Webデザインに必要なソフトは? Photoshop Illustrator Adobe XD

Webデザインに必要なソフトは? Photoshop Illustrator Adobe XD

Webデザインで使われるデザインツールはたくさんあってどれを使えばいいか迷いますよね。

  • Photoshop
  • Illustrator
  • Adobe XD
  • Sketch
  • Figma
  • InVision Studio

本記事ではWebデザインのレイアウトデザインに使うおすすめのAdobeソフトについて解説します。

  • Webデザインツールの概要
  • デザインソフトの違いと使い分け
  • デザインソフトをお得に買う方法

これからWebデザインを始める人はソフト選びの参考にしてみてください。

目次

Webデザインに使われるAdobeソフト3つ

Webデザインに使われるAdobeソフト(フォトショ・イラレ・XD)

Webデザインに使えるソフトは数多くありますが、私がおすすめするのは世界で最も有名なAdobeソフト3つ

  • Adobe Photoshop
  • Adobe Illustrator
  • Adobe XD

Adobe CCはWebデザインに限らずあらゆるクリエイティブシーンで利用されます。

Adobeソフトを使いこなすのはクリエイターとしてスキルアップしていく上でも重要。

Adobe Photoshop

Photoshop(フォトショップ)はWebデザインツールに詳しくない人が一番最初に思い浮かぶソフトじゃないでしょうか?

PhotoshopはWebデザイン専門ソフトではありませんが、以下のようなメリットがあるのでWebデザインで使用されることが多くなっています。

  • レイアウトの自由度が高い
  • レイヤーで構造管理できる
  • 素材の書き出しがかんたん
  • 使用する画像を自由に加工できる
  • ソフト機能が豊富でなんでもできる

写真などの画像編集に特化したソフトですがWebデザインにも便利なので定番ツールとしても利用されています。

Adobe Illustrator

Illustrator(イラストレーター)もWebデザイン専用ツールではありません。

Illustratorは主に「ポスター・ちらし」「ロゴデザイン」「イラスト」などに使われるソフトで、CADのように点と線で構成されるベクター形式になっています。

印刷物のデザインに優れるソフトですが、レイアウト機能が充実しているので紙面同様にWebサイトのデザインをするということもできます。

Adobe XD

Adobe XDはUIデザインやWebデザインに特化した専用ソフトです。

  • 基本機能は無料で利用できる
  • Webサイト作成に役立つ機能が豊富
  • リンク移動を再現するプロトタイプ機能

Photoshopのような画像加工機能やIllustratorのようなパス編集機能はありませんが、画像やテキストを配置していくレイアウトに強く、WebデザインやUIデザインに最適。

Adobe Dreamweaver

Dreamweaverはデザインソフトではなくコーディング用ソフトです。

フォトショやイラレは見た目のデザインカンプを作るソフトですが、Dreamweaverはデザインされたものをブラウザで表示するようにプログラミングするためのソフトです。

一般的なテキストエディタと違ってWeb制作に便利な機能が多数搭載されているのでコーディングとデザインを同時進行ということも一応可能。

Webデザインソフトを選ぶコツと使い分け

Webデザインソフトを選ぶコツと使い分け

Webデザインツールの概要はわかったけど、結局Webデザインソフトはどれを使えばいいの?

Webデザインに使うソフトはあくまでもツール。正解は無いので自分に合ったものを選びましょう。

選び方のコツと使い分け方法について解説します。

Photoshopはレイアウトだけでなく画像加工も可能

Photoshopはフォトショマジックとも言われるように画像を別物に合成加工したり、写真の余計なものを取り除いて見栄えを良くすることもできます。

Webサイトで使う写真素材を加工する際にはPhotoshopが必須

また、Photoshopを標準のWebデザインツールとして採用している企業も多いので使えるようにしておきたいソフトの一つです。

Illustratorは使い慣れている人向け

Illustratorは印刷物でよく利用されるソフトですが、Webデザインでも利用されています。

すでにIllustratorに慣れている人が使うのはおすすめですが、Webデザインにも使えるというだけでWebデザインに最適とは言えません。1からWebデザインツールを学びたいという場合はPhotoshopかXDのほうが適切。

しかし、Webデザインで使うアイコン素材やロゴの作成はIllustratorで行います(データ形式がベクターだから)

参考:Adobe PhotoshopとIllustratorの違いと使い分け

Webデザインに特化しているXD

Webデザインに特化しているXDは無料でも始められるので初心者がはじめるのに向いています。

共有機能を使えばデータの確認も簡単にできるので「Webデザインしかしない」のであればXDが最適。

しかし、前述したように「画像の編集にはPhotoshopが必要」「ロゴやアイコン編集にはIllustrator」といった具合にそれぞれのソフトを併用する必要が出てきます。

仕事環境に合わせる

フォトショを使おうがイラレを使おうがWebデザインはできますが、使うソフトの選定で一番大事なのは指定された環境に対応できるかどうかですね。

裁量権がある場合や、フリーランスとして働いている場合は関係ありませんが、会社で働く場合は「このソフトを使え」と指定される場合があります。

近年はXDを採用している企業がかなり増えてきていますが、Photoshopを使っている企業も多いですね。

未経験からWebデザイナーになりたいという人はとりあえず定番のPhotoshopとXDを学ぶのが良いと思います!

参考:未経験でWebデザイナーになりたい人が知っておきたいこと6選

Adobeのデザインソフトを無料・格安で使う方法

Adobeのデザインソフトを無料・格安で使う方法

今回紹介したWebデザインを仕事にする上で必要になるソフトを無料または格安で購入する方法をご紹介します。

有名な方法ではありますが知っていると知らないとでは数万円の差にもなるのでぜひお得に購入してください。

XDは無料で使える

Adobe XDは素晴らしいソフトにも関わらず無料で使えます。

共有機能や保存容量など一部制限はありますが、無料でも十分すぎる機能を有しています。

有料プランと無料プランの違いは以下のとおり。

比較項目無料プラン有料プラン
料金0円1,298円/月
共有プロトタイプ1つ無制限
共有デザインスペック1つ無制限
クラウドストレージ2GB100GB

業務利用でなければ無料でも十分な機能を有しています。

Photoshopはフォトプランで格安購入が可能

Photoshopだけはフォトプランというお得なプランが用意されています。

月額1,078(税込)という圧倒的な安さ。

フォトプランはPhotoshopだけでなくAdobe Lightroomという写真管理に最適なソフトも付属するので圧倒的にお得。

Illustratorも使いたいならコンプリートプランがお得

Illustratorは単品価格で2,480円なので他のソフトと比べると若干高め。

上記のフォトプランとイラレ単品のセットにしたら3,500円くらいになってしまいます。

しかし、Adobe CCのコンプリートプランなら月額3,331円相当でAdobe CC全45種すべてのソフトが使用可能に。

Adobe CCを安く買う方法として有名なので知っている人も多いかもしれませんが、上記の方法ではAdobe CCを半額近い価格で購入できるだけではなく、実質無料でWebデザインソフトの使い方が学べます

通常価格72,000円超えの全部入りプランが動画講座付きで39,980円です。

デメリットは法人契約が不可能っていう点ですね。商用利用はできるので副業やフリーランスなどに最適です。

>>Adobe CCを安く買う方法はこちら

マンツーマンでWebデザインを教えてほしい人はスクールで

上記の動画講習で学ぶのも良いですが、プロから直接教えてもらいたいっていう人は現役クリエイターから学べるスクールがおすすめ。

いろいろなWebデザインスクールがありますが、失敗しないように質の高いところを選びましょう。

スクール選びは以下の記事を参考にしてみてください。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる