【動画編集】Premiere Proとは? できることや魅力的な機能を解説【PR】

Premiere Proってどんなソフト?

動画編集といえばPremiere Proと言われるほど有名で、世界中のクリエイターに愛用されているソフトです

本記事ではPremiere Proについて詳しく解説します。

目次

Adobe Premiere Proとは?

Premiere Pro CCとは?

Premiere Proはアドビ社が販売している動画編集ソフトで、世界中の動画クリエイターに愛用されています。

初心者からプロまで満足できる動画編集ソフト

Premiere Proの良いところはプロだけでなく、初心者でも満足できる

  • 動画編集初心者でも使いやすいUI
  • プロ仕様の充実した機能
  • AIテクノロジーによる大幅な時短効果

Premiere Proはプロ仕様になっており、一般的な動画編集業務だけでなく映画制作にも採用されています。

日本映画では「シン・ゴジラ」や「シン・エヴァンゲリオン劇場版」でPremiere Proが使われ、素晴らしい作品が生まれました。

本編だけでなくプロモーションもPremiere Proで作成

このようなプロ向けのソフトウェアにもかかわらず、使いやすいUIなので動画編集初心者でも基本機能だけで編集することが容易です。

近年では在宅ワークやリモートワークの需要が急増しており、Premiere Proを利用して動画編集の副業を始める人も増えています。

誰が使っても使いやすく便利なPremiere Pro、これから動画編集をはじめるならPremiere Pro一択でしょう。

Premiere Proの料金について

Premiere Proの料金は以下のとおり。

プラン月額料金年間料金
月間プラン3,828円45,936円
年間プラン2,728円32,736円
年間プラン(一括払い)2,398円28,776円

いちばんコスパが良いのは月額2,398円になる年間契約の一括払いですね。

  • 現在はプレミアの買い切り版は無し
  • 1ライセンスで2台まで利用可能(3台目に移行も簡単)
  • 1ライセンスでWindowsもMacも利用可能

Premiere Proはサブスクリプションのみの販売

Premiere Proは月額2,398円〜利用できるサブスクリプションプランでの販売のみ。

買い切りのパッケージ版(CS)もありましたが、10年ほど前に販売終了しています。

サブスクを嫌いな人もいますが、買い切りのCS6は98,175円もしていました。
さらにアップデートは有料だったので現在のアップデート無料で使い放題のサブスクプランのほうが圧倒的にお得です。

プレミアプロサブスクメリット

1つのライセンスでWindowsもMacも両方使えるし、2台のパソコンで認証が可能です。

最新バージョンは新しいMacのApple製M1チップにも対応しています。

はじめて動画編集を始める人でも気軽にプロ向けのソフトを使用できるようになったのはサブスクのおかげ。

\プロ向けのソフトが低価格で使える/

Premiere Proの特徴とできる事

Premiere Pro CCの特徴とできる事

定番の動画編集ソフトのPremiere Proですが、使ったことがない人には魅力が伝わりにくいかもしれませんね。

  • 具体的にどんな事ができるのか?
  • すごいと唸るような革新的な機能
  • 便利なポイントの具体例など

Premiere Proの魅力を解説します。

やりたいことは基本的になんでもできる

動画編集で「こんなことがしたい」っていう要望は基本的にPremiere Proのみでできちゃいます。

操作がかんたんなPremiere Proですができることは多岐にわたります。

動画編集ができればな〜って思ったことがある人はぜひPremiere Proを学んでみてください。

思い通りの動画が作れるようになりますよ。

オートリフレームで多くのメディアに対応可能

近年はシェアするSNSが多すぎてそれぞれ最適なサイズ・比率の動画を作成する必要があります。

それぞれのサイズで見栄え良く見える映像をいちいち作成するのは大変ですよね。

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • TikTok

Premiere Proのオートリフレーム機能なら自動で最適な縦横比で被写体の位置を調整してトリミングしてくれるので手間いらず。

単純に中心でトリミングするわけじゃなく、人物や風景など最適なポイントをAIが自動で調整してくれるのがポイント。

また、書き出しのファイル形式やサイズも自由自在。作成した動画を思いのままにシェアできます。

AIが自動で編集ポイントを検出

手間のかかるマーカー処理もアドビのAIテクノロジー、Adobe Senseiにおまかせ。

シーン検出機能で自動でカットしたりクリップマーカーを作成することが出来ます。

数時間かかるような面倒な作業もAIに任せれば手間いらず、圧倒的な時短効果を実感できます。

AIが自動でテロップ入力

文字起こし機能を使えば、Adobe Senseiが音声データを解析してテキスト化してテロップとして挿入してくれます。

話している人物が複数だとしてもそれぞれ人を認識してくれ、発声タイミングに合わせて表示してくれるので作業時間がびっくりするほど短縮されます。

この時短効果があるだけでもPremiere Proを買う価値ありなレベル。

外出先でもスマホやタブレットから動画編集

Premiere ProにはiOSやAndroidアプリ「Premiere Rush」が付属しています。

Premiere Rush(プレミアラッシュ)はPremiere Proと比較すると機能は劣りますが、モバイル端末から動画編集するには十分すぎるほどの機能を有しています。

