2月6日に書籍「サクッと学べるデザイン心理法則108」発売します

フォントが与える印象 心理を考慮したフォントの選び方

フォントが与える印象 心理を考慮したフォントの選び方

フォントを選ぶときは可読性・判別性・誘目性といった効果を期待して選ぶことも多いですが、本記事ではフォントが与える印象や心理的な影響について解説します。

フォントによってデザインの印象がガラッと変化するので、適切なフォントを選ぶための方法やコツを解説します。

目次

フォントが与える印象や役割を考慮して適切なフォントを選ぼう

フォントを変えるだけでデザインの印象が大きく変わります。

フォントを変えることによってどのような変化があるのか、具体例とともに解説していきます。

ゴシック体と明朝体の違いによる印象変化

ゴシック体
明朝体

上図は同じレイアウトでフォントをゴシック体と明朝体で比較したものです。このようなデザインでは明朝体のほうが適しているのがわかります。

力強い印象を与えるゴシック体と、繊細な印象を与える明朝体ではイメージが大きく異なるため、与えたい印象によってフォントを使い分ける必要があります。

丸ゴシック体
丸ゴシック体
明朝体
明朝体

フォントの選び方によってデザインの印象を変えたり伝えたい印象を強めたりすることができます。

フォントによる商品の価格イメージ

例えば商品のポップではフォントを変えることで高級感を出したり、安く感じさせたりすることができます。

さらにフォントの印象に加え、心理効果色彩心理を合わせて使うとより効果的です。

イメージに適さないフォントはデザインを崩す

手書き風フォント
筆書きフォント

定番となるゴシック体や明朝体以外にもさまざまな書体がありますが、イメージに適さないフォントを使用するとデザインが大きく崩壊してしまいます。

使用シチュエーションを間違えなければ良いフォントでも、使用する場所によってはイメージを損なうだけになってしまいます。

利用用途に応じてイメージに合うフォントを選定しよう

前述した例ではデザインを崩す原因になった手書き風フォントや筆書きフォントですが、用途によっては適した使いみちになります。

手書きフォントのほうが適している

手書きフォントと筆フォントの比較

筆書きのほうが適している

筆書体
手書き風フォント

子供向けやおさない印象を出したい場合には丸ゴシックや柔らかい手書きフォントが適しており、卒業証書などは筆書きフォントのほうが適しています。

利用シーンによって適するフォントは大きく異なるため、用途や状況に応じてイメージに合う適切なフォントを選定する必要があります。

利用シーンや与えたい印象によってフォントや色を選ぶことは曖昧なデザインテイストを具体化する際にも役立ちます。

フォントの種類ごとの印象

ゴシック体のイメージ
ゴシック体のイメージ例
  • モダン
  • 力強さ
  • カジュアル
  • シャープ
  • フラット
明朝体のイメージ
明朝体のイメージ例
  • フォーマル
  • 高級感
  • 伝統的
  • 冷静
  • 繊細
  • 上品
丸ゴシック体のイメージ
丸ゴシック体のイメージ例
  • やわらかい
  • かわいい
  • やさしい
  • 楽しい
  • 幼い
手書きフォントのイメージ
手書きフォントのイメージ例
  • ナチュラル
  • カジュアル
  • リラックス
  • 素朴
  • 軽い
  • 親しい
筆書き書体のイメージ
筆書きフォントのイメージ例
  • 力強さ
  • 伝統的
  • 和風
  • 勢い
Serif
セリフ(ローマン書体)のイメージ例
  • 伝統的
  • ラグジュアリー
  • クラシカル
  • 高級感
  • 繊細
  • 上品
Sans serif
サンセリフのイメージ例
  • モダン
  • カジュアル
  • スポーティー
  • アウトドア
  • スマート

