

Googleの提供しているものなのでブログの評価が落ちるような場所へは配置しないだろうし閲覧者の邪魔になるような場所も避けてくれています。

実際に配置してみた感じ見る方も公開する方もデメリットのないWin-Winの設置広告なんじゃないかなぁと思っています。

またこれで数ヶ月間様子を見てみたいと思います。