世界一周とか日本一周とか。行ったことない場所に行くのが好きです。

ポスターデザインやチラシレイアウトの参考になる23のアイディア(実例あり)

ポスターやチラシのデザインやレイアウトの参考になるアイディア

1. 文字の一部だけ色を変える

最初の文字だけ色を変える

最初の文字だけ色を変えるというのは良くあるパターンで、文字の開始の位置が目立つようになります。

文字の色を交互に変える

2色や3色で文字の色を交互に変えていくというパターンです。

ポスターやチラシの色数が少ない場合によく使われます。

文字の辺ごとに色を変える

文字ひとつづつではなく文字の辺で色を切り替えているパターンです。

文字の辺の中で色を変える

文字の辺の中で文字を変えているパターンです。
特徴はでますが、視認性は少し落ちます。

他にも色の付け方でいろいろな印象を与える事が可能です。

 

文字の色を変えるというだけでもいろいろなパターンがありますので色々試してみてください。

2. タイトルのフォントを一部だけ変える

デザインに合わせて文字を少しいじる

1枚目は雨の文字だけウ冠が傘になり最後のハネが持ち手になっていて良い感じです。

2枚目の音楽関係のポスターでは村の文字を音符に変えています。点とうまく合わさってるのがオシャレですね。

 

3. あえてはみ出す

中心部のイラストと文字をあえて枠からはみ出すテクニックです。

枠を描き、その枠をはみ出す

ピンクのラインで区切ったところをあえてはみ出すことでインパクトが出ています。

枠を描かず背景からはみ出す

こちらは枠をつけずに着色したエリアから文字が少しはみ出しています。

一部だけがはみ出しているだけですが、音楽大学の文字が強調されています。

4. 文字を傾ける

タイトルだけを傾けたり全体を傾けたりすることで動きのあるレイアウトに変化します。

 

5. はみ出すほど大きな文字

大きな文字にすることで力強い印象を与えます。

6. 文字を円周方向に配置する

文字を丸く配置することで柔らかい印象を与えます。

7. 背景やレイアウトにそって文字を配置する

画像やオブジェクトに沿わせる

中心部の円形オブジェクトに沿って文字を配置するパターンです。

柔らかな印象を与えます。

オブジェクトとパースを合わせて配置

オブジェクトとパースを合わせることで立体感のある表現になります。

8. 中心で区切り、対比を強調

線で区切り背景色を分ける

中心でくっきり色が変わることで対比が強調されます。

 

自然に区切る

分けられている背景は足元のみですが、はっきりと対比が表現されている非常に美しいポスターだと思います。

8. 文字を伸ばす

文字を伸ばすことで区切り線にしたりするアイディアです。

9. 文字をズラす

あえて文字をズラすことで動きを出しています。

10. 文字をバラす

文字を辺のレベルでバラバラにすることで動きを与えています。

11. 文字の線や塗りをバラバラにする

サイズ、文字、線、塗りなどをあらゆる要素をバラバラにすることで賑やかな印象を与えます。

あまり過度にやりすぎるとごちゃごちゃしちゃうのでテイストを揃えつつ取り入れるのが良いと思います。

 12. 文字を囲う

線で囲ったりマーカーで囲んだりすることで簡単に強調できます。

13. 文字に奥行きを与える

 

文字と写真などを重ね奥行きを与え立体的に表現するアイディアです。

Oの文字から背景が飛び出すという感じで使われる事が多いです。

文字の一部を消す事で下の文字が浮き上がってくるように見えます。

14. 写真を文字でくり抜く

文字の下に背景となる写真やオブジェクトを置いてクリッピングマスクでくり抜くだけなのでお手軽です。

背景に合わせてくり抜く

単純にクリッピングマスクで抜くだけじゃなく、背景に合わせて抜く事で印象的なタイトルになります。

15. 写真の上に配置する

背景に写真を大きく配置する事でタイトルと写真、両方強調できます。

16. 文字の中に画像を配置する

文字の中に写真を配置する珍しいタイプです。

17. 文字間やサイズを変えてきっちり揃える

文字の大きさや文字間、インデントなどを調整して文字が一つのブロックに収まるように配置することでまとまりがでてスッキリとしたイメージに仕上がります。

18. 写真を裏返す

写真を反転して配置するアイディアです。

19. 縦書きや横書きを混ぜる

縦書き横書き両方使うパターンも。

20. 語呂を合わせる

語呂合わせのタイトルやキャッチコピーは記憶に残りやすいです。

21. 統一感のあるところから一つだけはみ出す

1箇所だけ変えることで動きを出しています。

22. 文字を塗りつぶす

文字を塗りつぶすのはアルファベットでよく見かけますが日本語でも面白いですね。

ただ視認性がかなり悪化するのでロゴや記号には向いていますが内容を伝えたい場合には向いていません。

23. 内容に沿ったものを取り入れる

1枚目は『消された』を文字を所々消す事でデザインしています。

2枚目は山形の文字をワインの形にして日本列島の山形県部分だけ色を変えるだけでなく顔に例えワインを飲んでいるイラストとしても利用しています。とても良いポスターだと思います。

 

以上23項目でした。

今後もこのページに追記していこうと思います!