欧文のセリフ体は明朝体と同じような印象があり、サンセリフ体はゴシック体と同じような印象があります。

フォントの種類や違いについての詳細は以下の記事をご覧ください。

類似フォントによるイメージの違い

「似たようなフォントならどれでも良い」と考える人も多いですが、デザイナーは細かい部分までフォント選びにこだわっています。

  • フォントの種類が同じだけど書体によって印象が異なる
  • 書体名が同じだけどウエイト違いで印象が異なる
  • 書体名が同じだけど斜体によって印象が異なる

フォントの種類が同じでも書体が異なれば印象も変化する

ゴシック体(書体違い比較)
すべてゴシック体
明朝体(書体違い比較)
すべて明朝体

上図はゴシック体と明朝体を書体ごとに比較したものです。一部のフォントを抜粋して比較しているにもかかわらずこれだけの種類と違いがあります。

「ゴシック体」「明朝体」とひとくくりにして扱われることが多いですが、ゴシック体や明朝体に分類されるフォントは膨大な数存在しています。

「ゴシック体ならどれを選んでも大差ない」と考えずに、それぞれの書体の特徴をよく見て一番イメージに合うものはどれかじっくり考えてみてください。

ゴシック体の比較
同じゴシック体でも書体が違えば印象も異なる

分類は同じゴシック体でも「線」「水平」「間隔」「バランス」など、細部に多くの違いがあるため、印象や読みやすさを考慮してフォントを選定する必要があります。

印象だけでなく、長文の読みやすさも異なります。

源ノ角ゴシック
源ノ角ゴシック
UD新ゴ
UD新ゴ

文字の形状によって可読性や判別性が大きく変化するので、利用シーンを考慮しつつも実際に読みやすいかどうか比較して確認してみるのが良いでしょう。

その他、背景と文字色の配色や文字の大きさといった要素によっても文字の読みやすさは変化します。

フォントのウエイト(太さ)が異なれば印象も変化する

明朝体のウエイトの違い比較図
明朝体のウエイト比較
←細い 太い→
ゴシック体のウエイト比較図
ゴシック体のウエイト比較
←細い 太い→

フォントの種類によって印象が異なるのはご理解いただけたと思いますが、書体の種類だけでなく文字の太さによっても印象が変化します。

ウエイトは文字の太さのことを表します。ウエイトが太くなれば力強い印象になり、目を引くようになります。逆に細くなることによってモダンな印象や繊細さが出て高級感が増します。

フォントのデザインにもよりますが、ウエイトを変えることで以下のような印象を与えることができます。

太いウエイトの印象

  • インパクト
  • カジュアル
  • パワフル
  • たくましさ
  • ポップ
  • 重圧感
  • コミカル
  • 安定感
  • 注意・警告

細いウエイトの印象

  • 華やかさ
  • ナチュラル
  • 洗練
  • 繊細さ
  • 透明感
  • 神秘性
  • 未来感
  • モダン
  • ミニマル

文字の太さも印象を変化させる上で重要なポイントになるので書体の変更だけでなく、ウエイトにも意識を向けてみてください。

斜体によって印象が変わる(オブリーク・イタリック)

Helvetica(oblique)とTimes New Roman(italic)
Helvetica(oblique)とTimes New Roman(italic)

フォントにはウエイトだけでなく、obliqueやitalicといった斜体が含まれているものがあります。

同じフォントでも斜体にすることで印象が変化するので斜体を使って印象を変えるのも一つの手です。

obliqueitalicの違い

  • oblique(オブリーク体):文字を機械的に斜めにしたもの
  • italic(イタリック体):文字を斜めにデザインしたもの

どちらも文字が傾いていますが、「単純に傾けただけ」と「傾けることを前提に丁寧にデザインした」という違いがあります。イタリック体のほうが丁寧に調整されているためより美しく見えるようになっています。

イメージごとのおすすめフォント

具体的にどのようなフォントを選べばいいのか、実例とともにイメージごとのおすすめフォントを紹介します。

高級感があるフォント

FOT−グレコ
TRAJAN PRO
KSO黒龍
Baskerville Italic

明朝体セリフ体といったはらいや飾りのあるフォントを細いウエイトで使用すると高級感が出ます。

用途は少し限定されますが、日本語書体の筆書字も高級感が出るのでおすすめです。

高級感を出したいときにおすすめのフォント

リュウミン
UD黎ミン
太ミンA101
りょうゴシック
貂明朝
黒龍爽
砧 砧明朝体
Adobe Fonts収録フォントのおすすめ

高級感のあるフォントはフリーフォントよりもフォントメーカーが細部まで丁寧に作り込んだフォントのほうがおすすめです。

フリーフォントや標準フォントでも細いウエイトの明朝体を使うだけでも高級感は出るので試してみてください。

ビジネスシーンで使える信頼感があるフォント

ビジネスシーンで使える信頼感があるフォント

ビジネスシーンでは信頼感を出すために、「明朝体」や「ゴシック体」を基本として癖の少ないフォントを使うのがおすすめです。

フォントイメージによる変化

デザインフォントや手書きフォントといった遊び心のあるフォントは向いていません。

個性のあるフォントよりもお堅いイメージのあるフォントのほうが違和感なく使えるのでまずはベーシックなフォントを選んでみてください。

やさしさや楽しさを与えるフォント

丸みを帯びたフォントは「やさしさ」を与えやすくなっています。

小さな子ども向けのデザインに相性の良いフォント

丸みを帯びたフォントは優しい印象だけでなく、安心や安全といった印象もあるため小さな子供向けのデザインにも適しています。

他にも太字で線幅にメリハリのあるデザインフォントなども「楽しい印象」を与えるのでタイトルなどに使うと良い感じです。

たのしい印象をあたえるフォント

AB-kirigirisu
AB-hanamaki
AB-karuta_bold
FOT-Popハッピネス Std EB
FOT-Popジョイ Std B
TrueMegaG-Extra Regular
砧 丸丸ゴシックALr StdN R
Adobe Fonts収録フォントのおすすめ
けいふぉんと
あかずきんポップ
にくまるフォント
うさぎとまんげつのサンセリフ
かりぐらスキップ
めもわーる まる
バナナスリップPlus
フリーフォントのおすすめ

フリーフォントには特徴の強いフォントが多いので楽しい印象やかわいらしい印象をあたえるのに向いています。ただしフリーフォントは漢字が収録されていなかったり、収録文字数が少なかったりするので注意が必要です。

和風な雰囲気を与えるフォント

和風など日本的な印象を与えたい場合は「明朝体」や「漢字五体」など昔から使われている書体が向いています。行書体がベースになっていることの多い筆書体も相性の良いフォントです。

フォント以外にも和風に合うトーンを使用したり、和風の柄を入れることでより印象が強まりますね。

和風デザインに向いているフォント

  • 明朝体
  • 楷書体
  • 行書体
  • 隷書体
  • 草書体
  • 篆書体
  • 筆書体

ナチュラルな印象をあたえるフォント

ナチュラルな印象をあたえるフォント

ナチュラルなイメージを与えたい場合は角の取れた少し丸みのあるフォントを選ぶのが効果的です。

ただし、丸ゴシック体のように均一かつ幾何学的な要素があると自然な雰囲気が損なわれてしまうので、少し動きのある手書きフォントやデザインフォントなどが向いています。

ウエイトは細めで、硬さがないものであればゴシック体でも明朝体でもナチュラルデザインに取り入れることができます。

AB-babywalk
FOT-筑紫B丸ゴシック
砧 丸丸ゴシックCLr
DNP 秀英丸ゴシック
砧 芯
Adobe Fonts収録フォントのおすすめ日本語フォント
Adorns condensed sans
Shelby
Verveine
Typeka
IM FELL Double Pica
Turbinado
Gautreaux
Adobe Fonts収録フォントのおすすめ欧文フォント

フォントはどこからダウンロードすればいい?

モリサワパスポートやフォントワークスLETSなどの高価な有料フォントサービスもありますが、本記事で紹介した多くのフォントがAdobe Fontsに収録されています。

Adobe Fonts

Adobe FontsはAdobeユーザーであれば追加料金を支払うこと無く、大手メーカーが販売する有料フォントの多くが使い放題になるサービスです。

欧文フォントはもちろん、数多くの日本語フォントも収録されているのでデザイナーであれば絶対に使いたいサービスです。

PhotoshopやIllustratorを使っているのであればAdobe Fontsに収録されている全てのフォントが使えるのでお試しください。

Adobeソフトをひとつも契約していないっていう人はPhotoshopもIllustratorなど全45種類のAdobe CCソフトが使えるコンプリートプランをお得に買う方法があるので下記を参考にしてみてください。

フリーフォント

Adobeソフトを所有しておらず、完全に無料でなんとかしたいという人はフリーフォントをご利用ください。

フリーフォントは無料で使えるのがメリットですが、収録されている漢字が少なかったり、ウエイト数が少なかったり、利用制限があったりするものも多いので注意が必要です。

以下の記事では商用利用できる無料フォントを中心に、漢字利用の有無やウエイトの数なども合わせて紹介しているので参考にしてみてください。

シェアしてくれると嬉しいです

コメント

コメント一覧 (2件)

コメントする

目次