また、Premiere Rushはクラウド保存のため、ファイル移動を行うこと無くPremiere Proで続きを編集する事ができます。

プレミアラッシュ

外出先ではPremiere Rushを使って、帰宅後はPremiere Proで仕上げるといった使い方もできます。

特に旅行中にSNSやYouTubeに動画をUPしたい人におすすめ。

あらゆるフォーマットに対応し、他ソフトとの連携に優れる

Premiere Proは多数のファイル形式の読み込みに対応しています。

静止画ではPSD / AI / BMP / EPS / PNG / JPG / TARGA / TIFFなどなど他にも多数のファイルを読み込めます。

読み込み可能ファイル一例

音声・オーディオファイル

  • AAC
  • AIF
  • AVI
  • M4A
  • mp3
  • WAV

静止画ファイル

  • PSD
  • AI
  • JPG
  • EPS
  • BMP
  • TIFF

ビデオファイル

  • MP4
  • AVI
  • GIF
  • F4V
  • MXF
  • MOV

上記以外にも多数のファイルを読み込むことができます。

D&Dでファイルを挿入できるので互換性などを気にすること無く気軽に動画編集が行なえます。

動画編集の基本となるソフト

動画編集の流れ

Premiere Proは動画編集には欠かせない母艦となるソフトです。

上図のように他ソフトで作成したファイルをPremiere Proでまとめるというイメージですね。

たくさんのソフトが必要なように感じるかもしれませんが、Premiere Proにも多くの機能が搭載されているので単体でも完結します(詳しくは後述します)

Premiere Proと一緒に使うと便利なソフト

Premiere Proと一緒に使うと便利なソフト

Premiere Proは単体でも十分すぎるほどの機能を有していますが、本格的な映像制作を行う際には他のソフトとあわせて使用します。

具体的にどんなソフトと一緒に使うのか?

動画編集のベースとなるPremiere Proと連携に優れるソフトは多々ありますが、中でもよく使われるソフトは以下の5つ

  • After Effects
  • Audition
  • Animate
  • Photoshop
  • Illustrator

なぜPremiere Proだけでなく他のソフトを併用するのか簡単に解説します。

After Effectsで特殊エフェクト加工を

After EffectsもPremiere Pro同様に単体で動画を作成して書き出せる機能を有していますが動画編集ではPremiere Proを使うのが基本です。

After EffectsはPremiere Proと併用して使うもので、以下のような特殊加工を行う場合に使用します。

  • 映像の合成処理
  • 映像のマスキング
  • 映像のトラッキング
  • 特殊アニメーション
  • コンピューターグラフィックス

イメージしやすいのはハリウッド映画のような特殊効果ですね。

元データに無い映像素材を作り出すにはAfter Effectsが必要です。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

音声・音楽編集を本格的に行う場合にAuditionを使用

Premiere Proにも音声編集・音楽編集機能が搭載されていますが、更に細かく調整したいという場合に使用するのが音編集専門ソフト『Adobe Audition』です。

基本的にはPremiere Proの機能だけで十分ですが、ノイズ、音声、音楽など音を分離したり音楽に合わせて自動編集したりといった人工知能機能を利用したい場合にはAuditionが必要になります。

PhotoshopやIllustratorを映像制作で使用する理由

静止画を扱うPhotoshopIllustratorも動画編集で役に立ちます。

動画に使用する素材は必ずしも映像だけではありません、映像の中に写真や画像を挿入することは多々ありますし。

また、Illustratorで作成した特殊なテロップロゴを挿入することもあります。

PreludeやAnimateも合わせて使うとより便利

その他、使用する動画素材が多い場合にラフカットを行うPreludeやアニメーションを作成するAnimateなどがあります。

基本的には使うことはありませんが、利用シチュエーションに応じてこれらのソフトも併用すると便利ですよ。

動画編集ソフトの使い分けについては以下の記事もあわせてご覧ください。

Adobe Stockへ直接アクセス

Premiere Proは高品質素材をダウンロードできるストックサービス『Adobe Stock』から動画、音楽、画像ファイルを直で使用することができます。

Adobe Stockには素材だけでなくプロが作った映像グラフィックスを手軽に使えるモーショングラフィックステンプレートが用意されており、簡単にタイトルアニメーションや動きのある映像グラフィックが作れます。

また、Adobe Stock内で探さなくてもPremiere Pro内で素材を適用し、購入することができるので作業効率が大幅にUPします。

\Adobe Stockは無料素材も豊富/

Premiere Proは仕事・副業で役立つ

Premiere Proは仕事・副業で役立つ

業界標準でありプロが愛用するPremiere Proが使えるというのは仕事や副業でおおいに役立ちます。

仕事要項で『Premiere Proに限る』が多い理由

求人やクラウドソーシングでの募集要項に『Premiere Proが使える人』『指定ソフト:Premiere Pro』といった記載をよく見かけますよね。

求人や仕事を募集している人の多くはPremiere Proを使用しているのでサポート可能でファイルの互換性が高いPremiere Proを指定することが多くなります。

資格を取るよりも『Premiere Proが使える』『Premiere Proでこの作品を作りました』のほうが圧倒的に求人訴求力が高いのでぜひPremiere Proを使ってみてください。

YouTubeの動画編集に最適

YouTube用の動画は複雑な機能を使わないため、他のソフトでも代用が可能ですがPremiere Proの利用を推奨します。

かんたんな作業にもPremiere Proを使う理由

  • スキルの資産価値が高い
  • 作業効率が上がり時間単価も上がる
  • サードパーティーアプリが利用可能
  • なんでもできる(After Effects併用)
  • 利用者が多いので知りたい情報がすぐ見つかる

YouTube動画編集にAdobe Premiere Proが最適な3つの理由

どうせ動画編集を行うなら価値のあるスキルを高めましょう。

また、シンプルなYouTube動画編集で多用する以下の作業、これらの作業はPremiere Proを使えば爆速編集が可能です。

  • テロップ挿入
  • 動画のカット処理
  • 効果音や静止画などSE挿入

作業を効率化すれば時間単価が上がり、あっという間にソフト代以上の元が取れますよ。

動画編集の副業で稼ぐ

自身でYouTubeを行わなくても動画編集で稼ぐことは可能です。

初心者におすすめなのがクラウドワークスでYouTuber向けの動画編集。

カット、SE挿入、テロップ挿入などの簡単な作業だけなので仕事をしながら操作に慣れると一石二鳥。

ある程度慣れてきたらSNSで直接営業してみるのもおすすめ。

Premiere Proをある程度使えるのであればクラウドワークスよりも効率良く稼げます。

Premiere Proの使い方を学ぶためのおすすめの学習方法

Premiere Proの使い方を学ぶためのおすすめの学習方法

Premiere Proをおすすめする理由の1つに『教材が超豊富』というものがあります。

  • 利用者多数
  • 書籍数が最多
  • チュートリアル数最多
  • 公式のチュートリアルも豊富
  • YouTuberやブロガーの情報発信が多い

利用者が圧倒的に多いので困ったらググれば一瞬で解決します。

マイナーなソフトを使用していると学習するのも大変なので学習が楽というのもPremiere Proの魅力の一つ。

基本的な動画編集の方法

Premiere Proは初心者にも使いやすいようにできているので簡単な動画編集であれば今すぐにでもはじめることができます。

ソフトを起動したけど何をすればいいのかわからないという人向けにPremiere Proの使い方を解説しています。

【初心者でも大丈夫】Premiere Proの基本的な使い方を解説【動画編集】

豊富な無料教材で学ぶ

豊富な無料教材で学ぶ

Premiere ProはAdobe公式が公開している無料の動画チュートリアルさらに動画クリエイターによるYouTube動画が多数公開されています。

公式のチャンネルをみるだけで学ぶことができるので学習コストがかからないというのもメリット。

Adobe Creative Station – YouTube公式チャンネル

Premiere Pro 公式チュートリアル

Premiere Proは書籍も充実

書籍も豊富で目的に合うものが多数販売されているので本で学ぶこともできます。

どの本を選べばいいかわからないという人はPremiere Proのおすすめの学習本7選を参考にしてみてください。

動画クリエイタースクールでも教科書として採用されている書籍なので初心者でもわかりやすく学ぶことが出来ます。

直接指導を受けたいなら動画編集スクール

独学が苦手、直接教えてもらいたいっていう人はマンツーマンで教えてくれるTechAcademyが最適。

TechAcademyの動画編集講座のメリット

  • 自宅で学べる
  • マンツーマン体制
  • 専属トレーナーが最適な課題を提供
  • 自分に足りないスキルを指摘してもらえる
  • 課題の添削、学ぶべきポイントを的確に指示

最短で学びたい場合はスクールに通い、効率よく学びましょう。

スクールで学習し、課題として制作したポートフォリオを使うことで転職や副業案件もとりやすくなりますよ。

>>TechAcademyの動画編集講座はこちら

動画編集の学習方法についてもっと詳しく知りたい場合は下記の記事もあわせてご覧ください。

Premiere Proは買って後悔なし

Premiere Proは買って後悔なし

最後にPremiere Proの抑えておくべきポイントをまとめます。

  • 動画編集に必要な機能を網羅
  • 動画制作の母艦となる基本ソフト
  • AI搭載で作業効率が非常に高い
  • サブスクだけどコスパが高い
  • 仕事や副業で役立つ
  • 利用者が多く学習環境も整っている

Premiere Proは動画編集を行うのに欠かせないソフトとなっています。

After Effectsなど別のソフトを使用するにしてもまずはPremiere Proから学んでおくとスムーズに学習をすすめることができますよ。

Premiere Proには機能制限なしの無料体験もあるのでぜひお試しください。

\万能な動画編集ソフト/

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる