世界一周とか日本一周とか。行ったことない場所に行くのが好きです。

Youtubeで4Kや8Kが見れない?対策法について

Apple製品からだとYoutubeの4K動画や8K動画が観れない!

せっかくディスプレイが高品質なのに肝心のコンテンツが観れないと悲しいですよね。

Safariの表示は1080Pが上限

普通に高解像度対応のYoutube動画を開いただけでは1080p(フルHD)が上限になっています。

歯車マークから画質設定を行っても1080Pまでしか出てきません。

拡大しなければ1080Pでも十分に綺麗ですがディスプレイが16インチとかになってくると拡大表示したときはちょっと物足りない感じがします。

できれば4Kや8Kで表示したいですよね。

Google Chromeを使えば8Kでも観れます

まずはGoogle Chromeをインストールします。

Google Chromeのダウンロードはこちら

ChromeでYoutubeを開く

ChromeでYoutubeを開いて歯車マークから画質設定を見ると…

4Kや8Kが選択できるようになっています!

iPhoneやiPadではみれない

残念ながらYoutubeアプリの上限が1080Pになっている以上iOS端末でYoutube動画を4K(2160P)以上の高画質で見ることはできません。

iPad Proの12.9インチのRetinaディスプレイで高画質な動画見てみたいですがYoutubeの高画質動画は見る事ができません

また、iOSのChromeアプリを利用しても見ることはできません。

何故観れないのか?

GoogleのVP9に対応していないから

VP9とは?
VP9はGoogleが開発しているオープンでロイヤリティフリーな動画圧縮コーデック。VP8の後継である。コンテナとしてはWebMなどを使う。
2011年第3四半期に開発が始まった。VP9 の開発目標は、同じ画質で VP8 の半分のビットレートにすることと、H.265 よりも効率の良いコーデックにすることであった。

Appleの利用するコーディックは『H.264』です。
(カメラの撮影機能もH.264を使用していますね)

YoutubeではGoogleのVPコーディックが利用されています。

他のブラウザは対応しているもののAppleのSafariだけはVPコーディックに対応していません

Youtubeで4K以上の高画質動画のH.264エンコードをやめたため、Appleのソフトウェアでは高画質再生ができなくなっているんですね。

AppleがVPコーディックに対応してくれればいいんですけどね…

この問題はもう2年以上続いていますのでそろそろ解決してほしいところです。

5Gになるとミュージックビデオなども8K動画が主流になってくるかもしれません。

今後高画質動画の需要はどんどん高まっていくと思います。