【比較】Adobe Lightroom CCとLightroom Classic 3つの違い

写真編集する人ならご存知の写真現像ソフトAdobe Photoshop Lightroom

Lightroomが何かは知っていても意外と知らない『Lightroom CC』と『Lightroom Classic CC』の違い。

うさぎのアイコン画像うさぎ

Classicって名前からして古そうだし、新しくて機能が豊富なLightroom CCのほうが良いんでしょ?

黒猫のアイコン画像黒猫

そう思うかもしれませんが、実は多くのプロカメラマンはClassicを推奨しているんです

うさぎのアイコン画像うさぎ

そうなのか…じゃあClassicを使えばOKって事ね?

黒猫のアイコン画像黒猫

いいえ、実はこの2種類にはそれぞれメリットがあり、上位互換というものがないため、自分に合ったタイプを選ぶ必要があるんです

ちなみに私はLightroom CCを利用しています。

Lightroom CCとClassicの2種類は同じLightroomの名を冠していますが、利用シチュエーションに応じて使うべき種類が異なります。

  • Lightroom CCとClassicは何が違うのか?
  • どっちを使えばいいの?
  • お得に購入するには?

このようなLightroomの違いに関する疑問にお答えします。

目次

Lightroom CCとClassic 3つの大きな違い

Lightroom CCとClassic 3つの大きな違い

Lightroom CCとLightroom Classic CCの違いを表で簡潔にあらわすと下記のようになります。

Lightroom CCLightroom Classic CC
環境クラウドローカル
強み利便性が高い機能性が高い
対象一般向けプロカメラマン向け

Lightroom2種の大きな違いは下記の3つ

  • 写真ファイルの保存場所の違い
  • アプリケーション環境の違い
  • ソフトウェア機能の違い

それぞれ大きな特徴とメリット・デメリットがありますので詳しく解説していきます。

写真ファイルの保存場所の違い

Lightroom CCはClassicと違い、写真ファイルを全てAdobeのサーバーに保存するクラウドタイプになります。

一方のClassicは従来どおり自身のパソコンに直接ファイルとして保存するイメージ通りの保存方法です。

この写真ファイルの保存場所の違いというのはメリットでもありデメリットでもあります。

クラウド保存のメリット(Lightroom CC)
  • 自身でのバックアップが不要
  • どこからでもファイルにアクセス
  • パソコンのストレージを圧迫しない
  • AIを利用したインテリジェント検索が可能

クラウドに保存され、バックアップ環境も整っているので管理の手間が激減します。

ローカル保存のメリット(Lightroom Classic CC)
  • HDDやSSDを増設すれば保存容量が無限
  • オフラインでも全てのファイルにアクセス可能
  • アップロード・ダウンロードの時間ロスがゼロ

ローカル保存は自身のストレージを利用しているためオフライン環境下でも快適に使えます。

写真をLightroomに取り込んだだけでクラウドで自動管理してくれるLightroom CCはとっても快適。
自身のストレージを圧迫しないしバックアップの心配もありません。

しかしクラウドの保存容量を増やすのは有料のため、膨大な量の写真を保有する人にはコスパが悪いというデメリットがあります。

アプリケーション環境の違い

Lightroomはどこからでも、どの端末からもアクセス可能

Lightroom CCとClassicでは作業環境が大きく異なります。

  • Lightroom CC:多くのデバイスに対応
  • Lightroom Classic:パソコンのみ

Lightroom CCは多くのデバイスから加工・管理が可能となっています。

  • Webブラウザ
  • スマートフォン
  • タブレット
  • コンピュータ

Lightroom CCではファイルの保存先がクラウドになっているため、どの端末からでも最新の画像にアクセスができ、行った加工がすべての端末に反映されます。

黒猫のアイコン画像黒猫

外出先ではiPhoneで簡易編集を行い、帰宅後にMacBook Proで加工の続きを行うということも可能!

うさぎのアイコン画像うさぎ

Wi-Fi機能を利用すれば外出先でもLightroomで一眼レフの現像が可能になるのか…便利

一方のLightroom Classicは従来どおりのPC専用ソフトになるため、ソフトをインストールしたパソコンでしか利用できません。

PCにインストールして使うPhotoshopなどと同じ方式ですね。

作業環境の利便性に関してはLightroom CCに軍配があがります

加工機能の違い

Lightroom CCにはiPhone版、iPad版、デスクトップ版、Android版…など様々なアプリケーションが用意されていますが、それぞれ使えない機能があったりします。

一方のLightroom Classicでは従来どおりすべての加工機能が使用可能となっており、機能に関しては完全に上位互換。

以前はLightroom CC for iPadではトーンカーブが利用できないとか言われていましたが現在ではアップデートで多くの機能が利用可能になっていますし、基本的な機能は網羅しています。

Lightroom CCは直感的で簡略的な操作

Lightroom CCは画面の小さなスマートフォンで操作しやすいよう、調整パネルや機能が簡略化されている。
簡単操作で加工を行うことができるので初心者から上級者まで使いやすい操作感となっています。

Lightroom Classicは機能完全版

機能的な差異は減ってきたとはいえ、PCソフトのClassicがもっとも多くの機能を有しています。
同じ機能だとしてもClassicでは更に細かな調整が可能で、複雑な加工も行えます。

Lightroom CCとClassic CCどちらを使うべき?

Lightroom CCとClassic CCどちらを使うべき?

どちらのLightroomを使うべきか、私がおすすめする選び方は下記の通り。

  • 本格的にLightroomを利用するプロの写真家:Lightroom Classic CC
  • プロ以外で写真の保存容量があまり多くない人:Lightroom CC

順番に詳しく解説していきます。

Lightroom Classic CCを選ぶべき人

Lightroom Classicを選ぶべきはRAW撮影しかしないようなプロカメラマンや1TB以上の画像を保存したい人ですね。

加工機能はプロしか使用しないようなマイナー機能まで有しており、機能的な不満がありません。

また、プロのカメラマンは膨大な量の写真を高画質で撮るため、1TBの容量では足りなくなります。

うさぎのアイコン画像うさぎ

1TB以上の写真を保存するかどうかっていう感じで選ぶと判断しやすいですよ

黒猫のアイコン画像黒猫

もし足りない場合はプラス1,000円で1TBずつ増設が可能ですがちょっと高いですからね

Lightroom CCを選ぶべき人

上記に当てはまらない人にはLightroom CCをおすすめします。

Lightroom CCのメリット
  • 直感的な操作で加工が楽
  • 機能的な差は少なくなっている
  • どの端末からも閲覧&加工が可能
  • クラウド保存でバックアップの心配不要
  • Siriのようなインテリジェント検索が可能

1TB追加するのに1,000円かかるので容量が多ければ多いほど月額費用がかかってしまうのが欠点。容量の単価が下がればますますClassicを選ぶ理由が減ってきますね。

Lightroomは自分にあったものを使いましょう

Lightroomは自分にあったものを使いましょう

最後にLightroom CCとClassicの違いをまとめます。

Lightroom CCLightroom Classic CC
環境クラウドローカル
強み利便性が高い容量増設が無限
対象一般向けプロカメラマン向け

Lightroom CCのほうが魅力的に映りますが、クラウド容量という制限だけは注意してください。

フォトプランが一番お得

Lightroomを買うならPhotoshopとLightroomがセットになったフォトプランがお得です。

わずか月額980円で下記の3つすべて使える超お得なセット。

  • Photoshop
  • Lightroom CC
  • Lightroom Classic CC

なんとPhotoshopまで使えちゃいます。すごくないですか?

このプランはクラウド容量は20GBですが、プラス1,000円で容量を1TBずつ増やす事もできます。

容量の関係ないPhotoshopとClassicはフォトプランを選んでおけば間違いないですね。

\お得なフォトプランはこちら/

コメント

コメントする

目次
閉じる