【無料】Adobe XDとは?特徴と使うべき理由を初心者向けに解説

無料で使えるAdobeXDとは?

AdobeCC XDは誰でもかんたんにWebサイトやアプリのデザインが作れちゃうAdobeCCソフトです。

なんとこの超便利ソフト、無料で使えます。

AdobeCC XDを使うべき理由と特徴を初心者にもわかりやすいよう解説していきますね。

無料版のダウンロード先がわかりにくくなっていますが現在も無料ダウンロード可能です。
XD無料版スタータープランのダウンロード先についても解説しています。

目次

Adobe XDとは

Adobe XDとは

Adobe cc XDとはワイヤーフレーム作成に特化したデザインソフトです。

共有プロトタイプと共有デザインスペックは1つまでという制限はあるものの無料でも十分利用可能

Photoshopなどの有名なAdobe ccソフトの中ではXDの知名度はまだまだ低いですが利用者はとても多くなってきています。

Adobe XDの特に優れている点

良いところはめっちゃあるんですが、特に良い点は下記の4つ。

  • 使い方が簡単
  • 動作がめちゃくちゃ軽い
  • Adobeソフトとの連携が可能
  • Photoshopより作業効率が良い

また、Adobe XDでは同時にディレクトリマップ、サイトマップまで同時に作成することができちゃいます。

ワイヤーフレームとは

ワイヤーフレーム

ワイヤーフレームとはWebサイトやアプリの設計図です。

要は何がどこにあるのか図でわかりやすく表現したものだね

ロゴの配置、ボタンの色やサイズなどデザインの骨組みになるものがワイヤーフレーム。

サイトマップとは

サイトマップ

サイトマップとはサイトの全体図の事。

どのページからどのようにつながっているか図で表したもので、人目でどのような構成になっているかわかります。

アプリUIも同様にページの繋がりがひと目で分かるようになります。

デザインカンプとは

デザインカンプとは簡単に言うと完成見本図の事。

ワイヤーフレームで設計図を作成したのち、完成イメージを作成します。

Webサイト作成の基本的な流れは下記のようになります。

  1. ワイヤーフレーム
  2. デザインカンプ
  3. コーディング

デザインカンプでデザインが確定してからHTML/CSSでコーディングしていきます。

共有機能に優れている

Adobe XDはグループ感で共有作業することも、他アプリケーションで開いて作業することも可能

複数人で作業する場合にも重宝されています。

デザイナーとプログラマーが分かれている場合でもスムーズなやり取りが可能になります。

Adobe XD無料版と有料版の違い

無料版と有料版の違いは以下の表のとおり。

比較項目無料プラン有料プラン
月額料金無料1,298円
共有プロトタイプ1つ無制限
共有デザインスペック1つ無制限
クラウドストレージ2GB100GB
Adobe Fonts一部全部
Adobe Portfolio利用不可利用可能

スタータープラン(無料プラン)と有料プランに機能差はありませんが、共有機能が1つしか使用できません。

共有機能とクラウドストレージを使わないなら無料プランで十分ですね。

ただし、有料プランはXDとは別にAdobe FontsAdobe Portfolioなどのサービスを受けることが可能になります。

詳しくは以下の記事をご覧ください

AdobeCC XDの特徴と使うべき理由

AdobeCC XDの最大の特徴であり、使うべき理由は下記の3つの機能があるからです。

この機能があるからこそPhotoshopを使わずにXDを使うべきという結論に至ります。

  • リピートグリッド機能
  • デザインスペック機能
  • プロトタイプ機能

これらの素晴らしい機能を順番に紹介しますね。

リピートグリッド機能

XD リピートグリッド

リピートグリッド機能とはドラッグするだけでコピーが生成できるXDの便利機能の事。

Excelのオートフィルがイメージしやすいかもしれませんね。

上に貼ったGIFを見てもらえばわかりますが、オブジェクトを選択して引っ張るだけ。

爆速すぎてやばくない?

