Adobe ccの価格を超わかりやすく解説 【図解あり】

Adobe ccの価格を超わかりやすく解説

Adobe CCって種類多すぎて価格がどうなってるのかさっぱりわからん…

Adobe CCの値段設定はいろいろあってわかりにくいので『あなたはどれを買うべきか』を超わかりやすく解説します

AdobeCCどれを選ぶべきかフローチャート

Adobeのソフトウェアの販売形態について

  • 契約不要のパッケージ版(CS)
  • サブスクリプションタイプ(CC)

買い切りとなるパケージ版のCSシリーズは販売終了しており現在購入可能なのはサブスク形式のAdobe ccのみになります。

詳しくは後述します。

目次

Adobe CCの価格を徹底解説

Adobe CCの価格を徹底解説

Adobe Creative Cloud(Adobe cc)の料金プランは大きく分けて3種類

Adobe Creative Cloud料金プラン3種類

結論から言うと単体プランを2つ契約するより全ソフト利用可能なコンプリートプランのほうがお得

2つ以上のソフトを利用したい人はコンプリートプランを選びましょう。

ソフトを1種類しか使用しない場合は単体プランが一番安くなります。

Adobe CC 価格一覧表

スクロールできます
プラン名月々プラン年間プラン
(月払い)
年間プラン
(一括払い)
単体プラン¥3,828/月¥2,728/月¥2,398/月
フォトプランなし¥1,078/月¥1,078/月
コンプリートプラン(通常)¥10,280/月¥6,480/月¥6,028/月
コンプリートプラン(アカデミック)なしなし¥3,331/月
ひと月あたりの価格

価格表を見てもらえば一目瞭然ですが、年間プランの一括払いがもっとも単価が安くなります。

Adobe CCの価格は契約形態によって価格が変化します。

契約プランの支払い形態契約更新料金の支払い価格
月々プラン毎月更新毎月払い高い
年間プラン(月払い)年間更新毎月払い普通
年間プラン(一括払い)年間更新一括払い安い

月々プランは更新月が翌月だからいつでも解約が可能なのがメリットですが、料金が高いデメリットがあります。

コスパの観点で見て圧倒的にお得なのが、すべてのAdobe CCソフトが使えるアカデミックプラン(一括払い)です。

年間プランは1年後の解約月にしか解約できず、中途解約には違約金(残り代金の50%)が発生するデメリットがありますが、価格が圧倒的に安いので継続利用するのであれば年間プランを選びましょう。

Adobe公認スクール経由で購入できるアカデミックプランがお得

コンプリートプランは公式サイトから普通に購入すると72,336円/年ですが、Adobeの公認スクールで購入すると39,980円/年で購入する事が可能。

これは社会人でもAdobe公認のオンラインスクールに入ることでAdobe CCを学割購入できちゃうという超お得な裏技。

ちなみにアカデミック版とはいえ、ソフトは100%同じで差異は1つもありません。また、利用制限もありません。

購入先年間料金月額換算
公式サイトで通常購入¥72,336/年¥6,028/月
公認アカデミックで購入¥39,980/年¥3,331/月

オンラインアカデミー版は更新契約が無いため違約金は発生しませんが年間一括払いのみになります。

コンプリートプランの詳細

オンライン講座+Adobe CC1年分がついて普通に買うよりも安くなるのでこれを買うのが一番安いっていうのは間違いありません。

Adobe公認スクール アカデミックプランについてはAdobe CCを安く購入する方法の記事でわかりやすく解説しているので詳細は以下の記事をご覧ください。

なんでそんな安くなるん?なにか罠があるの?

Adobe社公認のオンラインスクールだから学割価格で買えるんだよ。ただスクールってことで法人名義では買えないのでそこだけ注意

Photoshopが最安で使えるフォトプラン

フォトプラン

フォトプランはPhotoshopとLightroomのセットがお得に利用できるプランです。

Photoshopしか使わないって人はこのプランが最安。

プラン比較年間プラン
(月払い)
通常単体プラン¥2,728/月
フォトプラン¥1,078/月

お得なフォトプランですが少しだけデメリットもあります。

フォトプランのデメリット

  • PhotoshopとLightroom以外のソフトは利用できない
  • 年間契約のプランしかない(月々プラン無し)
  • オンラインストレージが20GB(通常は100GB)

Photoshopしか使わない人にはあまり関係のないデメリットなのでPhotoshopしか使わないのであればフォトプラン一択です。

単体プランと違いオンラインストレージが20GBになってしまいますが、プラス1,078円で1TBの容量を追加することができます。

単体プラン価格詳細

単体プランはソフト1つのみの契約になります。

一部のマイナーソフトは少し安くなっているのでソフト個別の価格表も記載しておきますね。

ソフト名月々プラン
月払い
年間プラン
月払い
年間プラン
一括払い
Photoshop3,8282,72828,776
Illustrator3,8282,72828,776
InDesign3,8282,72828,776
Premiere Pro3,8282,72828,776
After Effects3,8282,72828,776
Dreamweaver3,8282,72828,776
Dimensionなし2,72828,776
Animate3,8282,72828,776
Audition3,8282,72828,776
Creative Cloud Expressなし1,07810,978
Premiere Rushなし1,07812,936
Lightroomなし1,07812,936
Acrobat Pro2,9481,73820,856
Adobe XDなし1,29810,978
InCopy9686386,336
すべて税込

一部ソフトは料金が安くなっていますが主要なソフトは高いですよね。

コンプリートプランは定額でこれらすべてのソフトが使用可能と考えると超割安。

使えるソフトの詳細はこちら
>>Adobe CCで使える全ソフトおよび全サービス解説

学生や教職員の学割価格

学生・教職員の場合はAdobe Creative Cloudコンプリートプランを月額26,136円(税込)で利用可能です。

初年度割引もあるので学生や教員の場合はAdobe公式サイトの学割で購入するのが一番お得。

ただし学校発行のメールアドレス・学生証や教員証の提出が求められます。

学生じゃない場合は前述したデジハリたのまな等のAdobe公認オンラインスクール経由で購入すれば学割価格で購入可能なのでご安心ください。

オンライン講座料金+Adobeコンプリートプラン(1年分)で39,980円(月額3,331円相当)

法人のグループ版の価格

法人向けにグループ版が提供されています。

グループ版はライセンス管理機能とプレミアムサポートが付属しますが価格は通常よりも高くなっています。

100万円以上のライセンスを購入する場合はライセンス数に応じて割引がありますが、ある程度大きな企業向けです。

Adobe 動画編集ソフトの価格について

Adobe CCの動画編集ソフトはたくさんあって、単体プランが良いのかどれを選べばいいか迷っちゃいますよね。

主な動画編集ソフトの価格は以下のとおり。

動画編集ソフト月額料金
Premiere Rushロゴ
Premiere Rush
¥1,078/月
Premiere Pro ロゴ
Premiere Pro
¥2,728/月
After Effects-ロゴ
After Effects
¥2,728/月
animate ロゴ
Animate
¥2,728/月

Premiere Rushが安いから選びたくなっちゃうんですが、動画編集には『Premiere Pro』と『After Effects』の両方を使うのが基本になります。

そしてPremiere ProにはRushが付属しています。

これらの動画編集ソフトは単品プランでの購入も可能ですがコンプリートプラン推奨です。

アニメーション動画を作成したい場合はAnimateが便利。

DTP関連ソフトの価格について

印刷関連(DTP)で利用される主なソフトは下記の3つ

DTP関係ソフト月額価格
Illustratorロゴ
Illustrator
¥2,728
Photoshop
Photoshop
¥2,728
InDesign ロゴ
InDesign
¥2,728
InCopy ロゴ
InCopy
¥638

印刷業務を行う場合も単体プランでは足らないことが多いのでコンプリートプランを推奨。

1枚ものはIllustratorのみでも十分ですが、ページものはやっぱりInDesignが便利。

InCopyは安いですが閲覧・校正用のソフトなので編集作業はできません。

Adobe Fontsなどのサービス関連の料金

Adobe CCにはソフトウェア以外に以下のWebサービスも含まれています。

コンプリートプランおよび単体プランに付属しているのでどのプランを選んでもOK

サービスのみ最安でほしいという人はInCopyを選べば月額638円でAdobe FontsおよびPortfolioが使えます。

とはいえInCopyは使いみちが限られるのでフォトショが使える月額1,078円のフォトプランが一番無難です。

Adobe CSシリーズの価格(旧シリーズ)

Adobe CSシリーズの価格(旧シリーズ)

冒頭でも少し触れましたが、パッケージ版は平成24年に完全に終了しています。

CSシリーズはパッケージを購入すればその後ずっと使えてお得に見えるかもしれませんが実は結構割高でした。

Adobe CS6シリーズの価格一覧

CS6 パッケージ版価格
Photoshop92,400円
Photoshop Extended131,250円
Illustrator78,750円
InDesign93,240円
Premiere Pro98,175円
After Effects131,250円
Audition40,950円
Dreamweaver49,875円
Master Collection334,950円
Master Collectionは現在のコンプリートプランと同じ全部入り

現在でもCSシリーズを欲しがる人もいますが、実はパッケージ版の価格は上記のようにかなり高くなっており10年以上使い続けなくては元が取れません。

さらにアップデートも有料だったため、最新機能を使おうとすると定期的にアップデート料金が必要になっていました。

CSシリーズを買うべきでない3つの理由

CSシリーズの致命的なデメリットは主に下記の3つ

  • 価格が割高
  • アップデートできない
  • サポートされていない

この他にもデメリットは多々あるんですが、特にこの3つが大きいですね。

CSシリーズの後継である現在のCCシリーズですが、販売当初は5,000円でしたが現在では値上げされ5,480円となっています。しかしオンラインアカデミックを利用することで3,000円になるのでパッケージ版ほどの割高感は感じません。

コンプリートプランは10倍以上の価格、33.5万なので10年以上使わないと元が取れません

パッケージ版は購入後ずっと使えるんですがアップデートできないため旧世代の機能しか使用できません。

最新のAdobeSenseiの恩恵を受けることが出来ないというのはかなり致命的。

さらに致命的なのがサポートが終了しているという点。

最新のOSで使えないからと古いパソコンを使い続けている人もいますが…セキュリティ的に危険です

2019年以降のmacOSでは起動すらできないのでAdobe CSシリーズは現行のMacでは完全に使えません。

結論、CSシリーズをいま買うのはNG!
最新のCCシリーズを買いましょう

あなたに最適なAdobe CCの料金プランは?

AdobeCCどれを選ぶべきかフローチャート

最後に価格を抑えつつ、もっともお得に買う方法をまとめます。

このように選べばOK

フォトショップしか使わない場合

基本的に私が勧めるのはフォトプランorコンプリートプランの2択です。

フォトプランは単品プランと違ってコスパが高いのでフォトショだけでいいっていう場合はフォトプランがピッタリ。

フォトプラン:月1,078円

コスパ最強はコンプリートプラン

コンプリートプラン

コンプリートプランであればAdobe CCソフト全種類が利用可能に!

『Illustratorしか使わないから』とか『Premiere Proしか使わない』なんて言って単品プラン使うと後悔することが多いです。

単品プランで後悔する理由BEST3
  1. 別の事もやりたくなった
  2. ソフトの使い分けが必要
  3. ソフト単品では出来ないことがある

最初は月1,000円だけでもと節約して単品プランにしたところで高確率で下記のような後悔が生まれます。

  • YouTube用にPremiere Proを買ったけどサムネを作りたくなった…
  • Photoshopじゃ名刺やポスターのアウトラインが取れない…
  • After Effectsだけじゃ作業効率が悪いからプレミア欲しい…

少し上乗せするだけですべてのソフトウェアを最新のバージョンで使えるコンプリートプランにしておけば後悔無し!

\オンライン講座がついて39,980円/

シェアしてくれると嬉しいです

コメント

コメント一覧 (2件)

    • Photoshopは専門性の高いソフトなので完全に変わりが務まるソフトはありません。
      しかし、やりたいことによっては同じことができるソフトはほかにもあります。

      画像編集なら「Lightroom」でもできますし、文字中心のグラフィックデザインなら「illustrator」でも代わりになります。
      配置やレイアウト中心でしたら「Adobe XD」でも代わりになります。
      Adobe社製以外でしたら「Affinity Photo」などが有名です。

      無料の範囲での代替ソフトだと「Adobe Creative Cloud Express」や「GIMP2」があります。

コメントする

目次