Premiere Rushならスマホだけで動画編集が完結【初心者に最適】

Premiere Rush

Premiere Rushってどんなソフト?便利なの?

Premiere Rushは撮影、編集、共有まで全部できるアプリだから基本的な動画編集はスマホにRush入れるだけでできるよ!

Premiere RushはPremiere Proの半額以下のわずか月額980円で使うことができます。
Adobe CCコンプリートプランなら追加料金なしで使えます)

Premiere ProじゃなくてRushでもいいのかな?どんなことができて、どんなことができないの?っていう以下のような疑問にお答えします。

  • Premiere Rushでできること
  • Premiere Rushじゃできないこと
  • プロクリエイターがRushを使わない理由

Premiere Rushってなに?っていう人向けにわかりやすくRushの魅力やデメリットをお伝えします。

Rushをお得に買う方法はこちら。

目次

Adobe Premiere Rushとは?魅力とできることを解説

Adobe Premiere Rushとは?魅力とできることを解説

Adobe Premiere Rushは初心者でも簡単に動画編集ができるソフトです。

iOSアプリ、Androidアプリ、macOSソフト、Windowsソフトが用意されており、データをクラウド保存に限定することで多くのデバイスでシームレスな動画編集ができるのが最大の特徴。

Premiere Rush最大の魅力は簡易さと携帯性

Premiere Rush

Premiere Rushは動画編集に必要最低限の機能を備え、簡単な操作だけで思い通りの動画を作ることができます。簡易ソフトとはいえ基本的な動画編集で必要な機能は揃っているのでプロでもなければ困ることはないでしょう。

そしてPremiere Rushは撮影から編集、共有まで一つのアプリで一貫して行えます

動画編集データは全てクラウドに保存されているので外出先ではiPhone、帰宅後はmacで編集を続行するという感じでファイル保存や環境を意識すること無く作業できます。

Premiere Rushでできること

「Premiere Rushだけでも十分動画編集はできる」とはいえ具体的にどんなことができるのか知りたい方も多いと思うので具体的な機能を紹介します。

Premiere Rushに搭載されている機能

  • タイムライン
  • ファイル挿入(撮影・カメラロール・クラウド)
  • レイヤー
  • カット編集
  • テロップ追加
  • テキストタイトル追加
  • 動画全体の色みを調整
  • スピード調整
  • 音声編集(ダッキング、ボイスオーバー)
  • 音楽追加
  • トランジション
  • トリミングして動画を書き出し(Instagram、Tik Tok YouTubeなど)
  • Premiere Proとの連携

タイムライン上に動画、音楽、音声、グラフィック、テキストを自由につないでいくことができますし、クリップのカット編集も容易。プリセットを選ぶだけで動画の切り替え時にエフェクトを追加したり、全体の色味を変えたりすることもできますよ。

音声関係では「後から音声を追加するボイスオーバー」や「環境音などを小さくするダッキング」などが使えます。

そして完成した動画は「インスタのストーリー」「YouTube」「Tik Tok」など最適なサイズで書き出してそのまま投稿できます。

Premiere ProとRushの使い分け

Premiere Rushと違い、Premiere Proは多機能なので覚えることが多いですが動画編集でしたいことはなんでもできる万能動画編集ソフトです。

正直Premiere ProがあればRushは不要

しかしPremiere Proはアプリが存在しないので、外出先でiPhoneやiPadを使って編集したいときにはRushがあると便利。

Premiere Rushの使用シチュエーション図解

Premiere Rushで途中まで編集しておいてPremiere Proで続きを仕上げるということもできるので「動画編集のモバイルアプリが欲しい」という人はPremiere Proを使っていてもRushを使う価値があります。

Premiere Rushにできないこと

Premiere Rushにできないこと

Premiere Rushは初心者でも簡単に操作できるし、スマホだけで動画編集できる素晴らしいソフトです。

しかし実際の現場ではRushは使われず、Premiere Proばかりが使われます。

なぜプロのクリエイターはRushを使わずにProを使うの?

Rushはあくまでも簡易版だからです。Rushにできないことを解説します

Premiere Rushのデメリット

Premiere Rushは基本的な機能は網羅していますが、以下のことはできません。

  • 保存先がクラウドのみ
  • 書き出しがH.264のみ
  • 解像度が最大 2160P
  • レイヤー数の上限が4つまで
  • スペックが低いとフリーズする
  • AI機能を使った自動処理が行えない

Premiere Rushは簡易編集アプリということで本格的な機能は求められていないので、普通に使う分には問題ありません。

しかし、動画編集したデータをパソコン本体に保存することができなかったりレイヤー数や解像度に制限があるので本格的な動画編集には向いていません。

制限があるとはいえ普通の動画編集ではレイヤー5つも使わないし、解像度も4Kあれば十分です。

モバイルアプリとはいえ必要スペックは高い

Premiere Rushはスペックが要求されるアプリなので最新端末を使用しないとフリーズしてアプリが落ちるという点に注意。

iPhone 12 Proでも長い4K動画だと普通に落ちます。長い動画を作るなら迷わずPremiere Proで作成しましょう。

Premiere Proはデスクトップソフトなのでスマホと比べると軽いですが、推奨スペックはそこそこ高め。

参考:MacのPremiere Pro推奨スペック

最先端AI機能(Adobe Sensei)が使えない

Premiere ProにはAdobe Senseiと呼ばれるAI機能が搭載されており、以下のような作業を自動で行うことができます。

  • 映像の最適な編集ポイントを自動で選択
  • 動画の動きに合わせてトリミング位置を自動決定
  • 複数クリップの色を判断し自動で色味調整

Adobe Senseiによる自動機能で面倒な作業が効率化されます。

日々アップデートで最新機能が追加されるPremiere Proと比較するとRushは必要最低限だけの機能なのでちょっと見劣りしてしまいますね。

動画編集スキルを取得したいならPremiere Rushはやめておこう

動画編集スキルを取得したいならPremiere Rushはやめておこう

プライベートで動画編集をしたいだけで仕事にするつもりはないというならRushでOKですが、動画編集を学んで転職や副業に役立てたいと思っている人はPremiere Pro以外の選択肢はありません。

あくまでもRushは簡易版です。Premiere Rushをメイン編集ソフトとして使用するのはおすすめしません。

Premiere Rushを使うべきでない理由

動画編集を学びたいと思っている人がRushを使うべきでない理由は以下のとおり。

  • 機能が不足している
  • スキルの市場価値が低い
  • 作業効率の悪化で時間の無駄

普通に動画編集するには十分な機能が備わっているとはいえ、Proと比較したら機能不足は否めません。

そしてなによりも業界標準のPremiere Proと違ってRushには市場価値がありません。

クラウドソーシングで動画編集をやろうと思ってもPremiere Proでの編集が条件になっているものが多いですし、転職の際もPremiere Proが使えるという方が1000倍優遇されます。RushでもOKというクライアントを探すのは一苦労でしょう。

参考:クラウドワークスで動画編集は初心者OK! YouTube案件がおすすめ

Premiere Proは費用対効果が高い

わざわざ機能制限された下位ソフトを使うのは結果として時間の無駄。

  • 自身の市場評価が上がらない
  • 作業効率が悪く作業に時間がかかる
  • 操作方法を覚えるのにまた時間がかかる

動画編集を学びたいと思っているのなら最低限ソフト代くらいは投資しましょう。

Adobe CCを安く買う方法を使えば全ソフトが月3000円ちょいで使えるので得られるスキルを考えたら破格の投資効率です。

Premiere Proの使い方を覚えたあとであれば簡易版であるRushの使い方に迷うことはありません。外出時はRush、その他はProという使い方が簡単にできますよ。

仕事にしないならPremiere RushでOK

動画編集スキルを得たいという気はなく、簡単に動画編集ができればいいっていう人はPremiere Rushのみの購入でOK

価格については後述しますがPremiere Rushは単体であれば月額980円で利用することが可能です。

  • パソコン不要
  • スマホだけで簡単に動画編集
  • 必要最低限の機能は全部ある

仕事にしないのであれば動画編集で困ることはめったに無いので、前述したRushのデメリットを許容できるのであれば低価格のRushを選ぶのもあり!

\無料体験版あり!/

Premiere Rushを安く買う方法

Premiere Rushを安く買う方法

Premiere Rushを単品で購入できるのは公式サイトだけ。

Premiere Rush 980(税込1,078円)

単体で買うのが一番単価は安いですが、コスパ的に考えるともっとお得な方法があるので合わせてご紹介します。

Adobe Premiere 価格比較

Premiereシリーズの価格は以下のとおりです。

価格比較表(税込)を参考にしてみてください。

ソフト名価格(月)価格(年契約)
Premiere Rush1,078円11,760円
Premiere Pro2,728円28,776円
コンプリートプラン6,248円72,336円

コンプリートプランであればPremiere Pro & RushだけでなくAfter Effectsなど全Adobe CCソフトが使用可能です。

しかし、年間7万越えは高い

でも実はコンプリートプランは安く買う裏技があるので月額3,331円で購入可能です

Adobe CCを安く買う方法

有名な方法なので知っている人も多いかもしれませんが安く買う方法とはAdobe公認スクール経由で学割購入する方法

オンラインのAdobeスクール経由で買うと「格安学費+Adobe CC1年分」で39,980 月額3,331円相当です(学生じゃなくても購入OK)

Premiere ProとAfter Effectsを買うだけで5000円越えなので動画編集を始めたいならこの方法一択。

Premiere Rushを購入する方法まとめ

Premiere Rushを購入するのは以下の3パターンから自分にあうものを選べばOK

他のAdobeソフトの価格をもっと詳しく知りたい場合は以下の記事も合わせてご覧ください。

>>Adobe CC価格

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる