Adobe CCを法人契約する場合の料金やプランの違いを解説

以前Adobe CCを安く買う方法について解説しましたが、こちらは法人名義では契約できません。

今回はAdobe CCを法人契約したい企業向けに「法人版Creative Cloud」という企業向けプランについて解説します。

  • 法人版Creative Cloudの料金プランは?
  • 法人版Creative Cloudって何が違うの?
  • 法人版のメリットとか注意点はあるの?

上記のような疑問をお持ちの方は、この記事を読めばAdobe CCの法人版のことがよくわかりますよ!

目次

Adobeの法人版Creative Cloudとは?

法人版の特徴

法人版Creative Cloudは企業向けに最適化されたAdobe CCのこと。

法人版にはサポートデスクやライセンス管理ツールが付属しますが、料金は通常版より高くなっています。

法人版Adobe CCの特徴

法人版の特徴は下記の通りです。

  • 特別なサポートが受けられる
  • ライセンス管理ツールAdmin Console使用可能
  • 30人以上でなければ通常ライセンスのが安い事が多い

法人版ということで高度なテクニカルサポートが受けられます。

また、多くのライセンスを効率的に管理できるようAdmin Consoleが使用可能になっており、効率よくスタッフのライセンスを管理できます。

料金は通常版よりも1ライセンスあたり33,000円高くなっており、ある程度大きな企業向けの製品と言えます。

法人プランは2種類

法人向けプランは下記の2種類用意されています。

  • グループ版:小〜中規模企業向け
  • エンタープライズ版:大規模組織向け

どちらもほぼ同じような内容ですが、大規模向けのエンタープライズは少し機能強化されています。

グループ版とエンタープライズ版の違い

中規模業向けのグループ版と大規模向けのエンタープライズ版の違いは下記の通り

プランセキュリティプレミアムサポート
グループ版伝送データの暗号化年2回まで
エンタープライズ版伝送データ&保管データの暗号化無制限

50人以上のエンタープライズ版ではプレミアムサポートの回数制限なしになり、よりセキュリティが強固なプランになっています。

とはいえ法人版のメリットの大部分は共通しているので多くの企業にはあまり気にならない違いかなとも思います。

法人版Adobe CCのメリット・デメリット

法人版Adobe CCのメリット・デメリット

法人版のメリットとデメリットについてわかりやすくまとめます。

法人版Adobe CCのメリット

法人版のメリットは下記の5つ。

  • 10ライセンス以上で割引
  • 1ユーザーあたり1TBのストレージ
  • ライセンス管理システムが使用可能
  • プレミアムサポートが利用可能
  • Adobe Talentへの無制限の求人掲載

通常版の100GBよりもストレージ容量が増え、プレミアムサポートが付いています(年2回)

また、10ライセンス以上(100万円〜)でまとめ買いの割引が受けられます。
(まとめ買い割引に関しては見積もりということなのでAdobeにお問い合わせが必要)

Adobe TalentというBehance内の求人サービスに無料で求人掲載も可能。

法人版Adobe CCのデメリット

法人版Adobe CCの唯一のデメリットは価格。

通常版と法人版の価格比較
  • 通常のコンプリートプラン:72,336円
  • 法人版コンプリートプラン:105,336円

企業版のメリットはあるものの、1ライセンスあたり33,000円の価格アップは高く感じちゃいますよね。

価格差分のメリットを感じられないのであれば法人向けでない通常版を選ぶと支出を抑えられます。

\ 法人でも一般向けを購入可能 /

通常版と法人版プランの選び方

通常版と法人版の選び方

特徴や内容がわかったところで、どれを選べばいいのか下記の比較表を参考にしながら選んでみてください。

通常版と法人版の比較

通常版とグループ版、エンタープライズ版の違いを表でわかりやすく比較。

比較項目/プラン通常版(個人版)グループ版エンタープライズ版
ストレージ容量100GB1TB1TB
特殊セキュリティ××保管データ暗号化
ライセンス管理×Admin ConsoleAdmin Console
アセット転送・ストレージ分析××
プレミアムサポート×年2回無制限
価格(年間一括)¥72,336¥105,336見積もり

ちなみにどのプランを選んでも使えるソフトに差は無く、全部のAdobe CCが使用可能です(コンプリートプラン契約の場合)

単純に必要な機能で選ぶ

大きな企業であれば法人版に欲しいサービスもあるかもしれませんが、小規模事業者だと便利ではあるものの価格ほどの恩恵を受けられないだろうなというのが正直なところ。

法人版の付加機能が必要でないのであれば無理に法人版を選ぶ必要はありません。

法人版の恩恵が受けられるのは以下のタイプ

  • 従業員が多くライセンスを100万円分以上購入
  • ライセンス数が多く管理が大変
  • 特別な技術サポートが必要

事業規模必要な機能に応じてプランを選んでみてください。

お得な購入先まとめ

最後に結局どこで買うのが一番安いのかまとめます。

あとから変更することもできるので迷ったら通常版でOK!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる