無料で使えるAdobe Fontsは使わなきゃ損!Webフォントも利用可能

Adobe Fontsが無料でも使えるというのをご存知ですか?

デザイン用のフォントとして利用するだけでなくWebサイトのフォントまで変更できちゃいます。

Adobe Fontsがどのようなものかなのか詳しく解説しますね。

目次

Adobe Fontsとは

adobefonts

Adobe FontsとはAdobeが提供するフォントサービスの事

世界中のフォントメーカーが作成した15,000以上のフォントが収録されており、多くの用途で使用可能です。

  • 商用利用
  • パソコンで利用
  • Adobe CCで利用
  • Webフォントとして利用

PC上で利用するだけでなく、Webサイトのフォントとしても使用できるというのが大きな特徴です。

Typekitから大幅進化

今まではTypekitという名称で利用されていましたがAdobe Fontsと名称を変え、無料でも多くの機能が使えるようになりました。

  • ページビュー無制限
  • アクティベーション無制限
  • Webフォントの設定がめちゃくちゃ簡単に
  • Creative Cloudでフルラインナップが利用可能に

Adobe Fontsになって更に便利に!

ライセンスが強力

Adobe Fontsのライセンスは利用可能範囲が広く業務利用に最適。

  • クレジット表記不要
  • ロゴの作成に利用OK
  • ロゴの商標登録もOK
  • PDFファイルに埋め込みOK
  • 商用、顧客プロジェクト利用OK
  • 映画やビデオコンテンツに利用可能
  • 市販品に利用OK(Tシャツ、ポスター、書籍、雑誌なんでも)

このように利用用途が限定されないというのも大きなメリットです。

Adobe CCから直接アクティベーションも可能

Adobe Fontsはアプリケーション上からアクティベートしてすぐに利用する事が出来て超便利。

IllustratorなどではAdobe Fonts一覧を見ながらデザインを決めることも可能。

また、データのやり取りをする際も自分のPCに入っていないフォントでもファイルの読み取り時にアクティベートされるのでアウトライン化の必要もなし!

Adobe Fontsの料金は無料?

Adobe Fontsの料金は無料?

Adobe Fontsは無料で多くのフォントが利用可能です。

さらにAdobeのサブスクに入っていれば追加料金無しで制限なしのフルプランを利用できちゃいます。

無料プランでも利用可能

Adobe CCの利用がなくても、無料で6,000のフォントが利用可能

  • 無料プラン:6,000のフォント
  • フルプラン:15,000以上のフォント

無料プランはAdobe ID(無料)に登録するだけで利用できますよ!

Creative Cloudにフルプランが付属

基本的にAdobe製品のサブスクリプションをどれか1つでも使っていればAdobe Fontsのすべてのフォントが利用できちゃいますよ。

具体的に言うとこれらどれかに加入していればOK

ちなみにフォトプランを利用すればもっとも安くPhotoshopを購入することが可能です。

無料で利用できないフォントは?

Adobe Fonts無料で利用できない範囲

無料で利用できないフォントには上記のような表示がされます。

上記の表示がないものはすべて無料で利用が可能。

サブスク加入している場合は制限なく利用できますよ。

Adobe Fontsの使い方

Adobe Fontsの使い方

Adobe Fontsを通常のフォントのように使用する使い方について解説します。

Adobe FontsはアクティベーションするだけでOK

Adobe Fontsのアクティベーション方法は2種類

  • Adobe CCで直接
  • Adobe Fontsサイトから

どちらでも簡単にアクティベーションできます。

Adobe CCから直接アクティベーション

AdobeccIllustratorでの使い方

例えばIllustratorでは直接Adobe Fontsを参照し、アクティベートすることが可能です。

  1. フォントを選択
  2. 【更に検索】をクリック
  3. ダウンロードしたいフォントをクリック

プレビューしながらアクティベーションできるのは便利ですね!

※PhotoshopやPremiere Proなどにも下記のようなAdobe Fontsボタンはありますがリアルタイムプレビューは出来ません。

フォントの追加方法

Adobe Fontsサイトからのアクティベーション方法

めちゃくちゃ簡単です。

  1. Adobe Fontsにアクセス
  2. 利用したいフォントを選択
  3. アクティベートをクリック

これだけでフォントが利用可能になっちゃいます。

アクティベートできない場合

稀にアクティベート出来ないという場合もあります。

反映されない、いつまでも終わらないという事が起こった場合は下記の手順を試してみてください。

  1. アプリケーションを終了
  2. OSを再起動
  3. Adobeアカウントに再ログイン

これで高確率で解消されると思われます。

Webフォントの使い方

Adobe Fonts Webフォントの使い方

WebフォントはWebサイトでもブログでも自由に利用することが可能

とっても簡単に使うことが出来るので使い方を解説しますね。

Adobe Fontsサイトでコードをコピー

Webフォントの使い方1

  1. Adobe Fontsにて使用したいフォントを選択
  2. 右上にある【 </> Webプロジェクトに追加 】を選択
  3. プロジェクト名を適当に入力
  4. 表示されたコードをコピー

Adobe Fonts Webフォント使い方2

Webサイトやブログのhead内に追加

上記のコードをWebサイトのheadに貼り付けましょう。

WordPressなら入力画面の一番下に個別のheadタグ追記画面があります。

テーマに追記したい場合はテーマ外観から追記が可能。

CSS追加

フォントを適応させる場合には下記の手順でコピーしたcssをstyle.cssに追記すればOK

  1. Adobe Fonts右上【My Adobe Fonts】
  2. Webプロジェクト
  3. Myプロジェクト
  4. CSSをコピー

このような流れでcssをコピーすることが出来ます。

このように簡単に実装することが出来るのでぜひブログなどにも使ってみてください。

Adobe Fontsおすすめ日本語フォント

Adobe Fontsおすすめフォント

Adobe Fontsでは200もの日本語フォントが利用可能。

中でもおすすめのフォントメーカーをいくつか紹介します。

モリサワフォント

モリサワフォント

フォントで有名なモリサワのフォントも収録されています。

【A-OTF】と記載されているものがモリサワフォントの目印です。

フォントワークス

フォントワークスおすすめフォント

フォントワークスのフォントも人気!

【FOT】と記載されているものがフォントワークスのフォントですね。

フォントパックが便利

フォントパック

フォントメーカーから探すのもいいですが、フォントパックで一括ダウンロードしてしまうのが便利。

上記のパック以外にもシチュエーションごとにフォントをパッケージ化したセットが公開されています。

ワンクリックですべてをアクティベーションできるの超楽ちん

Adobe Fontsを使いましょう!

以上、Adobe Fontsについてでした。

普通にフォントとして使うだけでも便利なサービスですが、Webフォントとして利用することで更に真価を発揮します。

使い方も非常に簡単なのでぜひ使ってみてくださいね!

もしAdobe CCを一つも持っていないなら…

もしAdobeソフトを一つも持っていないならAdobe CC全てが使えるようになるコンプリートプランを格安で購入できるキャンペーンをおすすめします。

こちらはAdobe公認スクールの学割購入を利用する裏技で、通常価格よりもセール価格よりも安く購入することが可能です。

めちゃくちゃお得なのでもしAdobe CC持ってない方はぜひ。

あわせて読みたい
【格安】Adobe CCを安く購入する方法。アカデミック版で最安!
【格安】Adobe CCを安く購入する方法。アカデミック版で最安!知らなきゃ確実に損な裏技。Adobe CCを安く買う方法をご紹介。Creative Cloudが72,336円→39,980円+オンライン講座付きで入手できちゃいます!お得すぎ。

コメント

コメント一覧 (2件)

  • はじめまして。
    Twitterでこちらの記事を見つけて読ませていただきました。
    webフォントというものを知らなかったためこれを機に使ってみたいと思います。

    為になるお話ありがとうございました。

    • トシキさん

      Webフォント面白いですよね!

      WebフォントがWordPressのテーマの中に組み込まれてたりする場合もよくありますけどね!
      Font Awesome 5など知らず知らずのうちに使っていることもあります。

コメントする

目次
閉じる