【Illustrator】イラレの使い方・操作方法を解説【初心者向け】

【イラレ】illustratorの使い方・操作方法を解説【初心者向け】

illustratorはデザイナーにとっての必須ソフトながら、Photoshopなどのペイント系ソフトとは勝手が異なるため初めて使う場合は慣れるまでに少し時間がかかります。

本記事ではillustratorでこれさえ知っておけば最低限は使えるようになるポイントに絞って使い方を解説します。

そもそもillustratorってなに?という人はillustratorでできることや特徴をご覧ください。

本記事は最新のCCシリーズを対象としています。古いCSシリーズと基本的な操作方法は同じですが、最新機能などは旧バージョンでは利用できません。
もし最新のIllustratorを持っていない場合はAdobe CCを安く買う方法がおすすめです。

目次

最初に知っておくべきイラレの基礎知識

最初にillustratorを扱う前に最低限知っておきたい基礎知識について解説します。

Illustratorで作るパスとは

illustratorでは点と線で構成されるパスを使います。

パスは以下の3つの要素によって構成されており、すべて数値で表すことができます。

  • 点:アンカーポイント
  • 線:セグメント
  • 方向線:ハンドル

数値で表せるベクターはサイズに影響されることがなく、拡大縮小しても荒れることがないため印刷物に最適な形式となっています。

ちなみにPhotoshopで扱う写真などの画像はピクセルの集合体であるラスター形式です。

Illustratorのベクター形式とは性質が大きく異なるので注意が必要です。

Illustratorの色は「塗り」と「線」で表現

Illustratorの色は「塗り」と「線」の2つに分けられています。

  • 塗り:オブジェクトの色
  • 線:オブジェクトの境界線

オブジェクトひとつひとつに対して「塗りの色」または「線の色」の指定が可能です。

そして、illustratorで色をつける際は色ごとにオブジェクトを作成する必要があります。

色塗りの原理

illustratorで別の色を指定する部分はすべて別のオブジェクトになっているため、パーツごとに色分けしていくのが基本となります。

1オブジェクトの塗りに対してグラデーションやパターンを適用することは可能です。

Aiファイルの新規作成と保存

初めて使用する人向けにファイルの新規作成やファイルの保存方法といったファイル操作の基礎について解説します。

新規作成の方法

起動方法と直後の画面

Illustratorでの新規作成方法は以下の手順で行います。

  1. Illustratorのアプリアイコンをダブルクリックしてソフトを起動
  2. 起動直後の画面にある「新規ファイル」をクリック
  3. 新規ドキュメント設定画面の上部にある「Web」や「印刷」をクリック
  4. 表示されたプリセットからサイズを指定、またはサイズを数値で指定
  5. カラーモードを印刷物の場合CMYKに、Web用の場合はRGBに変更
  6. 作成ボタンをクリックすると新規ファイルが作成される

設定画面の見方は下図の通りです。

新規ドキュメント作成画面

基本的にプリセットを選ぶだけで自動入力されるのでそのまま作成してしまってOK

AIファイルの保存方法

Illustratorで作成したデータは.ai形式で保存するのが基本です。

.ai形式はIllustrator専用形式で、以下のようなオリジナルデータをすべて保持したまま保存することができます。

保存できる情報の例
  • パス情報
  • レイヤー情報
  • テキスト情報
  • アピアランス
  • クリッピングマスク

Illustratorの編集情報がまるごと保存されるのでファイルを閉じる前と全く同じ状態を再現することができます。

ただし、配置した画像は埋め込み処理していない場合は画像はAIデータに含まれないので注意が必要です。

Illustratorでの保存手順は以下のとおり

AIデータの保存方法
  1. 「ファイル」
  2. 「保存」または「名前を付けて保存」
  3. 「クラウドドキュメント」か「コンピュータ」を選択
  4. ファイル形式を【Adobe Illustrator】に変更
  5. ファイル名を指定して【保存】

保存時に黒い画面の保存ウィンドウが出る場合はCreative Cloudストレージ(Adobeサーバー上)に保存されます。

普通にパソコン内にAIデータを保存したい場合は右下のコンピュータを選択し、ファイル名とファイル形式を選択して保存しましょう。

基本はAI形式で保存しますが、PDFで保存する際にも「Illustratorの編集情報を保持」にチェックを入れると編集情報を含めて保存することができます。

画像として書き出す(JPGやPNG)

AI形式のファイルはIllustratorが無いと開くことができないので、Webに公開する際はJPGやPNGとして書き出しを行います。

書き出し手順は以下のとおりです。

画像の書き出し方法
  1. ファイル
  2. 書き出し
  3. WEB用に保存(従来)
  4. 拡張子やサイズを指定して保存

他にも書き出し「スクリーン用に書き出し」「書き出し形式」がありますが、サイズを指定して保存できる「WEB用に保存」がおすすめです。

Illustratorで作成したデータの多くはPNGでの書き出しが適しているためPNG-8にしておくのがおすすめ。

背景やオブジェクトの透明情報を保持したまま保存する場合はPNG形式にし、透明部分にチェックを入れて書き出しを行いましょう。

その他の拡張子については画像形式の選び方の解説記事を参考にしてください。

Illustratorのワークスペース(画面の見方)

illustratorのワークスペースについて解説します。

ワークスペースの見方

ワークスペース

ウィンドウ最上部に表示されている「ファイル・編集・オブジェクト・書式・選択・ウィンドウ・ヘルプ」のメニューはillustratorのほぼすべての機能にアクセスが可能なメニューになっています。

左側に配置されている「ツールバー」はillustratorで作業を行う際に使うツール選択画面になります。

メニューバーの下にある「コントロールバー」は選択しているツールに応じて内容が変化するツールオプションのような役割を果たします。

ワークスペースのリセット方法や表示されていない場合の対処法

ワークスペースの位置は移動させることができるので、動かしていて位置が変わったり消えてしまった場合は以下の手順で最初の状態に戻すことができます。

  1. ウィンドウ
  2. ワークスペース
  3. 初期設定
コントロールバーが表示されない

「ウィンドウ」→「コントール」で表示

ツールバーが表示されない

「ウィンドウ」→「ツールバー」→「基本」

その他、パネルなど表示されていないものは「ウィンドウ」メニューから呼び出すことができます。

アートボードの追加やサイズ変更方法

アートボードは「ファイル」→「ドキュメント設定」にて操作が可能です。

コントロールバーにて「新規追加」「サイズ変更」「並び替え」などを行うことができます。

Illustratorの基本ツールについて学ぶ

Illustratorツール一覧

illustratorのツールバーにある基本ツールの使い方について解説します。

選択ツール

選択ツールはオブジェクトを選択するだけでなく、移動させたり変形させる際にも使用します。

  • オブジェクトの選択
  • オブジェクトの移動
  • オブジェクトの変形

選択状態のオブジェクトは下図のように青い枠に囲まれて表示されます。

端にある白い四角をドラッグすることで拡大や変形が可能です。

Shiftを押している間は複数のオブジェクトを選択できるようになり、拡大の際は縦横比を固定できます。

選択ツールショートカット:V

テキストツールの使い方

テキストツールはIllustratorで多用するツールの一つです。

Illustratorで使用するテキストタイプは以下の3つ

テキストツールの違いを解説
  • 好きな場所にピンポイントで挿入できる通常テキスト
  • エリア内で自動改行されるエリア内文字
  • パスの形状に合わせるパス上文字

テキストツールを選択して画面上でクリックすると通常テキストになり、画面をクリックした際に指を離さずにそのままドラッグするとテキストエリアを作成することができます。

パス上文字ツールでパスの上をクリックするとパスに沿ったテキストを入力できます。

どのテキストタイプを選んだとしてもフォントや文字サイズの変更などの書式設定はプロパティパネルから行えます。

テキストツールショートカット:T

テキストツールで作成したテキストの装飾方法いろいろ

ペンツールとダイレクト選択ツールを使って自由にパスを作成

ペンツールはブラシツールと違い、アンカーポイントをつなげあわせることでパスを描くためのツールです。

ペンツールの基本的な動きは以下の通りです。

  • クリックすると点を打てる
  • 2つ目の点を打つと間に線が引かれる
  • 点を打つ時にドラッグすると曲線になる
  • Shiftキーを押している間は角度を固定できる
  • EnterまたはEscキーで確定

Windowsの場合はCtrlキー、Macの場合はCommandキーを押している間はダイレクト選択ツールに切り替わりアンカーポイントを操作可能になります。

ペンツールショートカット:P

シンプルながらも奥が深いツールなのでより詳しく知りたい場合は以下の記事をご覧ください。

ペンツールはIllustrator以外のAdobeソフトでも利用するので覚えておく価値ありです。

ブラシツール

ブラシツールは文字通り、お絵かきソフトのようにマウスやペンダブなどを使って直感的に描画できるツールです。

しかし、最初に解説したようにIllustratorは他のお絵かきソフトと違いベクター形式を扱うソフトなのでブラシもパスとして描かれています。

「ブラシツール」と「塗りブラシツール」は見た目的な違いはありませんが、作られるパスが下図のように異なります。

通常のブラシツールだと「線」のオプションによって幅や形状を変化させることができますが、塗りブラシツールの場合は描画時の設定のままアウトライン化されます。

後から線をアウトライン化することもできるので通常のブラシツールだけ覚えておけば問題ありません。

ブラシツールショートカット:B

シェイプツール(長方形ツール・楕円形ツール)

シェイプツールはツールを選択した状態でクリック&ドラッグで図形を描くことができます。

Shiftキーを押しながら作業を行うと「正方形」「真円」を保持したまま描画することができます。

画面をクリックしてドラッグを行わなければ数値指定で図形を作成することもできます。

シェイプツールは以下の5種類

シェイプツール
  • 長方形ツール
  • 楕円形ツール
  • 多角形ツール
  • スターツール
  • 直線ツール

ラインツールだけは「塗り」の無い「線」だけのパスが作成されます。

ショートカット
長方形ツール:M
楕円形ツール:L
直線ツール:¥

グラデーションツール

グラデーションツールは線に沿って色が変化する「線形グラデーション」や円の中心から色が変わる「円形グラデーション」でグラデーションを適用することができます。

オブジェクトを選択した状態でグラデーションツールを使いドラッグするとグラデーションが適用され、グラデーションのバーの色をダブルクリックすることで好きな色に変更することが可能になります。

最新のIllustratorでは自由に好きな箇所に色を指定するフリーグラデーションも使用可能です。

グラデーションツール:G

グラデーションの使い方についての詳細は以下の記事をご覧ください。

ライブペイントツールは塗りつぶしツールの代わりになる

冒頭で解説したとおり、イラレはオブジェクトごとに「塗り」と「線」の色を指定しています。

通常であればブラシツールで描いたイラストは塗りつぶしができないのですが、ライブペイントツールを使うことで輪郭線を基準に塗りつぶしを行うことができます。

ライブペイントツールの表示方法

ライブペイントツールは通常は表示されていないので三点リーダーマークの「ツールバーを編集」から呼び出してください。

キーボードショートカットKでも切り替えることができます。

ライブペイントツールショートカット:K

ライブペイントの使い方の詳細は以下の記事をご覧ください。

しかし、ライブペイントグループ状態だと一分機能が制限されるので注意が必要です。

Illustratorで画像を使う方法

Illustratorで画像を使う方法を解説します。

画像を配置する方法

画像の配置方法

illustratorに画像を挿入したい場合は「ファイル」メニューにある「配置」を使用します。

挿入したい画像を選択したら配置を押すだけで画像を配置できます。

画像ファイルを直接illustratorの画面上にドラッグ&ドロップしても画像を挿入可能。

画像の埋め込みとリンク配置

画像の埋め込み方法
画像を埋め込む方法

illustratorで使用する画像は「リンク配置」と「ファイル埋め込み」の2種類があります。

リンク配置は別に保存してあるJPGなどの画像ファイルを読み込んでいるだけなので軽量ですが、リンクしているファイルを削除してしまうとリンク切れになってしまいます。

画像の埋め込みをしておけばillustratorの.aiファイルに画像を含めて保存することができます。

画像の切り抜き

Illustratorでの切り抜きはクリッピングマスクを使うのが一般的です。

クリッピングマスクを使えば好きな部分を非表示にすることができます。

  • 画像の背景を透明にしたい
  • 画像を円形で切り抜きたい
  • 好きな形状で切り抜きたい

切り抜き手順は以下の通りです。

円形に切り抜く場合
  1. 「切り抜く画像」の上に「切り抜きたい形状のパスオブジェクト」を移動
  2. 両方のオブジェクトを選択して右クリック
  3. 「クリッピングマスクを作成」を選択

切り抜きを解除したい場合は右クリックメニューの「クリッピングマスクを解除」でもとに戻すことができます。

切り抜きについてもっと詳しく知りたい場合は以下の記事をご覧ください。

画像トレース(ライブトレース)で画像のアウトライン化

illustratorには「画像」をAIテクノロジーによってアウトライン化する「ライブトレース」という機能が搭載されています。

以下の手順で画像をベクターデータに変換することができます。

  1. 画像を選択
  2. コントロールバーの「画像トレース」横の下矢印
  3. トレースプリセットを選択
  4. 画像のアウトライン化される
  5. 「拡張」をクリックして分割

プリセットのオプションによって色数や精度などが異なります。元の状態を可能な限り維持したい場合は写真(高精度)を選びましょう。

便利な画像トレースですが以下の点には注意が必要です。

  • 複雑な画像の場合、処理に時間がかかる
  • アンカーポイント数が多く、ファイルが重くなりがち
  • あくまでもAIによるトレース変換なので画像とは違う

「手書きのイラストを読み込む」「写真をイラスト風のタッチにする」などの場合には問題ありませんが、写真を綺麗に印刷したい場合はディテールが崩れるので適していません。

綺麗な写真として使いたい場合はライブトレースは行わずに画像配置のままにしておきましょう。

Illustrator独自の専門機能

他のソフトにない、illustrator独自の専門機能の使い方について解説します。

パスファインダーでパスの合成や分割

パスファインダーは複数のパスオブジェクトを合体したり分割することができる機能です。

パスファインダーパネル

パスファインダーパネルはWindowsの場合CtrlShiftF9、Macの場合はCommandShiftF9で表示することができます。

「ウィンドウ」→「パスファインダー」でもOK

中でもオブジェクトを1つに結合する「合体」や、パスの中を切り抜く「前面オブジェクトで型抜き」や複数のオブジェクトをバラバラにする「分割」はよく使用するので覚えておきましょう。

パスファインダー「合体」
パスファインダー「型抜き」
パスファインダー「分割」
合体・追加パスを合体して結合する
前面オブジェクトで型抜き前面のオブジェクトの形状で切り抜く
中マド交差部分を透明にする複合オブジェクトを作成
分割パスの交差する部分でパスを分割する
トラップ暗い色に明るい色をオーバープリント

その他のパスファインダー機能や、アピアランス効果として使う方法などパスファインダーについてもっと詳しく知りたい人は以下の記事をご覧ください。

アピアランスで再編集可能な装飾

アピアランスはオブジェクトの見た目だけを変化させる機能です。

オリジナルのオブジェクトはそのまま保持し、見た目だけを変えるのがアピアランスの最大の特徴です。

直接加工するわけではないのでアピアランスを非表示にすれば元に戻ります。

アピアランスの加工例
アピアランスパネルの見方と使い方

アピアランスには「線」や「塗り」を複数追加でき、フィルターや効果も含めることができます。

左側の目のマークをクリックすることでアピアランスを非表示にしたり、右下のゴミ箱マークで削除することができるので修正や復元が簡単なのがメリットです。

アピアランスパネルのショートカットキー:ShiftF6
(または「ウィンドウ」→「アピアランス」で表示)

Illustratorで印刷用の入稿データを作成する方法

印刷物の多くはillustratorを用いて制作します。

デザイン後のデータを印刷所に入稿する際のお約束として

テキストのアウトラインを作成する

テキストのアウトライン化
アウトライン化前と後の比較

アウトライン化すると、テキストオブジェクトがアウトライン化された図形になります。

パソコンにインストールされた独自のフォントが入っていたとしても、アウトライン化して図形化しておけば他のパソコンで開いた際にフォントが差し替えられてしまうことも無くなります。

印刷所への入稿時は基本的にテキストのアウトライン化が必須となるので以下の手順でアウトライン化してください。

  1. テキストオブジェクトを選択
  2. 右クリックメニュー「アウトラインを作成」

ショートカットはWindowsの場合CtrlShiftO、Macの場合の場合CommandShiftOで簡単にアウトライン化できます。

複数まとめて選択した状態で上記のショートカットキーを押せばすべてのテキストがまとめてアウトライン化されます。

アウトライン化の詳細については以下の記事をご覧ください。

紙の裁断位置を指定するトリムマークと塗り足しを作成する

裁断イメージ

印刷所での印刷は仕上がりサイズより少し大きな用紙に印刷し、裁断機で仕上がりサイズにカットします。

塗り足しがない場合、カットした際に刃が1mmズレた場合、内側が1mm白くなってしまいます。

塗り足し無しと有りの比較

トリムマークと塗り足し位置は以下のとおりです。

トリムマークの説明
塗り足し

裁断位置ギリギリに文字を配置すると切れてしまうおそれがあるので3mm程度内側に入るように配置します。

トリムマークの作成方法は以下の手順で作成しましょう。

  1. 仕上がりサイズの長方形を作成(線無し)
  2. 長方形オブジェクトを選択
  3. 「オブジェクト」→「トリムマークを作成」

詳しくは以下の記事をご覧ください。

カラーモードはCMYKが基本

印刷で使用するデータのカラーモードはCMYKにする必要があります。

スマホやパソコンで画面を見ている場合は光の三原色(赤・緑・青)を使って表現しますが、印刷の場合は色の三原色(シアン・マゼンタ・イエロー)で表現します。

  • RGB:光(ディスプレイ)
  • CMYK:塗料(印刷物)

RGBとCMYKの違いについてさらに詳しく知りたい場合は以下の記事にて詳しく解説しているのでぜひご覧ください。

カラーモード変更方法(CMYK)

カラーモードをCMYKに変更する方法は以下のとおりです。

  1. ファイル
  2. ドキュメントのカラーモード
  3. CMYKカラー

CMYKでは色域が異なるため彩度の高い色など一部の色を表現できず、少しくすんだ色になってしまいます。

RGBとは色が異なる点には注意が必要です。

Illustratorを実際に使って学習してみる

illustratorの使い方を学ぶには「実際に試してみる」のが一番効果的です。

Illustratorで名刺をゼロから印刷入稿まで行う

illustratorでゼロの状態から印刷所にデータを入稿して印刷するまでの流れを実際に体験してみましょう。

以下の記事で紹介しているラクスルなどのネットプリントであれば名刺100枚がワンコインで作れるのでコストをかけずに実際の仕事の流れを再現することができます。

illustratorで名刺を作成する流れ

  1. 名刺に必要な情報をまとめる
  2. 名刺のデザインを考える
  3. 名刺サイズを指定
  4. テキストツールで名前や住所を入力
  5. 必要に応じて画像やQRコードなどを追加
  6. 印刷所に入稿するためのデータに変換
  7. 印刷所に入稿

以下の記事にて詳細を解説しているので記事を見ながら名刺を作ってみてください。

Illustratorを本で学ぶ

illustratorは書籍も充実しているので本を見ながら操作を覚えるのもおすすめです。

一部はKindle Unlimitedで無料で読めるのでお試し体験とかで一気に学習してしまうのもおすすめです。

以下の記事にておすすめのillustrator学習本を解説しているのでご覧ください。

シェアしてくれると嬉しいです

コメント

コメント一覧 (1件)

  • 覚えることたくさんありますね。
    まだ始めたばかりなのでゆっくり覚えていきます!

コメントする

目次