Uberタクシーは犯罪に巻き込まれやすい?海外で安全に利用する方法や配車キャンセル方法を解説

先日Uberで発生した性的暴行が年間3000件という衝撃的なニュースが話題になりました。

Uberは世界中で使用されている配車アプリでご存じの方も多いと思います。

今回は下記のテーマについて解説します。

  • Uberは本当に危険なのか
  • 海外で安全に使う際に気をつけること

Uber 安全報告書

事故件数が発表されたことで反響を読んだUberの安全報告書について見ていきます。

今回このようにUberがデータをはっきりと提示してきたのは企業として評価されるべきことだと思います。

今回はこの安全報告書のデータからみたUberの危険性と安全に使うための方法をご紹介します。

Uber 安全報告書は下記リンクから見ることが出来ます(英語)

Uber’s US Safety Report

Uberは登録制だが抜け穴も多い

Uberは顔写真を登録しているがあくまでもすべて個人事業主です。

雇用されているわけではないのでUberの管理は非常に甘くならざるを得ません。

登録している本人とは別の人物がドライバーとして働いているという現状もあるようです。

本当にUberは犯罪に巻き込まれやすい?

比率としては極わずか

報告書では23億に上る利用回数の99.9%以上は安全に利用できたとしていますが母数が大きくなればなるほど件数が増えるのは当然とも言えます。

性的被害にあった件数は全体から見れば0.0001%だから良いとは言いませんが、Uberじゃなかったらどうでしょうか?

タクシー犯罪は多い

普通のタクシーなら?ぼったくりタクシーもありますしタクシーを装った犯罪者もいます。

無許可タクシーも多い現状ではUberだけに危険があるとは言えません。

Uber以外のすべてのタクシーの統計と比較して比率を見ないことにはUberが危険というレッテルを貼るのは賛同できません。

日本と違って海外では他人と車という密室空間に入る以上危険は必ず存在します。

そのためUberを使わずに白タクを利用しても犯罪に巻き込まれる可能性はあります。

半分近くは乗客が加害者

なんとなくUberが危険という印象のある報道ですが、報告書を見るとドライバーが乗客を襲った件数も多いですが逆に乗客が加害者である事件が45%もあります。

ドライバーとして働く場合も危険があるということですが、これは自分が利用者として見た場合は更に確率は下がるということになります。

Uberの便利さと安全対策について

個人的にはUberは海外に行くには必須だと思っています。

利便性もさることながら安全性にも配慮されています。
(安全対策により性的被害を大きく削減したと上記の報告書でも挙げられています)

とはいえタクシーにしてもUberにしても100%の安全を確保することは現実的に不可能です。

その中でUberを少しでも安全に利用するためには評価を重視するのが一番だと思います。

評価確認後の配車のキャンセルで安全安心

Uberではドライバーとのマッチングが確定する前はもちろん、ドライバーが確定した後もキャンセルが可能です。

評価を重視して利用することで安全性をより高めることが出来ると思いますので配車キャンセルについてご説明します。

評価を見てからキャンセル

アプリで配車依頼を出し、ドライバーが確定した後にドライバー詳細が表示されます。

ドライバーの評価がすぐに確認できるので評価が悪い場合はキャンセルしてしまいましょう。

キャンセル料について

キャンセル料がかかる場合があります。
これはドライバーがすでに向かい始めていた場合は迷惑をかけてしまうので仕方がないですね。
とはいえドライバーが確定してからすぐに行えばキャンセル料はごく僅か、または無料です。

キャンセル方法

アプリから簡単に行なえます。

  1. アプリを開く
  2. ドライバー情報を選択
  3. 【乗車をキャンセル】を選択
  4. キャンセル料金が表示されるので【はい】

これでキャンセルが完了します。

ドライバーの評価基準

次はどれくらいの評価だったら安心できるの?という話です。

正直な話、評価が高いから間違いなく安全ということはありません。

とはいえ評価が高い人ほど安全なのは間違いありません。

未評価は危険

本当にはじめて間もない新規ドライバーは評価が表示されません。

この状態は素性が全くわからないためキャンセルを推奨します。

もちろん比率からしたら高確率で安全なのですが、評価の見えているドライバーと見えていないドライバーで比較した場合は危険性が高くなります。

評価基準は4.8以上

評価を受けた回数にもよりますが、評価1を一度でも受けていればドライバー評価は4.75以下になっている可能性が高いです。

評価1というのは犯罪紛いなことでもしなければなかなかつきません。

必ずしも4.6以下のドライバーが悪いとは言えませんがどうしても不安という人は評価を見てキャンセルしましょう。

4.91以上が最も安全

4.91以上が最も安全性が高い優良ドライバーです。

とはいえあまり評価基準を上げすぎるといつになってもマッチングできずにキャンセル連発で迷惑をかけてしまうので高評価が出るまでキャンセルを繰り返すというのはやめたほうが良さそうです。

5.0より4.98のほうが良い

星5ドライバーが一番良いのかというと必ずしもそうでもありません。

5.0というのはなかなか出しにくく、出ている人はUberはじめて間もない人に多いです。

5回だけ人を乗せて全部星5なら評価は5になりますが次の6回目に星4受けたら4.83になってしまいますからね。

しかし4.98というのは100回乗客を乗せて星4を2回か星3を1回で、他はすべて満点みたいな状態なので比率的に評価の安定性が非常に高いです。

評価確認で安全利用を!

Uberにはまだまだ多くの問題が残されています。

とはいえ日本のように治安の良い国ではないためUberに限らずタクシーでの犯罪被害は起こり得ます。

少しでも犯罪に合う可能性を減らすためにしっかりと評価を確認して安全に利用しましょう!

ドライバーじゃなくて自分の評価も大事

今回はドライバーの評価を見て安全にっていう話ですが、ドライバー側も乗客の評価を見ています。

運転手によっては評価の低い乗客の場合はキャンセルして乗車拒否することも可能です。

上記の安全報告書では乗客からドライバーが襲われるような事件も多数発生しているので私たち乗客が評価を気にして身を守ろうとするのと同様にドライバーも自分の身を守ろうとします。

また、評価の悪い客は多くのデメリットをもたらします。

自分の評価の確認方法や評価を上げる方法については下記の記事に詳しく記載してあります。

紹介コードで初回乗車無料

もしUberを利用する人がいましたら紹介コードをご利用ください。

アプリダウンロードして会員登録後、左側のメニューのクーポンっていうところにこのコードを入力すれば初回乗車が無料になります。

紹介コード:huc35y