2月6日に書籍「サクッと学べるデザイン心理法則108」発売します

Photoshop iPad版アプリの特徴とできないこと

Photoshop iPad版アプリの特徴とできないこと

Photoshop iPad版も出た当初は酷評されていましたが、アップデートを重ねるにつれて使える機能も増えてきました。

  • Photoshop iPad版ってどんな事ができるの?
  • アプリだとできないことや使えない機能は?
  • iPad版は仕事で使える?

本記事では上記のようなPhotoshop iPad版の疑問ついて詳しく解説します。

Photoshop iPad版の使い方(操作方法)はこちら

目次

Photoshop iPad版とは? 特徴・内容を解説

Photoshop iPad版

Photoshop iPad版はPhotoshopをiPad用として最適化した画像編集アプリケーションです。

タブレットのタッチ操作だけで編集作業を行うことができるので外出時の編集などに重宝します。

Photoshop iPad版の良いところ

  • 直感的な操作で初心者でも使いやすい
  • ブラシツールは画面に直接描けるので使いやすい
  • ファイルはクラウド同期されるのでPC版と連携しやすい

全体的にタッチ操作に最適化されているため、Photoshopデスクトップ版とは少し異なりますが、考え方のベースは同じなので操作にはすぐ慣れます。

基本的な機能は揃っているため、iPadを使ってササッと編集したいときに便利なアプリです。

Photoshop iPad版はどんなことができる?

通常のPhotoshopの基本的な機能は網羅しているので画像編集に関してはかなり多くのことができます。

Photoshopでおなじみの以下の機能はiPad版でもほぼ同じように使うことができます。

画像編集で必要になりそうな機能は一通り抑えてあるのでちょっとした編集であれば困ることはありません。

レイヤー機能が使えるので合成なども手軽に行うことができます。

ただしデスクトップ版に慣れているプロにとっては使えない機能も多々あるので注意が必要です。

Photoshop iPad版は有料?

Photoshop iPad版は有料です(サブスクリプション)

Photoshop iPad版は複数のプランに付属しますが、最安で月額1,078になります。

Photoshop iPad版 付属プラン月々プラン
(月払い)
年間プラン
(月払い)
年間プラン
(一括払い)
Photoshop 単体プラン3,828円2,728円28,776円
フォトプランなし1,078円12,936円
コンプリートプラン10,280円6,480円72,336円
Photoshop iPadプラン1,080円なし8,600円
アドビデザインモバイルバンドル1,600円なし15,800円
デジハリ(コンプリートプラン)なしなし39,980円
すべて税込み

通常のPhotoshopが使えるプランに加入しているのであれば追加料金無しで使用できます。

iPad版が使えるプランはいくつもありますがおすすめプランは以下の2つ

Photoshop iPad版の価格やプランの詳細についてもっと詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

通常のPhotoshopデスクトップ版との違いは?

通常Photoshopと言ったらデスクトップ版(パソコン用)を指します。プロが利用するのはPhotoshop デスクトップ版です。

多くの基本機能はiPad版にも搭載されているのでプロ向けの用途でなければiPad版で十分ですが、使えない機能もあるので完全にはPhotoshopデスクトップ版の替わりはなりません。

ちなみに、Photoshopと名前がつくソフトはスマートフォンアプリのPhotoshop ExpressPhotoshop Cameraなどがありますが完全に別物です。

Photoshop iPad版を使うならiPad Pro 12.9インチ推奨

iPadサイズ比較
大きいほうが作業しやすい

Photoshop iPad版は数年前のモデルでも動作しますが、本格的に利用したい場合は性能的にも画面サイズ的にも最新モデルのiPad Pro 12.9インチがおすすめです。

動作可能モデル

  • iPad Pro 12.9 インチ(推奨)
  • iPad Pro 11 インチ
  • iPad Pro 10.5 インチ
  • iPad Pro 9.7 インチ
  • iPad(第5~7世代)
  • iPad mini(第4~5世代)
  • iPad Air(第2~3世代)

OS的にはiPadOS 14.0以上で動作し、Apple Pencilは2が推奨です。

Photoshop iPad版でできないこととデメリット

Photoshop iPad版でできないこととデメリット

Photoshop iPad版は基本機能が充実してきているものの、デスクトップ版と比較すると使える機能はかなり少なくなっています。

Photoshop iPad版でできないこと(未対応機能)

デスクトップ版のPhotoshopではできるのにiPad版ではできない機能は以下の通り。

以前はスマートオブジェクトに非対応でしたが、アップデートにてスマートオブジェクト化のみ対応しました。
ただしスマートオブジェクトを直接開いて編集することはできないので注意が必要です。

ニューラルフィルターをはじめとした最新のAI系機能は使用することができませんし、細かい編集機能も未搭載です。

デスクトップ版が超多機能なため、見劣りしてしまいますが基本機能は網羅しているのでちょっとした編集作業であれば困ることはありません。

Photoshop iPad版は仕事で使える?

個人的には仕事で使うのは無理という感想ですが、高度な画像編集を行わない場合はPhotoshop iPad版を仕事で使うことは可能です。

現状ではプロ仕様とは言い難いので本格的な業務利用には耐えませんが、iPad版も後々のアップデートでデスクトップ版と遜色無いレベルになっていくのではないでしょうか。

ただし、機能が豊富になったところであくまでもタブレット端末なので以下のようなデメリットは残ります

  • 操作性が悪い
  • 画面が小さい
  • Web上の情報の大半がデスクトップ版
  • 会社で働く場合、デスクトップ版が指定される
  • アップデートなどの優先度がデスクトップ版より低い
  • 他アプリケーションを併用する場合スペック的に厳しい

操作性は外付けキーボード・マウス・トラックパッドなどで補助は可能ですし、画面も外付けディスプレイに出力すれば問題ないかもしれませんがそこまでするならはじめからデスクトップ版でもいい気がします。

世間的な評価もPhotoshopといえばデスクトップ版となっているので仕事として使うのであればパソコン版を使うことをおすすめします。

仕事で必須となる「非破壊編集」もデスクトップ版でしか使えないものが多くなっています。

Photoshop iPad版はおすすめできる?

Photoshop iPad版はおすすめできる?

個人的な意見になりますが、Photoshop iPad版は利用シーンによってはおすすめです。

Photoshop iPad版をおすすめする人

次のようなタイプの人にはiPad版がおすすめです。

  • パソコンを所有していない人
  • インスタ用の画像を編集したい人
  • 外出先でPSDファイルを編集したい人

iPad版の機能や操作性に十分満足できるっていう人はiPad版だけでも問題ありません。

iPadプランには1ヶ月の無料体験もあるのでまずは1ヶ月体験してみるのが良いでしょう。

仕事に使うならやっぱりデスクトップ版

SNS用の簡易画像とかであればiPad版のみでまったく問題ないのですが、仕事で納品するようなデータの場合はiPad版を使用すると細部の詰めが甘くなりがちです。

非破壊編集に必要な機能も限られてくるので仕事として利用する場合はデスクトップ版の使用をおすすめします。

フォトプランならデスクトップ版とiPad版どちらも使えて1,078円/月です。

Photoshop iPad版のインストール

Photoshop iPad版は1ヶ月無料で使用できます。

無料のAdobe IDを取得して、Photoshop iPad版でログインすればOKです。

iPad版はAppleのApp Storeからダウンロードすることができます。

Photoshop iPad版のよくある質問

Photoshopデスクトップ版とiPad版の違いは?

iPad用のアプリなのでパソコン用のPhotoshopとは別物です。

iPad版もパソコン用と同じ感覚で使えるように作られているため、多くの機能や使い方が共通しています。

ただしできないことや使えない機能も多いので機能性を求めるならデスクトップ版を使用しましょう。

Adobe FrescoとPhotoshop iPad版の違いは?

Adobe Frescoはお絵かきに特化したアプリケーションです。

Photoshopは画像編集をメインとしているため用途が異なります。

共通する機能も多いですが、絵を描くのであればFrescoのほうが適しています。

Adobeはライセンス的に2PCまでだけどiPadも含まれる?

iPad版は使用ライセンス数に含まれないので2つのPCにライセンス登録してあっても3台目として使用することができます。

Photoshop iPad版が重い・フリーズする

推奨モデルはiPad Pro 12.9です。

通常版のiPadやiPad Airでも動作はしますがメモリ不足などにより重くなることが多くなります。

デバイスの空き容量が少ない場合はいらないアプリなどを削除して容量を増やしてみてください。

また、ソフトの再起動やiPadの再起動などで改善することもあります。

iPad版を買い切りで購入することはできる?

Photoshop通常版と同じようにiPad版も買い切りでの購入はできません。

Photoshopが含まれるサブスクリプションの契約は必須となっています。

Photoshop iPad版の使い方は?

基本的にはデスクトップ版と似た感覚で使用することができます。

本記事で解説したようにできないこともあるのでPC版と併用するのがおすすめです。

具体的な使い方は以下の記事にて解説していますので参考にしてください。

シェアしてくれると嬉しいです

コメント

コメントする

目次