仕事効率UP! Photoshopの必須ショートカット活用術

Photoshopを活用する上でショートカットは欠かせません。

キーボードショートカットを使うことで大幅な時短になり、人生の時間を増やすことにもつながるのでぜひ覚えて使いこなしていってください。

本記事では最新版のPhotoshopに対応したショートカットを掲載していますが、基本的にはどのバージョンであってもショートカットは共通です。

持っていない場合はPhotoshopを安く買えるプランをご利用ください。

目次

ツール選択系ショートカット

ツール選択系ショートカット

Photoshopのツール選択、切り替えに関するショートカットを紹介します。

利用頻度の高いツールのショートカットは全て覚えておきましょう。

ツール選択ショートカット

ツール名ショートカット
移動ツールV
長方形選択ツールM
なげなわツールL
オブジェクト選択ツールW
切り抜きツールC
フレームツールK
スポイトツールI
修復ブラシツールJ
ブラシツールB
コピースタンプツールS
ヒストリーブラシツールY
消しゴムツールE
グラデーションツールG
覆い焼きツールO
ペンツールP
文字ツールT
パス選択ツールA
長方形ツールU
手のひらツールH
回転ビューツールR
ズームツールZ

ツールの詳細は以下の記事をご覧ください。

サブツールへ切り替えるショートカット

サブツールへの切り替え

Shiftを押しながら前述のツールショートカットを押すことで同種の別ツールへ切り替えることができます。

ブラシツールの場合Shiftを押しながらBを押した回数に応じて順番にツールが切り替わります。

テキストツールの縦書きを切り替えたり長方形から円形に変えたりする際によく利用するショートカットです。

レイヤー操作系のショートカット

Photoshopはレイヤーを多用するソフトウェアです。

基本となるレイヤー操作は積極的にショートカットを用いて行いましょう。

レイヤー機能の詳細は以下の記事をご覧ください。

レイヤーを複製するショートカット

レイヤーの複製
OSショートカット
WindowsCtrl+J
macOSCommand+J

選択中のレイヤーを複製するショートカットです。

範囲選択した状態でショートカットを押すと選択範囲の部分に限定して複製できます。

Ctrl+Shift+Jにすることでカット&複製になります。

レイヤーの順番を移動するショートカット

レイヤーの順番を移動するショートカット
機能WindowsmacOS
レイヤーをひとつ下へCtrl+ [Command+ [
レイヤーをひとつ上へCtrl+ ]Command+ ]
レイヤーを一番下へCtrl+Shift+ [Command+Shift+ [
レイヤーを一番上へCtrl+Shift+ ]Command+Shift+ ]

レイヤーを一度に上下に移動することができる+Shiftはグループ化している場合は「グループ内の」一番上(下)へ移動し、同じキーを2回押すことで全レイヤーの一番上(下)に移動します。

レイヤーを直接選択するショートカット

OSショートカット
WindowsCtrl押しながらクリック
macOSCommand押しながらクリック

移動ツール(V)のツールオプション「自動選択」のショートカット。

Ctrlを押しながらクリックすることでクリック先のレイヤーを自動選択することができます。

レイヤー数が増えて選択するのが大変になったときや、複数オブジェクトを並び替えたりしているときに役立ちます。

グループ化のショートカット

グループ化のショートカット
機能WindowsmacOS
グループ化Ctrl+GCommand+G
グループの解除Ctrl+Shift+GCommand+Shift+G

レイヤーを複数選択した状態でショートカットキーCtrl+Gを押してください。

レイヤーの結合

レイヤーの結合
機能WindowsmacOS
レイヤーの結合Ctrl+ECommand+E
表示レイヤーをすべて結合Ctrl+Shift+ECommand+Shift+E