デザインスペック機能

XDデザインスペック機能

デザインスペック機能ではオブジェクトのサイズ、色、境界線、間隔などあらゆる情報を簡単に共有できます。

これによりいちいち注釈や文書の資料を用意する必要がなくなり、デザイナーの手間が大幅に軽減されます。

スペック測定にかかる時間も軽減されるため、コーダーの手間も軽減され全体の製作スピードが大幅に向上。

プロトタイプ機能

AdobeXDプロトタイプ機能

Adobe XDでは作成したワイヤーフレームにリンクをかんたんに貼ることができます。

このボタンを押したらこの画面に移るっていうのが線でつなぐだけで簡単にできちゃいます。

リンクを貼るのにかかる時間は1秒以下です。

XDプロトタイプ プレビュー

リンクを繋いだものはプレビュー画面で実際の動きを確認することができます。

これによりプロジェクトメンバー感の意識のズレなどが解消されやすくなりますよ。

Adobe XDを無料でダウンロードする方法

Adobe XDは無料でダウンロードし、利用することができます。

無料のダウンロード方法を解説します。

Adobe公式サイトのXDページから無料DL

以前は無料DL先がわかりやすかったのですが、現在はかなりわかりにくくなっています。

Adobe XDのページに移動し、以下の画像を参考に中間部までスクロールして「XDを無料で入手」を選ぶことで無料でダウンロードすることができます。

Adobe XD無料ダウンロード先

文字が小さく、目立たない装飾にしてあるのでわかりにくいですが、現在もダウンロードが可能になっています。

ダウンロード後は.exeファイルをダブルクリックしてインストールすればOK
(macOSの場合は.dmgファイル)

ダブルクリックしてインストール

Adobe XDは無料で使えなくなる?

現在はAdobe XDが無料で使えなくなるとのアナウンスは出ていませんが、Webサイトの表示方法からして無料版の露出を抑えているのは確実です。

今後はもしかしたら無料では使用できなくなってしまうかもしれないのでXD有料版への移行準備をしておいたほうがよいかもしれません。

スターターキットもダウンロード可能

Adobe XDのソフトだけでなく、主要機能の使い方を直感的に学べるスターターキットもダウンロードできるようになっています。

Adobe XDと一緒にスターターキットもダウンロードしておくと良いですよ。

XDと他AdobeCCアプリケーションの連携が便利

adobeccコンプリート

XDはAdobe社製ソフトウェアということもありPhotoshop/Illustrator/After Effectsなどとの連携も優秀。

PhotoshopやIllustratorデータを自動変換

PhotoshopやIllustratorも簡単に読み込みが可能です。

ファイルはXDデータに変換されるためPhotoshopデータを支給されたとしても問題なくXDで作業できちゃいます。

Photoshopでシームレスな画像編集

XDの画面上で使用している画像を簡単にPhotoshopで編集することができます。

XDはPhotoshopより作業効率がいいんですが、画像自体に加工を加えるといった作業はPhotoshopで行います。

  1. 画像を右クリック
  2. Photoshopで編集
  3. Photoshopで編集後に保存

これだけで編集した画像が自動的にXDにも反映されます。

XD有料版にするならAdobe CCコンプリートプランのがお得

もしXDの有料プランを購入するなら全てのAdobe CCが利用可能なコンプリートプランのほうが安いです。

2つソフト買うより安い価格でAdobeCCを購入する方法がありますのでまだ購入されていない方はご利用ください。

キャンペーンは期間限定ですのでお早めに。

Adobe XDで作業効率を上げよう!

Adobe XDによる便利機能を紹介しました。

Photoshopと比べると知名度の低いXDですが、慣れれば確実にPhotoshopより早くWebデザインが可能になります。

フリーランスの場合はXDにするだけで時給が上がるようなものなので使わない理由はないですね!

無料で使えるよ!

シェアしてくれると嬉しいです

コメント

コメントする

目次
閉じる