Adobe illustrator CCとは?できることや特徴をわかりやすく解説

Illustratorってそもそも何?名前からしてイラスト描くソフト?

確かにイラストも描けますが…本質は違います

Illustratorでできることはたくさんありますが、最大の特徴はベクター形式を扱えるところ。

Illustrator初心者向けにソフトの特徴や抑えておくべきポイントなどを解説します。

  • Illustratorってなに?なにができる?
  • ベクター形式ってなに?
  • Illustratorが必要な理由

Illustratorを安く買う方法も解説しています。

目次

Adobe Illustrator CCとは?できることや特徴を解説

IllustratorとはAdobe社が販売しているグラフィックソフトのことで「Adobe Illustrator CC」という名称で販売されています。
CCというのはCreative Cloudの略(2012年までの旧シリーズはCS)

Illustratorで扱うデータは点と線で構成されるベクター形式なので印刷物やロゴ作成に最適なドローソフトです。

ベクター形式とは? ドローソフトの特徴

ペンツールとパス

ベクター形式は点と線で構成されるパスを扱います。

パスはベジェ曲線とも呼ばれ、以下の3項目で構成される図形です。

  • 方向線(ハンドル)
  • 線(セグメント)
  • 点(アンカーポイント)

パスは点の座標と線を数値化して表現しているのでサイズの制限が存在せず、いくらでも拡大可能。小さな紙でも飛行機サイズでも同じように綺麗に印刷できます。

jpgやpngをはじめとしたラスター形式はピクセルで表現しているので拡大していけばピクセルの粒子が見えてしまいます。

ベクターイラスト例
ラスターとベクター比較

Illustratorではテキストツールで入力した文字も同じようにパス(図形)に変換することができます。

テキストのアウトライン

アウトライン化してしまうと図形になってしまうため文字のオプション設定は変更できなくなりますが、図形として固定されるのでどんな環境でも表示が崩れること無くフォントファイルにも依存しません。

アウトライン化する意味や方法に関して詳しく知りたい方は記事をご覧ください。

ベクタ形式は.aiや.svg .epsなどの形式で保存されますがjpgやpngなどのラスター形式に変換して保存することもできます。

しかし、逆にラスター形式からベクター形式には変換できないのでオリジナルデータはベクター形式で保存しておくのが基本。

Illustratorを使ってできること

Illustratorでできることは多岐にわたります。

  • 印刷物全般(名刺、ちらし、ポスター、パネル)
  • 商品デザイン全般(パッケージ、製品デザイン)
  • ロゴデザイン(企業ロゴ、アイコン、タイトルロゴ)
  • Webデザイン(サイトデザイン、バナー、装飾素材)
  • イラスト

多くのことに使えるIllustratorですが、やはり印刷に関わるクリエイティブには欠かせません。

Illustratorはベクターデータの作成だけでなく、レイアウトの作成にも秀でているので印刷に関わらないWebデザインやプレゼンスライドのデザインなどにも利用できます。

Illustratorではできないこと

Illustratorでは写真など画像の加工はできません。

ベクター形式は拡大しても荒れることのない汎用性の高い形式ですが、あくまでも点と線がベースなので写真のような複雑な画像には不向き。

ポスターやチラシなどを作成する際は写真はPhotoshopで編集しIllustratorに貼り付けるというイメージで両方のソフトを使用します。

ペイントソフト(Photoshop)とドローソフト(Illustrator)の違いは以下の通り。

比較項目IllustratorPhotoshop
ソフトタイプドロー型ソフトペイント型ソフト
データ形式ベクタ形式(ベクトル)ラスタ形式(ビットマップ)
形式変換可能不可
色数少ない多い
拡大縮小劣化なし劣化あり

Photoshopとの違いは下記の記事で詳しく解説しています。

Illustratorを使う仕事や職種

Illustratorは世界中で愛用されるデザイナーには欠かせない業務用ツールです。

印刷関係だけでなく、様々な業種・職種で利用されています。

  • DTPデザイナー
  • グラフィックデザイナー
  • イラストレーター
  • Webデザイナー
  • 動画編集・映像制作

DTPデザイナー/グラフィックデザイナー

 DTPデザイナー/グラフィックデザイナー

DTPというのはDeskTop Publishingの略で、パソコンでデザインして印刷機で印刷することです。単純に「印刷物のデザイン=DTPデザイン」って思っておいて支障はありません。

グラフィックデザインの定義は曖昧ではありますが、一般的に平面デザイン全般を指します。

Illustratorは名刺、ポスターやチラシ、看板、本、商品パッケージ…などなど多くのシーンで使用され、印刷物に最適な業界標準になっています。

「 印刷物=Illustrator 」というイメージは強いですが、印刷物でも本や雑誌のようにページ数が多いものはAdobe InDesignが使われています。

イラストレーター

イラストレーター

イラストを描けるソフトはたくさんありますが多くはピクセルベースのペイントソフト。

Illustratorのブラシは前述したようにベクターブラシなので拡大や印刷しても荒れることがないので企業案件で本やグッズなどに使用する場合はIllustrator形式での納品が求めらます。

単なる「絵」ではない「汎用性の高いイラストデータ」を作れるのでイラストを仕事にするなら使えるようにしておきたいソフトです。

Webデザイナー

ウェブデザイン

Illustratorのベクタ形式はJPG/PNGといったラスタ形式で書き出すこともできるのでWebサイト、バナー、素材などWeb用にも使えます。

WebデザインはPhotoshopAdobe XDを使う人のほうが多いですが、Illustratorで作っている人もたくさんいますよ。

レイアウトはIllustratorでも問題ありませんが、写真の加工にはPhotoshopを併用します。

動画編集

動画編集

Illustratorは動画制作のシーンでも利用されています。

動画のタイトルロゴや特殊なテロップなどPremiere Proで作りにくいような特殊なデザインはIllustratorで作成して動画で使用します。

Illustratorで作成したキャラクターをAnimate CCなどのソフトで動かすことも。

Illustratorの魅力的な機能

Illustratorは10年以上前から業界の主要ソフトとして活躍していますが、毎年大きな進化を重ねています。

最近ではタブレットでも快適に利用できるようになり、AI機能も大きく発達してきています。

Illustrator for iPadでどこでもデザインできる

Illustratorの料金プランには標準でIllustrator iPad版が付属しています。

デスクトップ版のほうが機能は豊富ですが、iPad版もかなり進化しておりタブレットだけで制作が可能

ブラシツールもタブレットとの相性が良く、イラストを描くのにも最適。

スナップ機能による精密な位置調整

Illustratorではオブジェクトやテキストを移動させる際にガイドが表示されベースラインや文字の高さなどのキーポイントにスナップします。

ベクトルデータなので拡大して合わせることもできますが、スナップ機能により簡単に正確な位置にオブジェクトを配置することができます。

ライブトレース(ラスタ形式からのベクター変換)

写真の高精細ベクター化も可能に
ベクター化

通常は画像データ(ラスタ形式)をベクターデータに変換することはできません。

しかし、Illustratorには「ライブトレース」という機能が搭載されているので人工知能(Adobe Sensei)により写真やスケッチを自動でトレースしてベクター化してくれます。

しかし高精度でのライブトレースは上図のように複雑なパスになってしまうので注意。

ライブトレースオプションでは簡易トレースから高精度トレースまで自由に調整可能。

Illustratorで抑えておきたいポイント

Illustratorは機能が豊富で何から学べばいいか迷ってしまいがちですが、心配はありません。

Illustratorは世界中・日本中で愛用されているソフトなので調べればすぐに解決策が出てきます。

「なんて調べて良いのかわからない」「何がわからないかわからない」というレベルだけ脱することができるように必要最低限の基礎だけは一通り学んでおくとスムーズですよ。

Illustratorの基礎学習には本がおすすめ

Illustratorの基本となるツールの使い方を一通り学ぶ際は本があると便利。

以下の基本ツールさえ使えれば本を見ながら最低限のことはできます。

  • パスツール
  • 選択ツール
  • レイヤー
  • マスク
  • テキストツール
  • シェイプツール

知りたいことをピンポイントで学べる逆引き辞書やレッスン形式で効率よく学べる本をまとめてあります。

無料で読める本もあるのでぜひご覧ください。

印刷物特有のルールに注意

印刷物はWebと違い、画像として書き出して終了というわけではありません。

印刷会社ごとに入稿ルールは異なりますが覚えておきたいポイントはいくつもあります。

ディスプレイと印刷ではカラーモデルも異なりますし、フォントは図形化(アウトライン)が必須。

印刷物は以下のような制約があるので注意しましょう。

  • 印刷後は修正が効かない
  • 印刷するまで正確な色味がわからない
  • 画像はWebの5倍程度の解像度が必要

印刷所へ入稿して行う印刷物は難しくはありませんが、リスクがあるので仕事として行う際はしっかりと学習してから行うことをおすすめします。

Illustratorを安く買う方法

Illustratorを購入するなら以下の3択

簡潔に解説します。

買い切り版(CSシリーズ)は2012年を最後に販売終了しています。
詳しくはこちら:PhotoshopやIllustratorの買い切り版について

公式サイトでillustrator CCを購入するメリット

公式サイトで購入するメリットは一つ「プランが豊富

プラン月額料金
年間プラン(一括払い)2,398円相当
年間プラン(月々払い)2,728円
月々プラン3,828円

月々プランは唯一、ひと月単位での使用が可能ですが割高というデメリットがあります。

\ 公式サイトでillustratorをチェック /

Amazonで購入するメリット

Amazonで購入するメリットは「公式サイトより少し安い」

Adobe公式サイトより2,616円安くなっています。

  • Adobe公式サイト:28,776円
  • Amazon:26,160円

購入が楽というのもメリットですね。届いたコードを入力するだけなのでお手軽です。

\1~3年プラン選択可能/

学生じゃなくてもOKなAdobe CCアカデミック版

Adobe CCを安く買う方法として有名なAdobe公認のオンラインアカデミーに入会してから学割購入するという裏技。

一番おすすめの方法ですが「illustratorしか使わない」という人は上記の単品プランで十分です。

しかし、月額3,331円でPhotoshopAdobeの動画編集ソフトなど全部のソフトが使い放題のコンプリートプランが購入できるのでAdobeソフトを2つ以上使う場合はこのプラン一択。

さらに動画教材まで付いてきます

もちろんIllustratorの使い方も動画で学べますよ

\全ソフトが使用できる /

>Adobe CCを安く買えるアカデミック版についてもっと詳しく知りたい場合はこちら

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる