【2020最新】ストックフォトサイトおすすめランキング TOP3

ストックフォトランキング(Adobe Stock/shutterstock/pixta)

ストックフォトとは写真や動画など、Webや印刷物に利用できるメディア素材を管理・販売しているサイトのこと。

Left Caption

要は素材の販売サイトです

今はライセンス管理が重要となっているので商用利用する画像は有料素材を利用するのが当たり前となりました。

今回は中でもおすすめのストックフォトサービスをご紹介します。

ストックフォトを選ぶポイント3つ

ストックフォトを選ぶ3つのポイント

ストックフォトを選ぶ際に重視するのは下記の3つ。

  • 価格
  • コンテンツの品質
  • サービスの利便性

順番にみていきます。

価格の安さ

サブスクなのでコスパの良さは非常に重要。

素材は多く利用することになるため、1枚あたりの価格は安ければ安いほどいいですよね。

単品購入よりも定額購入のほうが割安になります。

コンテンツの品質

コンテンツの品質も重要。

わざわざお金を出して購入するのに質の悪い画像だったら残念ですからね。

高品質な素材を取り扱っているサイトのみ厳選して紹介します。

サービスの利便性

ストックフォトは単純に素材を購入するだけではありません。

下記のようなサービスの利便性も評価しています。

  • 検索のしやすさ
  • 素材データの使いやすさ
  • 付与サービスの付加価値

サイトが使いにくいとか検索機能が使い物にならないでは役に立たないのでここも重要。

ストックフォトおすすめランキング

ストックフォトおすすめランキングTOP3

ストックフォトおすすめランキング、1位から発表!

1位:Adobe Stock

Adobe Stockの口コミや評判。無料で使える範囲について

度々ブログでも紹介しているAdobe Stockが堂々の1位。

実際に私が継続利用したいと思ったものもAdobe Stockでした。

Adobe Stockのメリット

1位となった決め手は下記の3つのメリットです。

  • 価格が安い
  • AdobeCCと相性抜群
  • 未使用素材の繰越が可能

価格差については後述しますが、価格が安いにもかかわらず品質利便性価格すべて高水準なAdobe Stockが優勝。

より詳しく知りたい方は下記のAdobe Stockのメリットについての記事をご覧ください。

2位 PIXTA

PIXTAロゴ

2位は国内最大手のPIXTA

こちらもとても良いサービスで、Adobe Stockにはない魅力が一つあります。

PIXTAのメリット

  • 日本人の画像が豊富
  • 未使用素材の繰越が可能

PIXTAが唯一Adobe Stockより優れている点は「日本人の画像が豊富」という点です。

こちらもAdobe Stock同様繰越が可能です。

Adobe Stockは外国人の写真が多いため、日本人の被写体をメインで使用したい場合にはPIXTAを選びましょう。

3位 Shutterstock

Shutterstockロゴ

3位は膨大な数の素材数を誇るShutterstock(シャッターストック)

デメリットもあり3位となりましたが、3位でも十分優秀なサービスです。

Shutterstockのメリット

  • 素材数が多い
  • 利用者数が多い

ストックフォトサービスとしては長くサービスをしている会社なので素材数・利用者数共に非常に多いです。

写真の繰越が出来ないのがちょっと残念。

ストックフォトの料金比較

ストックフォト料金比較

ストックフォトは全て下記の3種類の料金プランがあります。

  • 単体プラン(買い切り)
  • 月々プラン(定額・解約OK)
  • 年間プラン(定額・解約不可)

価格単価は単体プランが一番高く、年間プランが一番安くなります。

単体プラン(買い切り)の特徴

単体プランに関しては使用可能点数がバラバラの為、公平な料金比較はできませんので特徴を記載します。

単体プランの特徴

3社共通するのはこの4点。

  • 動画など特殊素材を購入可能
  • 解像度により単価が変わる
  • 1枚単価が定額よりも高い
  • 買い切りのため解約不要

買い切りは定額と違って解約などの手続きも不要なので非常に安心&楽です。

とはいえ3社とも価格がめっちゃ高くなるのでおすすめしません。

単体プランを利用するよりは下記の解約可能な月々プランを利用して都度解約しましょう。

月々プランの特徴と料金比較

月々プランは定額の割引を享受しつつ、解約も可能という最も使い勝手の良いプランです。

月々プランの特徴

  • 解約や自動更新停止がいつでも可能
  • 料金体系がシンプルでわかりやすい
  • 体プランよりもはるかに安い

月々プランの料金比較

同条件の350点パックと750点パックの比較

350点 750点
Adobe Stock 24,980円 29,980円
Shutterstock 25,000円 30,000円
PIXTA 59,400円 69,300円

枚数の少ないプラン(3~50)ではそれぞれ点数が違うため、公平な比較はできませんが概ね似たような価格帯となっています。

Adobe StockとShutterstockの価格差はあまりありませんが、PIXTAは月々プランだと割高です

年間プランの料金比較

年間プランは1年縛りがある代わりに単価がかなり安くなります。

継続して利用する場合は確実にこちらがお得です。

10点 350点 750点
Adobe 3,480円 21,980円 24,980円
Shutterstock 2,920円 16,600円 20,800円
PIXTA 6,380円 24,970円 29,480円

年間プランは1年に1度の解約月以外に解約すると違約金が発生しますので十分に注意してください。

ストックフォトの選び方まとめ

ストックフォトの選び方まとめ

基本的にはおすすめランキングの通りですが、自分の利用シチュエーションによって選ぶべきストックフォトは変わってきます。

最後に利用シチュエーションごとのおすすめをご紹介します。

料金を安く済ませたい人

料金を安く済ませたい人はAdobe Stock

月々プランを必要に応じて自動更新停止がおすすめ。

ダウンロードした画像に有効期限はないため、750点プランにして1月で自動更新やめるのもお得。

詳しくはAdobe Stockの料金詳細記事にも記載しています。

日本人の画像が欲しい人

日本人の人物写真を大量に欲しい人はPIXTA一択です。

Adobe StockとShutterstockにも日本人画像はありますが、PIXTAには及びません。

日本人の人物写真がたくさん欲しい場合はPIXTAを使いましょう。

\日本人の写真素材が豊富/
PIXTA

業務用として超大量に使いたい人

解約はせずに毎月たくさんの画像を安定して利用するっていう場合はShutterstock

画像数も多く、年間の大量プランにすれば最も安くなります。

\大容量がお得/
Shutterstock

AdobeCCを使っている人

PhotoshopやIllustratorなどのAdobeCCを利用している人はAdobe Stock

Left Caption

私はAdobeCCを愛用しているので値段も安く利便性も高いAdobe Stockに乗り換えました

アプリケーション上から簡単に開いたり、透かしの入ったサンプル写真としてプレビューすることも可能。

AdobeCCを安く購入する方法もありますので、今後AdobeCCを使う予定の人もAdobe Stockがおすすめ。

\イラレあるならAdobe Stockが最適!/
Adobe Stock