レイヤーの結合は選択状態のレイヤーをまとめて結合できます。
複数のレイヤーを同時に選択する場合はCtrl(Command)を押しながら選択します。

結合の際テキストやシェイプ、スマートオブジェクトラスタライズされるので注意してください。

編集系ショートカット

毎日利用するやり直したりコピペを行う編集系のショートカットについて解説します。

やり直し系ショートカット

やり直し系ショートカット
機能WindowsmacOS
取り消すCtrl+ZCommand+Z
やり直すCtrl+Shift+ZCommand+Shift+Z
最後の状態を切り替えCtrl+Alt+ZCommand+Option+Z
やり直しの実例

取り消し(Ctrl+Z)は作業をさかのぼり1つ前の状態に戻すことができます。

取り消しによって戻りすぎた場合はCtrl+Shift+Zで進むことができます。

最後の状態を切り替え」は「取り消し」と「やり直し」を交互に繰り返す機能です。旧Photoshopのやり方に慣れている人向けです。

絶対に覚えておきたい頻出ショートカット

コピー、ペースト、カット
機能WindowsmacOS
コピー(COPY)Ctrl+CCommand+C
ペースト(PASTE)Ctrl+VCommand+V
カット(CUT)Ctrl+XCommand+X

Photoshopに限らず、IllustratorからOfficeソフトまで幅広いソフトで共通するショートカットです。

これら3つのショートカットを使いこなせるようになるだけでも作業効率は大幅にアップします。

特殊ペースト系ショートカット

特殊ペースト系ショートカット
機能WindowsmacOS
結合部分をコピーCtrl+Shift+CCommand+Shift+C
同じ位置にペーストCtrl+Shift+VCommand+Shift+V
選択範囲内にペーストCtrl+Shift+Alt+VCommand+Shift+Option+V

「結合部分をコピー」は選択中のレイヤーだけじゃなく、下層レイヤーを含めた表示レイヤーをコピーします。

「同じ位置にペースト」はコピーした位置と同じ座標に貼り付けます。

「選択範囲内にペースト」を選択した場合は範囲選択したエリアにレイヤーマスクを作成して貼り付けを行います。

範囲選択系ショートカット

選択範囲を作成するショートカットで多用するものをご紹介します。

ショートカット効果WindowsmacOS
アートボード全体を選択Ctrl+ACommand+A
選択範囲を解除Ctrl+DCommand+D
選択範囲を反転Ctrl+Shift+ICommand+Shift+I
選択範囲の追加ShiftShift
選択範囲の削除AltOption
境界をぼかすShift+F6Shift+F6

選択範囲を変更するショートカット

選択範囲を変更するショートカット
ショートカット効果ショートカット
選択範囲を追加Shiftを押しながら範囲選択
選択範囲を削除Alt(option)を押しながら範囲選択
選択範囲を反転Ctrl(command)+Shift+I

選択範囲ツールはShiftを押していれば範囲を拡張することができ、Altを押しながら選択することで部分的に削除することができます。

選択範囲の反転はCtrl+Shift+IだけでなくShift+F7も割り当てられています。

選択範囲の境界線をぼかすショートカット

選択範囲の境界線をぼかすショートカット

選択範囲を選択した状態でShift+F6を押すことで「境界線をぼかす」を適用できます。

自動選択を使った切り抜き時などにも役立つショートカットです。

色に関するショートカット

描画色や塗りつぶしに関するショートカットを紹介します。

描画色と背景色のショートカット

描画色と背景色のショートカット
ショートカット効果ショートカット
描画色と背景色の入れ替えX
描画色と背景色を白黒にリセットD

キーボードショートカットで描画色と背景色を変更することができきます。

Dキーで描画色を黒、背景色を白にリセットすることができます。

選択範囲を背景色で塗りつぶし

選択範囲の塗りつぶしショートカット
OS選択範囲を背景色で塗りつぶし
WindowsCtrl+backspace
macOSCommand+Del

範囲選択状態でbackspaceキーを押すと削除(透明)になりますが、Ctrlを押しながらDelキーを押すことで背景色で塗りつぶしができます。

前述した描画色と背景色を変更するショートカットを覚えておきましょう。

通常の「塗りつぶし」はShift+F5です。

画像の合成に役立つショートカット

画像の合成に欠かさえないマスクや色調補正、描画モードのショートカットをご紹介します。

マスク系ショートカット

ショートカット効果WindowsmacOS
クリッピングマスクCtrl+Alt+GCommand+Option+G
選択範囲を反転してマスクAlt+マスク作成Option+マスク作成
マスクから選択範囲を作成Ctrl+マスクサムネクリックCommand+マスクサムネクリック

マスク機能の詳細は以下の記事をご覧ください。

色調補正系ショートカット

ショートカット効果WindowsmacOS
トーンカーブCtrl+TCommand+T
レベル補正Ctrl+LCommand+L
色相・彩度Ctrl+UCommand+U

色調補正に役立つ補正系のショートカットです。

トーンカーブの使い方は以下の記事をご覧ください。

レイヤーを直接加工したくない場合はスマートオブジェクトまたは調整レイヤーを利用してください。

フィルター系ショートカット

ショートカット効果WindowsmacOS
ゆがみCtrl+Shift+XCommand+Shift+X
Camera RawCtrl+Shift+ACommand+Shift+A

Camera Rawはノイズ除去などを利用する際に利用します。

詳しい使い方は以下の記事をご覧ください。

描画モードのショートカット

描画モード 項目ショートカットキー
描画モード切り替えShift +「+ / – 」
乗算Shift + Alt + M
焼き込みカラーShift + Alt + B
スクリーンShift + Alt + S
覆い焼きカラーShift + Alt + D
オーバーレイShift + Alt + O
macはalt→option

描画モードは対象となるレイヤーを選択した状態で上記のショートカットを押してください。

描画モードの効果詳細およびその他の機能のショートカットは以下の記事をご覧ください。

ファイル操作系のショートカット

ファイル操作系のショートカット

サイズを変更したり保存する頻繁に利用することになるファイル操作系のショートカットを紹介します。

解像度やカンバスサイズを変更するショートカット

ショートカット効果WindowsmacOS
解像度の変更Ctrl+Alt+CCommand+Option+C
カンバスサイズの変更Ctrl+Alt+ICommand+Option+I

ファイルを保存するショートカット

ファイルを保存するショートカット
ショートカット効果WindowsmacOS
保存Ctrl+SCommand+S
別名で保存Ctrl+Shift+SCommand+Shift+S
Web用に保存Ctrl+Shift+Alt+SCommand+Shift+Option+S

通常の保存は既存ファイルを開いている場合は上書き保存として機能します。

別のファイルとして保存したい場合は「別名で保存」を利用してください。

Web用の画像として圧縮した画像を使用したい場合は「Web用に保存」を利用します。

ショートカットの登録方法とおすすめのオリジナルショートカット

ショートカットの登録方法とおすすめのオリジナルショートカットを解説します。

ショートカットの登録方法

ショートカットの登録方法
項目Windowsmac OS
新規ショートカット登録Ctrl+Shift+Alt+KCommand+Shift+Option+K

新規ショートカットを登録する場合は「編集メニュー」内の「キーボードショートカットとメニュー」で行います。

ショートカットが割り当てられていないものは空欄になっています。

選択した状態で割り当てたいキーボードショートカットを押すと自動で入力されます。登録したいショートカットがすでに使用されている場合はエラーが出ます(上書きすることも可能)

コンテンツに応じた塗りつぶし

コンテンツに応じた塗りつぶしは周辺画像を元にAIが自動で補正してくれる便利機能です。

私は「Command+Shift+Control+C」を割り当てていますが使われていないものならなんでもOKです。

調整レイヤー(トーンカーブ)

通常のトーンカーブはCtrl+Mに登録されていますが、調整レイヤータイプのトーンカーブは登録されていません。

覚えやすいように「Command+Shift+Control+M」に登録しています。

トーンカーブの調整レイヤーはよく使うのでショートカットしておくと便利です。

シェアしてくれると嬉しいです

コメント

コメントする

目次
閉じる